むしむしブログ

こんにちは!「ならまち糞虫館」の中村です。
むしむしブログは、極めてフツーの糞虫愛好家である私が体験する糞虫に関わる様々な出来事を適当につづっているブログです。ウソ・偽りはありませんが、間違いがあるのでご注意くださいね。
それでは、よろしくお願いいたします。

PA240280
PA240297
 
 見やすい写真がふんだんに使われた糞虫図鑑がある現在では考えにくいことですが、キレイな黄色い斑紋が前翅にあることから、過去にはヤマトエンマコガネと間違われていたこともあるというミツコブエンマコガネ(写真1,2枚目)。その分布が偏っていることから、港から上陸した”外来種”の可能性が高い本種は、『日本列島フン虫記』(著:塚本珪一)にもあるように、夢前川あたりが震源地となっているようで、私も2017年に夢前川2019年に揖保川でこの目で生息状況を観察しています。1ヶ月程前、糞虫館に来た虫好きの方から「ミツコブエンマコガネなら姫路では普通にみられますよー」とあっさり言われ、「ほんまかいなー?!」と10/20に高速代5000円使って見に行ってきました。
PA200272

 たしかに、教えてもらった場所に行くと、フツーにいました。イネ科の草が表面を覆ってますが、海岸沿いなのでピンセットで簡単に掘れるほどサクサクの砂地で、適当な犬糞にはほとんどミツコブエンマコガネが来てました(写真3枚目)。揖保川の河川敷ではカドマルエンマコガネもたくさん来てましたが、ここは波の荒い日はしぶきがかかるような場所だからか、カドマルエンマコガネは1匹もいませんでした。
 ミツコブエンマコガネは川沿いに生息地を広げているようですが、もしかしたら海水に耐性があって、海岸沿いにもイヌやネコの糞を糧にやすやすと分布を広げているのかも知れません。たしか市川の河川敷ではすでに見つかっていますから、次は加古川でしょうけど、それも私が知らないだけで、実はもう明石をぬけて神戸のすぐ近くにまで来ているのかもしれません。50年くらい継続して観察すれば、この虫が日本に分布が広げる様子が見えてくるかもしれません。

今日はここまで。
週末に糞虫館で会いましょう!

 NHKラジオ第一の朝は「マイあさ!」で始まりますが、奈良のレポーターである中田さんが11月9日(月)の朝5時17分から30分頃まで、奈良公園の糞虫をしっかり紹介してくださいました。中田さんは、25年にわたってNHKラジオのレポーターとして奈良の歴史や史跡を中心に話題を提供してきたとのことでしたが、ベテランらしくルリセンチコガネのほかマグソコガネなどのその他の糞虫の存在や糞虫たちのその活躍ぶりについても分かりやすく上手にお話しされたので、嬉しくなってしまいました。
 あまりに早朝なので本番を直接聞くのは早々に諦めましたが、らじるらじるで聞かせていただきました。私がネタにしているマメダルマコガネの話を中田さんも面白く語っていたのが印象的でした。ぜひ一度聞いてみてください。
「らじるらじる」で1週間(11月16日(月)8時28分まで)、聞くことができます。
 
今日はここまで。
週末に糞虫館で会いましょう!

 昨年の6月にも朝日放送テレビ「キャスト」の吉本興業の芸人さん2人が来館され、ちょうど飼育していたアフリカのタマオシコガネ(フンコロガシ)がフンの玉を作ったり転がしたりしている様子を含め取材して放映されました。それが良かったのかどうかは全く分かりませんが、今度は「キャスト」の中で越前屋俵太さんの「変人類研究所」というコーナーで紹介されることに。越前屋さんはタレントであると同時に書家でもあり、大学の変人講座でナビゲーターもしている多才な方で、独特の雰囲気をお持ちでした。糞虫館の中を紹介したり、奈良公園で一緒に糞虫を探したり、結構自由にできたので私としては楽でした。まあ、昨日まで追加で糞虫や私の写真を送ったりしてましたので、編集段階で苦労が多いのかもしれません。
 放送した内容は、朝日放送テレビのYou Tubeチャンネルやヤフーニュース等のWeb媒体でもオンエア後に配信するそうです。いどきえりさんの書いた『糞虫に夢中』(くもん出版)少し紹介してくれたらうれしいのですが、どうでしょう。
 さらに11/8(日)10時~12時のABCラジオ「全力投球!妹尾和夫です。サンデー」の中で、11時15分~35分のコーナーで糞虫やならまち糞虫館のことをたっぷりお話します。
 さらにさらに11/9(月)午前5時~NHKラジオ第一の「マイあさ!」で、奈良県の旬の話題を届けるレポーターさんが奈良公園の糞虫や糞虫館のことを10分くらいかけて丁寧に紹介してくれます。朝がメチャ早いですが、ラジルラジルでもしばらく聞けるそうです。

今日はここまで。
週末に糞虫館で会いましょう!



このページのトップヘ