むしむしブログ

こんにちは!「ならまち糞虫館」の中村です。
むしむしブログは、極めてフツーの糞虫愛好家である私が体験する糞虫に関わる様々な出来事を適当につづっているブログです。ウソ・偽りはありませんが、間違いがあるのでご注意くださいね。
それでは、よろしくお願いいたします。

 奈良公園にはゴホンダイコクコガネという、立派なツノのある糞虫がいますが、それ以外はコブや出っ張り程度しかなく、ナガスネエンマコガネなんか何もないのが特徴になるほどで、ホント盛り上がりに欠けます。その点、このシナノエンマコガネなんか、カッコいいですよねー。オスの大型個体のツノなんてほれぼれしてしまいます。『日本産コガネムシ上科図説(食糞群)』(監修:コガネムシ研究会)によるとコブナシコブスジコガネと同じ★4つの希少種で、関東以北からの記録が多いが産地は激減しているらしいです。
 長野県の糞虫愛好家の方のご厚意で送られてきた貴重なシナノエンマコガネ、土をかなり乾燥気味のものに交換したところ、バタバタと死んでいたのがピタッと止まりました。
IMG_20190529_124230~2

 明るい所がよほど好きなのか、元気を取り戻した虫たちは昼間はプラケースの明るい側に皆大暴れしてます(写真1ま)。夕方になると一匹残らず土に潜ってしまいました。さあ、これからが本番、繁殖を目指して頑張ります(と言っても、シカ糞をあげるだけですけどね。)

今日はここまで。
また明日!

 コブナシコブスジコガネの幼虫なんかそうそうお目にかかれるものではないので、長野から派遣されて私の目の前にいるこの小さなイモ虫(写真1枚目)を前に、その食性や生息環境、一生などについて空想して楽しんでいます。『日本産コガネムシ上科図説』(監修:コガネムシ研究会)には、「(成虫は)稀ではあるが羽毛に集まることが観察され、幼虫も羽毛を食べて育つことが確認されている」とあるんですが、んー、幼虫は獣糞の周りにいて、羽毛より獣糞の方が好きなように思われます。
P5230208-1
P5230224-1
P5230221-1

しかし、よく見ると幼虫の周りには細かい羽毛の破片が散乱しているので(写真2、3枚目)、実はしっかり羽を食べている可能性も否定できません。一度、幼虫を鳥の羽の上に置いてみたのですが、かじりもせずにそのままフレークの中へと潜っていってしまいました(写真4枚目)。
P5230177-1

今日はここまで。
また明日!

P5230252-1

P5230251-1

 コブスジコガネの仲間はシカ糞には来ないので、生きているのを見る機会がほとんどなかったのですが、この2週間毎日鳥の羽毛を食べているコブスジコガネを眺めて暮らしています。長野の糞虫好きの方から遣わされたコブナシコブスジコガネなんですが、ホントにコブがないですねー(写真1,2枚目)。あと、ヒメコブスジコガネ同様、シュコシュコと鳴きます。というかカワイイ音を出します。コブスジコガネの仲間は全員センチコガネみたいに音を出すのかもしれません。コブナシコブスジコガネは「日本産コガネムシ上科図説」(監修:コガネムシ研究会)で★4つの希少種ですが、長野のこの方のフェイスブックを見ていると、虫達の習性を熟知すれば、友達に会いに行くみたいに、見たいときに見ることができるようです。なので、毎日観察しているんですが、まぁ凡人がボンヤリと眺めるだけではダメみたいです。
P5190088-1

 飼育容器には少ししっとりとした赤みのある朽木のフレークに獣糞と鳥の羽を混ぜて満たしてあり、コブナシコブスジコガネは、硬めのフェザーもふわふわのダウンも、どちらも気にせず食べるようです。私は今年ヒメコブスジコガネを獣糞の下から2回計3匹見つけてますが、ここで一緒に飼ってるヒメコブスジコガネも羽を食っており(写真3枚目)、今のところどちらも好んで獣糞を食べている様子は観察できていません。でも、よく見ると獣糞(黒いところ)にはこんなのが・・・(写真4枚目)
P5230240-1

 鳥の羽以外に、タヌキの毛もいただいているので、タヌキや奈良公園のシカの毛を食べるか試してみようと思います。でも余計な事をして死んでしまったら悲しいしなぁ…

今日はここまで。
また明日!

このページのトップヘ