むしむしブログ

こんにちは!「ならまち糞虫館」の中村です。
むしむしブログは、極めてフツーの糞虫愛好家である私が体験する糞虫に関わる様々な出来事を適当につづっているブログです。ウソ・偽りはありませんが、間違いがあるのでご注意くださいね。
それでは、よろしくお願いいたします。

 これは、昨年12月に奈良公園でマグソコガネ(Aphodius rectus)を初めて採集した快挙に続く、日本糞虫史に残る出来事かも。

 チャバネエンマコガネ(Onthophagus gibbulus)は、名前のとおり上翅が茶色というか黄土色のエンマコガネなのですが、愛用の図鑑「日本産コガネムシ上科図説」(昆虫文献六本脚)でナント星4つの「希種」として紹介されているのです。つまり、私みたいなずぼらな素人愛好家が採集できるようなもんではないくらい珍しい種類ということ。採集どころか、私はこれまで写真でしか見たことがなかったのです。ちなみに「国内では、北海道北部からのみ知られている。」らしい。
IMG_2514-1
 で、私がこの超珍しい糞虫をどこで発見したかというと、私の標本箱の中からなんです。しかも大小雄雌計20匹も。衝撃的でしょ?採集日は全て1995年8月18日、採集地は中国新疆ウイグル自治区烏魯木斉(ウルムチ)にある観光地の天池。なんと、今から22年も前にこの貴重な糞虫を私は手に入れていたのです。天池は、高原に大きな湖があって、周囲の草原に白いヤギ(だったと思う)がたくさん放牧されている風光明媚な観光地だったと記憶しています(写真が見つからない・・・)。当時、仕事で中国に行ってましたが、なぜこんな辺ぴな地方の観光地にいるのか、しかもなぜ糞虫採集をしているのか、そのあたりは全く記憶が抜け落ちてわからないのですが、とにかくチャバネエンマコガネやマグソコガネの仲間(未同定)を標本箱1つ分、天池で採集しています。
IMG_2513-1
 糞虫はまだまだ生態や分布等わからないことが多く、★★★★(希種)の表示も「日本における現時点での」著者らの見解なので、外国では事情が全く異なっているのは当然なのです。原色日本甲虫図鑑(Ⅱ)(保育社 昭和60年)では生息地は、北海道(北部)、サハリン、朝鮮半島、中国東北部、シベリア、中央アジア、小アジア、ヨーロッパ となっているので、地球規模でみると全くの普通種と考えたほうがいいような気がします。ちょっと残念ですが・・・。
IMG_2512-1

 でも、日本でこのチャバネエンマコガネの標本を実際に見ることができる場所はほとんど無いと思われるので、なら町糞虫館がオープンしたらぜひお越しいただき、じっくりとご覧いただければと思います。

今日は、ここまで。
再見!
 
 

 南都銀行のビジネスコンテスト「サクセスロード」では、あえなく一次予選敗退した「なら町糞虫館」設立プロジェクト。若干の修正を加えて挑んだ「ビジコン奈良2017」では、あれよあれよという間にセミファイナルまで勝ち残り、先日1/21には広いセミナーホールで7人の審査員を前に壇上でプレゼンをいたしました。当日発表された順番は、2番手。本命と目される300年続いた醤油醸造元復活プロジェクトの前です。トップバッターのクラフトビール創業プランの若者はかなり緊張しており、プレゼンの途中で時間切れ、強制終了(制限時間の6分を超えると強制終了となる)。かわいそうになーと思いながら、壇上に登る私。学生時代の奈良公園でのエピソードを交えた自己紹介でつかみはバッチリOK、順調な滑りだし。プランの説明も、2日間で作った間に合わせのパワポなんかほとんど見ずに熱弁をふるっていたら、いきなり「チーン」。5分経過の鐘の音。え?あと1分なの???
 終了後の審査員の質問にも力強く回答したものの、まあお粗末なプレゼンでした。その後の出場者のパワポの作りこみや写真の綺麗さ、提出資料の量などもケタ違い、時間切れも皆無。私だけでしたよ、写真も図表もない、ただ字があるだけの9枚。しかも、5枚目でチーンなんてのは。
IMG_2508-1
 それでも、「残念ながら今回は、ご期待にそえない結果になりました・・・」との運営事務局からのメールを受け取るまでは、プラン的には秀逸なのでファイナル行くんちゃうかなぁ~、ぐらいの自信を持ってたんですがねー、やっぱダメでしたねー。
 いつも私のことを心配してくれるご隠居様の言葉を思い出しましたよ。 「とんでもない失敗するのは、得意なことをするとき。苦手なことをするときは慎重にやるから大きな失敗はしない。得意なことの時こそ、気をつけないといけない」。さすが厳しいビジネス界を生き抜いた方の言葉だけのことはありますね。

今日はここまで。
再見!
 

 私の中での世紀の大発見、奈良公園でのマグソコガネの初採集の記録を確かなものにするため、これまた35年振りに糞虫標本作成に取り組みました。糞虫の中でも最小とも言えるマグソコガネの仲間は小さく華奢なので注意が必要です。
IMG_20170110_030246

 マグソコガネは冬の奈良公園では大きく見えたと一昨日の当ブログで書きましたが、標本作りではその差は更に大きく感じます。ネグロマグソ(写真の真ん中の列)やチャグロマグソ(写真の右側の列)の脚と触覚を整えた後にマグソコガネ(写真の左側の列)をやるとホントに楽チンです。とは言っても、硬直した前脚をバンザイさせたり、窪みに格納されている触角を引っ張り出すには、熟練の技が必要なんですけどね。髪の毛程の太さの針を使ってほんの10秒程で整えます。自分で言うのもなんですが、ほとんど神業だと思います。ぜひ一度お試し下さい。

このページのトップヘ