むしむしブログ

こんにちは!「ならまち糞虫館」の中村です。
むしむしブログは、極めてフツーの糞虫愛好家である私が体験する糞虫に関わる様々な出来事を適当につづっているブログです。ウソ・偽りはありませんが、間違いがあるのでご注意くださいね。
それでは、よろしくお願いいたします。

 南米のチリで採集されたムシです。サソリかどうかは別として「妖怪サソリ」とはなかなかいい名前だと思いませんか?映画にこんな顔の宇宙人が人間を襲う場面があったような・・・
IMG_20160530_004005

 ナナフシは基本的にじっとしていることが多いですが、移動する時の動きが特徴的で、身体をユラユラ揺らしながら慎重に動きます。下の写真のナナフシが同じような動きをするかはわかりませんが、もしそうなら、妖怪ナナフシやお化けナナフシではなく、幽霊ナナフシと名付けた方のセンスに脱帽です。
IMG_20160530_003818
 
 このほか「お化けコオロギ」や「お化けベッコウバチ」等の和名が付された昆虫がいましたが、いずれも日本では考えられないほどの巨大サイズ。ある種畏敬の念と多少の親しみを込めて「お化け」と名付けたのではないでしょうか。オバケのQ太郎やゲゲゲの鬼太郎、怪物くん、妖怪人間ベム等を思い浮かべればご理解頂けると思います。ムリですか?
 最後は美しい蝶でお口直しを。あまりに有名な生きた宝石、モルフォ蝶です。青く見える仕組みをここで語るとウザい奴と思われそうなので、写真だけにしときます。
IMG_20160530_005122

IMG_20160531_064431

 仙台のカメイ美術館の展示は、半分が昆虫標本です。老舗旅館の大宴会場程のワンフロアーの95%が蝶の標本で埋め尽くされており、残り僅か5%が甲虫等なのですが、それでも標本箱27箱あるので十分楽しめます。
IMG_20160529_063156

 特筆すべきは、外国の糞虫が23匹展示されている事です。ビジネス界でも有名な亀井文蔵さんですが、中学生の時から本格的に蝶の研究・収集を始め、海外まで採集に行くほどの蝶好き。その「蝶のブンゾー」(失礼!)さんでさえ標本箱に並べてしまう程の魅了が糞虫にはあるということでしょう。タマオシコガネや大きなオウサマダイコクが並んでいました(右側の2列)。
IMG_20160529_063758

IMG_20160529_065927

 海外の糞虫の標本を購入した時の種名(属・種)は洋書で確認しているのですが、やはり実物で見るのが一番です。たまに博物館等で糞虫の種名が間違っているのを見つけるのも、日本ではマイナーな糞虫愛好家のちょっと歪んだささやかな楽しみです。文蔵さんのコレクションは、果たしてどうだったでしょう?たぶん、誰もそんなことに興味無いですよね(寂)。

 大台ヶ原でギンリョウソウ(銀竜草)を初めて自分で見つけました。この植物は見ての通り真っ白で葉緑体を持たないので、自分で栄養を作ることができません。何と周囲の樹木の根に寄生(共生)している菌類に寄生して養分を得ているそうです。昔は腐葉土から養分を得る腐生植物と呼ばれていましたが、そんな能力はないそうです。寄生する植物としてヤドリギが有名ですが、ヤドリギは自分で光合成をしますから、ギンリョウソウはヤドリギ以上に自活出来ない奴なんですね。
 この写真からはイメージしにくいですが、ユウレイダケ(幽霊茸)という俗名があります。ネットで「ギンリョウソウ 目玉」と検索すれば、納得!です。ぜひ、お試し下さい。
IMG_20160523_122432

IMG_20160523_122252
 
 下の写真は「名前に日陰とついているのに明るい場所に生える」と判で押したように解説される植物の一種です。胞子を作り、広義のシダ植物らしいのですが、植物界・ヒカゲノカズラ植物門・ヒカゲノカズラ綱・ヒカゲノカズラ目・ヒカゲノカズラ科・ヒカゲノカズラ属のヒカゲノカズラという種だそうで、植物界・被子植物門・双子葉植物綱・バラ目・バラ科・スモモ属・サクラと比べてもいかにすごい植物であるかがよくわかります。何がすごいのかというと、何となくですけどね。
IMG_20160524_230355

 大台ヶ原は日本一雨の多いせいか、コケが綺麗でした。「コケ」にもそれぞれに名前があるのでしょうが・・・
IMG_20160524_225319
IMG_20160524_225944
IMG_20160524_230832

 


 

このページのトップヘ