むしむしブログ

こんにちは!「ならまち糞虫館」設立準備室の中村です。
むしむしブログは、極めてフツーの糞虫愛好家である私が体験する糞虫に関わる様々な出来事を適当につづっているブログです。ウソ・偽りはありませんが、間違いがあるのでご注意くださいね。
それでは、よろしくお願いいたします。

 朽木の皮をそっとめくると、シロアリがうじゃうじゃ出てくる場面に時々遭遇しますが、そんなときは「お邪魔しましたー」と言って元に戻しておきます。しかし、そうもいかないこともあるんです。

 補助金がいただけることになり、ならまち糞虫館建設(改装)に着手しました。業者の方とウキウキしながらここをギャラリーに、あそこは事務室に、などと楽しく空想してました。あの床板をめくるまでは。
IMG_20171102_223520

 床下を覗いた業者の方は「あ、シロアリですね。」「えーっ!」(写真1枚目)。全体がやられている訳ではなさそうですが、徹底的に駆除したほうがいいとのこと。
IMG_20171102_223905

追い撃ちをかけるように「雨漏りしてるようですね」。「ええーっ!」(写真2枚目)。屋根を修繕するとなると、それだけで少なくとも数十万円、やり方次第で100万円以上はかかるとのこと。

 昭和50年代に2度増築している築年数不詳の木造モルタル2階建のこの空き家は、なかなか手強い相手のようです。


今日はここまで。
再見!

 3日前の10/28(土)22:24、このむしむしブログが悲願のブログランキング第5位にランクインいたしましたぁー!ただ残念なことに、三日天下どころかわずか1日で8位まで後退しており、ベスト5の常連たちの強さを痛感させられました。別にいいんですけどね。(写真は本文に関係ありません)
IMG_2642-2

 今朝、朝礼の3分間スピーチの順番が回ってきたので「私のブログが昆虫部門でランキング5位になりました!」と報告したら、「スゴイ!」と拍手が沸き起こりました。たぶん聞いてた人の脳裏には、毎日何千回、何万回ものアクセスが殺到している超人気ブログというイメージがあったんでしょうかねぇ。まあ、私も誤解を生じるような話し方をしていないとは言い切れませんが・・・。でも、いまさら「月3000回程度ですよ」とは言い出せない状況ではあります。ま、ボチボチやっていきますので、これからもよろしくお付き合いください。


今日はここまで。
再見!

 会社に勤めて8年目の1996年、休暇を取ってカンボジアのシエムリアップに行ったことがあります。いまでこそ世界遺産アンコールワットには大型観光バスが乗り入れ、観光客で賑わっていますが、当時はアンコール・ワットはそこそこ人がいましたが、アンコール・トムでさえ人影はまばら、ガジュマルの木に絡みつかれたタ・プロムやナーガのいるニャック・ポアンなんてまだまだ密林の中、やや奥まったプリア・カンなんて銃を持った兵士が「ここは危ない。俺についてこい。」って、危ないのはお前や!みたいなとこでした。「MINE(地雷)」とドクロマークが描かれた真っ赤な看板が至る所にありました。トレンサップ湖の北西にはポル・ポト派の残党がいると言われてました。ホントです。こんな時代のこんなところで、私はやっぱりいつも通り、糞虫を採ってきました(もちろん、自転車を借りて観光もしましたよ)。
IMG_5063-1
IMG_5062-2
IMG_5062-1

 いままで放置して忘れていたんですが、糞虫館のオープンに向けて展示物を確保するために在庫を探っていると、数は少ないんですが出てきたんですよー、これが(写真1~3枚目)。ダイコクコガネやエンマコガネ、マグソコガネの仲間だろーなーというところまではわかりますが、それ以上の事はちょっと・・・。東南アジアの糞虫なので、パッと見たところ日本の糞虫と似ている感じもします。ま、どれも特に珍しい種類じゃないとは思いますが、やっぱ自分で採集したものは思い入れがありますよねー。地雷を避けながら採集したものなので、尚更です。
 そのうちに多少なりとも情報を収集して、拡大した写真とともに載せたいと思います。お楽しみに!

今日はここまで。
再見!
 

このページのトップヘ