むしむしブログ

こんにちは!「ならまち糞虫館」の中村です。
むしむしブログは、極めてフツーの糞虫愛好家である私が体験する糞虫に関わる様々な出来事を適当につづっているブログです。ウソ・偽りはありませんが、間違いがあるのでご注意くださいね。
それでは、よろしくお願いいたします。

 カドマルエンマコガネがスゴイことになってきました!記録も兼ねて、時系列のダイジェスト版です。
 7/15 午後6時頃 飼育カップ(小)に入れた新鮮なシカ糞に割りばしで窪みを作り、ダイコクコガネの飼育容器から掘り出したカドマルエンマコガネの終齢幼虫をそこへ置いた(写真1枚目)。幼虫は周囲をかじり取り、自分の糞を使いながら蓋をする作業をすぐに開始。私は糞粒で窪みに蓋をして、観察終了。
 P7150089-1

 7/18 午後6時頃 蓋にした糞粒はくっついていたが、ピンセットで容易に剥がし取ることができた。幼虫は既に蓋を完成させており(写真2枚目の中央部分)、中の様子は分からない。
P7180005-1

 7/25 午後6時頃 中の様子を見るためピンセットで糞塊を割ったところ、シカの糞粒サイズの卵型の物体が割り箸で開けた窪みと同じ位置にあった。その物体の半分は既にシカ糞からキレイに剥がれており、ピンセットを使ってシカ糞からポロリと剥がすことができた。外側は糞に含まれる粗い植物繊維が目立ち、若い松ぼっくりのような模様にも見える。(写真3,4枚目)
 P7250203-1
 P7250212-1

 蛹室の壁は薄く柔らかなので、ピンセットで少し強く挟むだけで、容易に物体は二つに割れた。小型のハナムグリの仲間の蛹室ほどの強度は感じられなかった。中にはクリーム色の前蛹(?)が1匹入っていた(写真5枚目)。触っていないが、揺らしたりしても動かない。洋室の内側は非常に滑らかに仕上げられていることや前蛹体内には黒っぽい部分(糞)が全くないことから、7/15時点では体内に溜めていた自分の糞を使って蛹室を作ったと思われる。
 P7250219-1

 前蛹を観察後、丁寧に蛹室の割れ目を元通りに合わせ、ポロリと取れた元の窪みに戻し、二つに割った糞塊の割れ目をつなぎ合わせた。なお、今回は蛹化する数日前の大きく成長した幼虫を新鮮なシカ糞に強制移住させているので、自然状態で作られる蛹室と同じではない可能性がある。

 ダイコクコガネは残念だったけれど、全く予想していなかった展開が・・・。うまくいけば、今週末には蛹が見られそうです。

今日はここまで。
週末、糞虫館で会いましょう!

 一週間前にダイコクコガネの飼育容器を総ざらいした時、ゴホンダイコクコガネの糞玉とともに、大きく育ったエンマコガネの幼虫が見つかりました。その大きさからカドマルエンマコガネだと考えています。エンマコガネ属はコガネムシ科なので、その幼虫は基本的にはカブトムシの幼虫みたいな感じなのですが、背中に大きなコブがあるのが特徴です。なーんて、知ったかぶりして書きましたが、生きているエンマコガネの幼虫をじっくり見たのは実は初めてなのです。感想としては、あれはコブというよりお尻ですね。ぼーっと見てるとむにゅむにゅ動くコブがお尻に見えてきます(写真1,2枚目)。
P7150098-1
P7150096-1

 エンマコガネの幼虫は自分の周囲を押し固めた丸い部屋の中にいて、その部屋が壊れるとスカラベ(タマオシコガネ)と同じようにお尻からドロドロのウンコを出して、割れ目や穴をふさぎます。周囲の獣糞に含まれる繊維と混ぜ合わせて修理しているようです(写真3,4枚目)。その作業をする時はお尻と口を割れ目付近に持ってくるので、背中のコブで体を安定させる必要があるのでしょう。コブの先端は自由自在に形を変え、どんな体勢の時でもしっかり体を支えていました。そう考えると、コブはお尻というより足に近いかも。
P7150120-1
P7150151-1

 クロツヤマグソコガネを飼育した時は、幼虫を掘り出してもあわてて潜って逃げて行きましたし、コブナシコブスジコガネの幼虫も同じでした。どちらもコブはありません。スカラベやエンマコガネの仲間には”自分の部屋(=限られた食糧)”という意識があって、だから、そこを壊されても逃げ出さずに修理するという行動に出るのかもしれません。そしてそのために必要なのがコブではないでしょうか。スカラベは糞玉に住んでいるのでわかりやすいですが、エンマコガネも坑道に詰め込まれた限られた量の糞ソーセージの中に住んでいると考えれば納得です。
 いや、でも、センチコガネの幼虫はどうなんでしょう?ダイコクコガネの幼虫は? コブ、ありましたっけ? あれれ? 謎は深まるばかりです。

今日はここまで。
週末、糞虫館で会いましょう!

 日本人はファーブル昆虫記を読んだ方が多いせいか「糞虫」=「フンコロガシ」、つまり糞を丸めて転がす虫と思っている方が多いようです。なので、私が「日本の糞虫の99%は糞を丸めて転がすことはしません」と説明すると、「えーっ!!」と驚かれると同時に、残り1%の糞玉を作って転がす糞虫に関心を示されます。で、全長2mmほどのマメダルマコガネというチビコエンマコガネよりまだ小さい糞虫が森の中で密かに糞の玉を転がしている、とお話しています。でもねー、私は今まで生きたマメダルマコガネを見たことがなかったのです。本州・四国・九州に生息し、それほど珍しいというわけでもないようなのですが・・・。
P7240302-1
P7240277-1

 シカ糞のそばにゴホンダイコクコガネの死骸があり、「あー、死骸や。残念。」とピンセットでつまみあげると、その下に小さな甲虫が隠れていました。丸っこくて光沢があったその甲虫はあまりに小さかった(写真1,2枚目 下部の球は直径1㎜)ので、糞虫ではないだろうなと思いながらもマメダルマコガネかもねと心の片隅で思いながら、ピンセットでつまんで手に載せるとすぐに死んだふりを止めて動き出しました。「ん!?これって本物のマメダルマコガネちゃう?」 今日は、鳥の羽毛や動物の骨にも詳しい若手の糞虫好き山田氏と一緒に奈良公園に観察に行ったのですが、彼は学校の裏山のトラップにかかったマメダルマコガネを見たことがあり、たぶん間違いないとのこと。このほかにも目と勘のいい彼のおかげで、ルリセンチコガネが40匹以上集まっているところやセンチコガネやコブマルエンマコガネが多数集まっている大きなキノコ、ゴホンダイコクコガネ、ノコギリカミキリの交尾、シカの白骨死体など、様々な場面を目にすることができましたが、マメダルマコガネは最高の収穫でした。(写真3枚目)
P7240320-1

 マメダルマコガネは半世紀以上前から「糞玉を転がす日本のフンコロガシ」と言われていましたが、恥ずかしながら私は40年間その姿を奈良公園で見たことがなく、玉を転がす姿は夢のまた夢でした。今、元気に動き回るマメダルマコガネを目の前にして思うことは、コイツが糞玉を作って転がす姿を見たい。ただそれだけです。
 今晩絶食させて、明日の午後、ならまち糞虫館の特設ステージで糞を与える実験を行ないます。うまくいけばニッポンの糞虫がフンをコロガシてる姿を皆さんと一緒に見ることができるかもしれません。

今日はここまで。
今週末、糞虫館で会いましょう!

このページのトップヘ