むしむしブログ

こんにちは!「ならまち糞虫館」の中村です。
むしむしブログは、極めてフツーの糞虫愛好家である私が体験する糞虫に関わる様々な出来事を適当につづっているブログです。ウソ・偽りはありませんが、間違いがあるのでご注意くださいね。
それでは、よろしくお願いいたします。

 下記の『日本甲虫学会第12回大会公開シンポジウム』は、コロナ感染の急拡大に伴い、学会の対面開催がシンポジウムのオンライン(Zoom)開催に変更されて実施されるもののようです。先着300名で申込期日は明日12/4(日) なのですが、まだ空きがあるようで、私も先ほど下のURLの申込フォームから申し込みました。本物の学会に行くのは少し敷居が高いのですが、Zoomでのシンポジウムなのでちょっと覗いてみるのもいいのではないでしょうか。オンライン参加費は無料です。
 コガネムシ研究会の方も学会員には少なくないと思いますが、甲虫学会のシンポジウムなので、どんなお話になるのか全然わかりません。

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!




日本甲虫学会第12回大会公開シンポジウムのご案内

12月10日(土)13:00-15:00

「昆虫研究の魅力を通して科学する楽しみを知ろう ~甲虫学から始める教育アウトリーチ活動~」
 丸山宗利先生他 コンビナー:和田薫(明星大学)

 アウトリーチ活動とは、研究者等と青少年を中心とする一般市民との双方向コミュニケーション機会の増進と相互理解の促進により、研究成果の社会還元、広報活動を行うことです。今回、甲虫学会では科学普及活動のみならず、さらに将来的な若手同好(研究)者の獲得と育成を目指して、シンポジウムを開催します。

 今、昆虫に関する様々な書籍が多数出版され、一般の人からも昆虫に興味関心が向けられています。久々に対面でおこなわれる本大会では、この機会をとらえて自然や生き物が好きな中高生に対して、さらに自然への魅力や研究することの楽しさを伝えられるようにシンポジウムを企画しました。

 講師には、近年多くの図鑑類を出して昆虫の魅力を紹介し、昆虫探究への啓発活動に取り組まれている丸山宗利先生とその研究室の学生さん達に、昆虫の魅力と研究にはまった経緯を情熱的に語っていただきます。

 本シンポジウムを通して、青少年たちには好きというだけではなく、さらにその自然の魅力と謎を解き明かす一員となるように呼びかける企画にしたいと考えています。小中高生や大学生、自然に興味のある方々、さらには教育活動への参加や若手育成に関心のある方の参加をお待ちしております。


シンポジウム申し込みは以下のURLからお願いいたします。

 https://forms.gle/5eUcoND8PcJdsDnP8


シンポジウムについての情報です。

http://kochugakkai.sakura.ne.jp/event/taikai/taikai2022.html#symposium


 11/4(金)に糞虫が『探偵!ナイトスクープ』で放映されることを聞いてはいたのですが、見逃してしまいました。でも最近は便利ですねー、ラジオを聞き逃しても「ラジコ」があるように、テレビには「TVer」というのがあって、放送後1週間はその番組が見ることができるようです。11/11(金) まで、こちらのURL( https://tver.jp/episodes/epdwnkdlfh )で動画を見ることができます。16:12~28:33の約12分間が「動く宝石⁉オオセンチコガネ」です。
20210608_143316 (2)

概要はコチラ⇒ https://www.asahi.co.jp/knight-scoop/archive.html
20221105探偵!ナイトスクープ1-1

 「探偵!ナイトスクープ」といえば、糞虫好きの人なら知らない人はいない大先輩の谷幸三先生が出演なさっていたという伝説の番組です。今回は石田探偵と生物ハンターの中岡さんが出ていて、糞虫館は出る幕がなかったですねー、残念。谷先生のところはどうだったんでしょう?

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!
館長が書いた『たくましくて美しい糞虫図鑑』(創元社)、全国の書店で好評発売中!

 私の母校、奈良市立飛鳥小学校の横にある飛鳥公民館。この公民館の主催で毎年糞虫の講演会や観察会が開催されてます。『市民だより』とHPに掲載するだけですが、毎年盛況で今年も30人の枠がすぐに埋まって抽選になったそうです。糞虫もだんだんと市民権を得てきたのかもしれません。嬉しいですねー。ただ、今年は糞虫館の9~10月の予定が早々に埋まっていたので、本件は10月の最後の土日になってしまいました。時期がちょっと遅くて寒い日も多かったので「ルリセンチコガネが見れなかったらどうしよう」と少し心配してたんですよ。
 【 写 真 】
 当日は快晴。朝は冷えたもののお昼頃には気温も上がるので何とかなるだろうと、10時から奈良公園で観察会を始めると、最初は全然見つけられなかった小学生たちがコツをつかんで次々にナガスネエンマコガネをほじくり出してました。たくさん採れたので、ナガスネエンマコガネのオスの特徴である「腕が長い」のがなんとなくわかるようなった子もいました。そのうち大型のカドマルエンマコガネもぽつぽつと見つかるようになり、ほとんどの子供が糞虫を捕まえることができたので、日当たりの良い芝地から暗い林の中に場所を移して観察再開。さすがにこの時期はゴホンダイコクコガネは見つからないので、大人も子供もルリセンチコガネ狙いです。が、いません。見つかるのはコオロギや巨大ミミズ、ゴミムシ、ゴキブリ。ようやく地味なセンチコガネは見つかったものの、ルリセンチコガネは、羽や前胸などルリ色に輝く体の一部は見つかるものの、生体は見つからず。林内観察の終点にしていた小川を超えてさらに奥まで進んで、でも、その先は崖なのでこれ以上は行けません。今日はダメかなと思ったら「いました!」の声が。まあ、虫なので見つからないことはあっても当たり前だし、私が悪いわけでもないはずなんですが、やっぱりね。その後、デカい獣糞があって、センチコガネが面白いようにコロコロ出てきました。人生、苦あれば楽ありです。よかったー。  
 この飛鳥公民館のイベントは、1日目は糞虫のお話をさせてもらってその後糞虫館をご案内。2日目が奈良公園で糞虫観察会という、まさに理想的なプログラム構成なので、来年もぜひ開催してほしいと思っています。一度でも一匹でも自分で糞虫を見つける経験をしたら、その後はホントにどんどん見つけることができるようになります。友達に糞虫の見つけ方を教えてあげることもできます。新しい不思議が増えていきます。せっかくこんなに素晴らしいフィールドがあるのだから、楽しまなければもったいない。すごいぞ!奈良公園。友達を連れて、割り箸をもって、奈良公園に行こう!

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!
館長の書いた『たくましくて美しい糞虫図鑑』(創元社)、好評発売中!

このページのトップヘ