むしむしブログ

こんにちは!「ならまち糞虫館」の中村です。
むしむしブログは、極めてフツーの糞虫愛好家である私が体験する糞虫に関わる様々な出来事を適当につづっているブログです。ウソ・偽りはありませんが、間違いがあるのでご注意くださいね。
それでは、よろしくお願いいたします。

 最近ダニに悩まされているものの、いただいたコブナシコブスジコガネの幼虫(1令)から成虫に至る興味深い多くのシーンを観察できて本当に楽しかったです。長野の糞虫師匠様には感謝感謝です。成虫の寿命を知りたくて、いただいた成虫(2018年採集)と幼虫から育った新成虫(F1)を分けて飼っているのですが、なんと!成虫(2018年採集)の容器から7/18に10匹の幼虫と共に6粒の卵を見つけました(写真1、2枚目)。
P7180032.JPG-1
P7180035.JPG-1

 ダニの被害を少なくするため、フレークを一度冷凍させて使ったので、他の生き物が混入する可能性はほとんど無いと考えています。この卵とフレークをプラ容器に移して観察していたのですが、7/23に孵化直後と思われる幼虫を1匹発見(写真3枚目)、7/31に1令幼虫3匹を確認(写真4枚目)。8/3にはかなりしっかりとした1令幼虫(2匹)に成長していることが確認できました。
P7230041.JPG-1
P7310043.JPG-1

 私は糞虫の幼虫を同定する知識も経験もありませんが、状況証拠とこの2か月間で延べ千匹以上見たコブナシコブスジコガネの幼虫ととても似ていることから、この2匹はコブナシコブスジコガネだと考えています。順調に成虫まで育ってくれるといいのですが・・・。

今日はここまで。
続きはならまち糞虫館で! 
 

 東京のタガメ博士の指導を受けながら繁殖に挑戦していたタガメ。無事に越冬させて、ついに産卵まで漕ぎ着けました。指折り数えて10日、シマシマ卵の上部の蓋がパカッと開いて、黄白色の幼虫の顔がいくつも見えてました。蓋が閉まっている卵も黒い目玉が殻越しに透けて見えていました。でも、出て来なかったのです。やがて、どこからともなく現れたダニに喰われてしまいました。
IMG_20190726_203837~2

 タガメ博士に報告すると、卵が乾燥して硬くなっていて幼虫が出てこれず、力尽きて死んだのでは?とのこと。死んで腐敗したのでダニが集まって来たと考えたほうが良いのではないかとの見解でした。エアコンもない部屋の中の水槽で飼っていたので、湿度が高すぎてカビるのではないかと警戒していたのですが、逆でした。9月頃まで何度か産卵するので、まだチャンスはあるとのこと。親虫の体力回復を待って、再度トライします。

今日はここまで。
続きは糞虫館で!

昨日の続きです。昨日のブログの幼虫の写真の中に、大きくて黄白色の個体がいます。こういった奴らは数日の内にあまり動かなくなり、蛹になる準備を始めるのです。で、実際に蛹も見つかりました。(写真1.2,3)
P7310123.JPG-1

P7310139.JPG-1

P7310133.JPG-1

 日本各地の生息地で絶滅が危惧されている最希少種オオコブスジコガネを飼育する機会に恵まれ、しかもその幼虫と蛹を一度に見れるなんて、一年前までは夢にも思ってませんでした。長い日本の糞虫研究の歴史を遡っても、オオコブスジコガネの生きた幼虫や蛹を実際に見たことがあるという日本人は、そう多くはないと思います。まぁ「見たい!」と言う人もそう多くはないと思いますけどね。

今日はここまで。
続きは、ならまち糞虫館で!


このページのトップヘ