むしむしブログ

こんにちは!「ならまち糞虫館」の中村です。
むしむしブログは、極めてフツーの糞虫愛好家である私が体験する糞虫に関わる様々な出来事を適当につづっているブログです。ウソ・偽りはありませんが、間違いがあるのでご注意くださいね。
それでは、よろしくお願いいたします。

 奈良公園の環境は開発や農薬散布を免れ、比較的よく守られているほうだと思います。しかし、地球温暖化や増えすぎたシカによる食害、ナラ枯れなど虫の異常発生からは逃れられません。データをもっているわけではありませんが、シカに食われて若木がほとんど育たない奈良公園の林は老化が進み、そこにナラ枯れが追い打ちをかけて明るい所が増えてきました。暗すぎて花を付けなかったアセビが最近は花を咲かせる場所が増えています。しっとりしていた地面も、晴天が続くとすぐに乾くようになりました。
 前置きが長くなりましたが、土壌が乾くとあらゆる生物に影響があるのでしょうが、フン虫王子としては糞虫が心配なわけで、特に湿ったカビの生えるような古いシカ糞を食べているクロツブマグソコガネの安否を気にしています。で、今年も探しに行きました。(写真1,2枚目)
20210514_054425~2
20210514_054242~2

 クロツブマグソコガネは、新鮮な糞や乾いた糞ではまず見つかりません。落ち葉の下に埋もれていつも湿っている古いシカ糞にいるのです。なので、日の当たらない落ち葉が溜まりやすい場所で、シカの通り道になっていて糞をよくするところを探します。適当な場所で上の方の落ち葉や糞を木の枝でどんどんどけていくと(写真3枚目)、湿った腐葉土とそこに半分埋もれた古いシカ糞が姿を現します。そこをよく探せば見つかるのです。まあ、奈良公園はシカ糞だらけなのでこんなやり方でいいんですけど、ほかの場所ではまず通用しませんね。(のけた落ち葉はわからないように戻します)
20210513_172051

 本種は、ほんとによく探さないとなかなか見つからないのですが、昨日はすぐに見つかりました。1㎡くらい落ち葉をめくっただけで、7匹発見。別の場所でも見つけました。前日、いい感じで雨が降っていたので、喜んだクロツブマグソコガネが動き回っていたのかもしれません。奈良公園の林内のほとんどの場所に古いシカ糞は存在するので、単純計算するとすごい数のクロツブマグソコガネがいる事になりますが・・・。

今日はここまで。
週末に糞虫館で会いましょう!

『名犬ラッシー』『わんわん物語』『ももいろのキリン』。私の記憶に残る絵本を3つ挙げるとこうなるのですが、今だったら『フンころがさず『フン虫に夢中』←絵本ではない、そして『フンコロガシといしころ』でしょうか。
 先週、クレヨンハウス編集部の方から丁寧なお手紙とともに1冊の絵本が送られてきました。フランスのクレール・シュヴァルツさんの作った絵本『フンコロガシといしころ ころころころころうみへいく』がフランス美術著作権協会による新人賞「レヴェラシオン賞」(児童書部門)を2018年に受賞、その絵本を200冊以上の子供の本の翻訳を手掛けてきた ふしみみさを さんが翻訳して、この5月1日出来たてホヤホヤの本をならまち糞虫館にプレゼントしてくれたのです。ありがとうございます!
20210510フンコロガシといしころ

 一応、主人公はいしころのジャリーなのですが、フンコロガシのコロンがいないと当然ジャリーは動けないわけで、フンコロガシのコロンが途中大活躍するわけで。そもそもなんでいしころが海に行こうとするのか?いや、その前に、なんで砂利の一粒が海に行く話を絵本にしたんだろー?それは見てのお楽しみ。
 クレヨンハウス編集部の方によると、フンコロガシは子供の興味を誘う昆虫でありながら、ダンゴムシなどに比べ絵本での登場機会が少ないそうです。そうかー、フンコロガシはダンゴムシより人気がないんだ。フンコロガシだって丸まることできる(マンマルコガネだけですけど)し、フン玉転がすし、子育てするし、土に潜れるし、空も飛べるんだけどなー。
20210510フンコロガシといしころ2
 この絵本は、糞虫館で自由に見ることができます。小さい子供連れの方は必見です。

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう。

 ケシマグソコガネの仲間を採集するには、大抵は河川敷や海岸の砂地のイネ科の植物やゴミの下などの砂を篩いにかけるのが一般的だと思います。しかし食性もイマイチよくわからないコイツらを探してひたすら砂を篩う忍耐力は私には無いので、これまで奈良公園で採集した2匹のコケシマグソコガネは、たまたまシカ糞をどけた時に下に隠れていたのを見つけたものでした。
P5030172コケシマグソ

 5/3にそろそろヒメコマグソコガネが出てるかなーと、草地でも土が露出している探し易い所のシカ糞の下を丁寧に見ていると、なんとコケシマグソコガネが見つかりました(写真1枚目)

。今日はラッキー!と上機嫌で引き続きヒメコマグソを探していると、またもやコケシマグソコガネ。まとまった粒糞であれば比較的乾燥して硬くなっていても、中に潜り込むわけでは無いので問題ないようです(写真2枚目)。風もない晴天の13時~15時頃までの2時間弱で、5か所のシカ糞から6匹見つけました。
P5030178コケシマグソ

 我らがバイブルの『日本産コガネムシ上科図説(食糞群)』には、ホソケシマグソコガネのところに辛うじて「糞や腐敗物に集まることがある」との記載があるだけなので、これはちょっと驚きです。5回とも糞に食痕らしきものは確認できず、また糞から数センチ離れた枯草屑の下からも見つかっているので「糞に集まる」とまでは言えないかもしれませんが、「シカ糞が好き」だと思います。糞の湿り気が好きなのか、糞のニオイに惹かれるのか、糞の下で増殖する微生物を食べているのか、なぜシカ糞の下にいるのかその理由は分かりませんが、単なる偶然ではないはずです。
 奈良公園の芝地は近年移植されたものではなく、長い年月をかけてシカによって作られたものであることを考えると、コケシマグソコガネは昔から奈良公園に普通に生息してはいたものの、さすがに観光客が行き交うこんなところで砂を篩ったり食痕のないシカ糞をしつこく観察する糞虫愛好家はいないので、見逃されてきたのかもしれません。もちろん、見逃していたのは私だけかもしれませんけどね。

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!   

このページのトップヘ