むしむしブログ

こんにちは!「ならまち糞虫館」の中村です。
むしむしブログは、極めてフツーの糞虫愛好家である私が体験する糞虫に関わる様々な出来事を適当につづっているブログです。ウソ・偽りはありませんが、間違いがあるのでご注意くださいね。
それでは、よろしくお願いいたします。

「外来種」というと悪者のイメージが強いので、このカワイイ糞虫にはあまり使いたくはないのですが、その分布の特異性等からミツコブエンマコガネは外来種ではないかと言われています。私がこの糞虫を知ったのは4年ほど前、塚本先生の「日本糞虫記」の中で夢前川でこの虫を観察したお話を読んで、見に行ったのが最初です。その後、その近くの揖保川や糞虫館に来た方の情報を基に姫路市内の海浜公園などでもミツコブエンマコガネを見ることができました。ホントは毎年見に行ければいいのですが、奈良からだとちょっと遠くて気軽に行けません。そろそろ行かねば、と思っていたらなんと糞虫館にミツコブエンマコガネを持ってきてくれた方が現れました。
PA160631
PA160633
PA160634

 最近は姫路市内の野良猫の糞でも普通に見つかるとか。オス、メス、黄斑の違う個体などいろいろ取り交ぜて採集してきてくれたので、標本の少ない糞虫館としては大変助かりました。来月から展示できると思います。お楽しみに。

 今週末の10/24(日)は年に一度のコガネムシ研究会大会です。今年はリモート開催なので、普段は遠くて参加できない方やちょっと恥ずかしいという方でも全然平気です。アクセスして黙って画面を見てたらいいだけですから。今年の大会参加者は会員以外の方も多いと聞いているので、まずは大会を見て、そのあと何人かでも入会してくれたら、糞虫好きのネットワークが広がるのではないかと期待しています。大会の参加方法はコガネムシ研究会のHPにありますが、基本的に以下の通りです。

参加登録:大会への参加は会員・非会員とも無料ですが、10月22日(金)までに事前の参加登録をお願いします。
 参加登録は下記の項目を明記したメールを大会事務局宛(taikai@kogane.jp)にお送り下さい。
  1. 氏名(ふりがな): 会員/非会員
  2. 住所:〒
  3. 電話番号:
  4. メールアドレス:
  5. お楽しみプレゼント:希望する/希望しない
  6. 抽選会でお楽しみプレゼントに当った場合:名前を読み上げる/参加登録番号を読み上げる

 参加登録を受け付け次第、参加登録番号を記した確認メールをお送りします。



今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!





 

 書いた私が言うのもなんですが、”意外”に『たくましくて美しい糞虫図鑑』の評判が良くて、恐らく「がんばれよー」という気持ちも込めて、脱サラおやじの書いた入門書的な糞虫図鑑をご購入いただいているようです。本当にうれしいです。ありがとうございます。
20211008_034751

 ところで、糞虫図鑑にもあるSCARABE BOOKS(スカラベ ブックス) の文字に気付いた方もいらっしゃると思います(写真1枚目)が、これは糞虫図鑑だからというわけではなく、「SCARABE BOOKSは、すべての生きとし生けるものがたくましく、美しく生きる姿をありのままに見つめ、互いの多様な生き方を尊重し合えることを願って生まれ」た珠玉の生き物紹介シリーズなのですよ、たぶん。そして、その第2弾として満を持して出版されたのが、山盛りのウニ、ではなく、山守氏の『ウニと共生生物図鑑』なのですよ、きっと。私は海の無い奈良県で育ったので海辺の生き物とは縁遠いのですが、高価なすしネタとしてしか認識していないウニが岩に穴をあけるなんて、驚きです。しかもその穴に共生する生き物がたくさんいて、それらをまとめて1冊の本にするなんて、もっと驚きです。山守氏は少女時代クラゲちゃんと呼ばれつつクラゲの変態を楽しんだそうで、今はウニの巣穴から小宇宙を覗いているらしい・・・。ナメクジのようなチドリミドリガイの「チャームポイントは目」「ずっと見つめているとついつい笑顔になってしまう」とのこと。私はウニの巣穴より山守氏のアタマの中を覗きたい(笑)。(写真2,3枚目)
20211008_033200
20211008_033529

 著者の山守氏は今年大学院を出たばかりのピチピチ新人女性研究者と思いきや、なんと今月から27歳にして京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所の助教授に。とにかくフツーではない、スゴイ人です。大阪の老舗出版社である創元社が社運を賭けた(?)新ブランド SCARABE BOOKSの第2弾『たくましくて美しい ウニと共生生物図鑑』(山守瑠奈:著)。ビーチより磯が好きな人なら絶対に楽しめる一冊です。

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!
「山田五郎と中川翔子のリミックスZ(後編)」もお聞き逃しなく!

 コガネムシが好き、糞虫が大好き、そんな人ならみんな知ってるコガネムシ研究会。むし社から出版された空前絶後の”糞虫三部作”(オオセンチコガネセンチコガネダイコクコガネ)の執筆陣は、全員コガネムシ研究会のメンバーです。糞虫の同定に必須でこのブログでもよく引用している『日本産コガネムシ上科図説 第1巻 食糞群』(昆虫文献 六本脚)もコガネムシ研究会の監修です。一昨年(2019年)まで9年続いた奈良公園での100人規模の糞虫観察会(写真1枚目)を陰で支えていたのもコガネムシ研究会のメンバーさん達です。
hun_00003 (2)

 昨年はコロナ拡散防止の観点から、糞虫観察会も大会も開催されず、今年も5月の観察会は見送られました。しかし、せめて大会だけでもリモートでやろう!ということになったのでしょう、オンライン会議システムを使って開催されます。リモートなので、各地から持ち寄った標本や文献、昆虫採集道具などを譲っていただける懇親会はできないみたいですが、代わりにお楽しみ抽選会があるようです。今までは遠方で参加できなかった人も気軽に参加できるというメリットもあります。知らない人ばかりなのでちょっと参加しにくい、自分は初心者で誰と何を話したらいいかわからないし・・・、と感じていた人もリモートであれば何も気にせずに大会の雰囲気を味わうことができます。
 このブログを見ているということは、そこそこ虫好き、糞虫好きな人のはずですから、10/24(日)13:00からのコガネムシ研究会の大会のサイトに下記の「Web大会参加方法」の要領でぜひアクセスを! 私も大会で10分ほど糞虫に関係する奈良の地元情報をお話しする機会をいただいています。皆様と大会でお会いできるのを楽しみにしています。

 20211006_122015
 オンライン会議システムWebex Meetingを使っての初めての試みなので、慎重を期して10/17(日)に接続テストをやるようなのでご活用下さい。もちろん、会員・非会員を問わず、大会には無料で参加することができます。

今日はここまで。
今週末は糞虫館で会いましょう!
糞虫の入門書『たくましくて美しい糞虫図鑑』全国の書店で好評発売中!

このページのトップヘ