むしむしブログ

こんにちは!「ならまち糞虫館」の中村です。
むしむしブログは、極めてフツーの糞虫愛好家である私が体験する糞虫に関わる様々な出来事を適当につづっているブログです。ウソ・偽りはありませんが、間違いがあるのでご注意くださいね。
それでは、よろしくお願いいたします。

 コガネムシ研究会の河原氏のプレゼントはもう一つありました(写真1枚目)。エンマコガネの仲間ですねー。黄色い模様がはっきり見えますから、これもヤマトエンマコガネでしょうか?ラベルから、兵庫県広畑区の夢前川で採集されたものであることがわかります。
P2230806-1

  そうです。『日本産コガネムシ上科図説(第1巻 食糞群)』にも生息地として夢前川やその西を流れる揖保川が紹介されているミツノエンマコガネ(Onthophagus trituber)です。私は、この美しいエンマコガネの存在を『日本列島フン虫記』(塚本珪一:著 2003年 青土社)で知りました。塚本先生は、「14章ミツコブエンマコガネ・河野伊三郎さんのこと」のなかで、1994年10月13日に河野氏と二人で夢前川の河川敷を糞虫話を交わしながら、ミツコブエンマコガネの撮影や採集を楽しんだ様子を描かれていらっしゃいます。それを読んだ私も2017年5月に夢前川を訪れ、お二人が四半世紀前に歩いたであろう河川敷を辿り、辛うじて1匹のミツコブエンマコガネに出会うことができたという、わたしにとっては思い入れのある糞虫なのです。
 もうお気付きでしょうか。この写真の標本は、お二人がその日その時に採集された14頭の中の1頭なのです。今日、この1994年生まれのミツコブエンマコガネを私が採集した2017年2019年生まれのミツコブエンマコガネ達と同じ標本箱に並べたのですが、もしかしたらこんなところで25歳年下の後輩たちに出会ってびっくりしているかもしれません。もしかしたら25世代後の遠い親戚か子孫かもしれません。
 塚本先生がフン虫記のなかで「私のフン虫学の師匠の一人」と書いている河野伊三郎さんは、チャグロマグソコガネ(Aphodius isaburoi)などにも名を残されていますが、残念ながら1997年に亡くなられています。あの日塚本先生と一緒に採集したミツコブエンマコガネが、コガネムシ研究会の河野さんの手を経て、ならまち糞虫館に渡り、四半世紀後に同じ場所で採集されたミツコブエンマコガネと一緒に標本箱に並んでいるのを見たら、何とおっしゃるでしょうか。私はあの世に行っても糞虫ネタで楽しく暮らせそうです。

今日はここまで。
週末、糞虫館で会いましょう!



 『月刊むし』の「今月の虫」のコーナーで標本にまつわることをエッセー風に書いたのですが、それに感動(?)したあの河原氏が素敵なプレゼントを持って、ならまち糞虫館に来てくださいました。「あの河原氏」でピン!ときた人は相当の糞虫ファンですね。そうです、あのむし社「糞虫本3部作」(糞虫館でも定価で好評販売中!)すべてに深くかかわった河原正和氏です(『日本産コガネムシ上科図説』の著者の一人でもあります)。そのプレゼントがこれ(写真1枚目)。
P2230808-1

 さすがに年代を感じさせますが、まぎれもなく1947年10月9日にウエズミ氏によって採集された奈良公園(奈良・春日山)のヤマトエンマコガネ(Onthophagus japonicus)です。この標本はその後、日本糞虫界の重鎮で日本列島糞虫記などでも有名な塚本珪一先生の手に渡り、さらに糞虫界を牽引するコガネムシ研究会の河原氏のもとで保管されていたものなのです(写真2枚目)。
P2230802-1

 ならまち糞虫館はオープンしてまだ1年半ですが、何とかあと27年間維持して、このヤマトエンマコガネの100歳のお誕生日を祝ってやりたいと思います。その頃は奈良公園の糞虫達はどうなっているでしょう?ヤマトエンマコガネが復活しているかも!? 少なくとも、ヤマトエンマコガネや最近のクロツブマグソコガネのように「昔はたくさんいたんだけどなー」とならないことを祈らずにはいられません。いや、祈るだけではダメですね。行動せねば。

今日はここまで。
週末に糞虫館で会いましょう!
 

 この3連休は、初日の土曜日は一時激しい雨が降ったものの、2日目の天皇誕生日も3日目の代休も快晴。風もなく気温も12℃を超えていたようで、奈良公園の梅林は満開でした。冬の糞虫といっても寒いのが好きかというとそんな感じはなくて、冬の暖かい日の方が活発に活動するようなので、いろんな種類に会えるに違いないと、かなり期待して行ってきました。
P2240817-1

 昼前頃に春日大社の大鳥居あたりから参道に沿って観察を開始、バス通りを越えて広い芝生が広がる飛火野の端まで行ってもほとんど糞虫を見つけられず、ちょっと焦りました。まあ、チャグロマグソコガネやミゾムネマグソコガネはしっとりとした森の中が好きなので気になりませんが、マグソコガネやネグロマグソコガネ(写真1枚目)も全然見つけられなかったのですよ。糞虫館に来る方には「冬でも数種類の糞虫がいろんな場所で活動しています」と言っている手前、いませんでした、では済まされませんからね。結局、這いつくばるように地面に顔を近づけてよーく探すと、小さな冬の糞虫達を見つけることができました。本当に小さいです。私の視力が落ちたのかもしれません。この日に確認できたのは、マグソコガネ1、ネグロマグソコガネ7、チャグロマグソコガネ10+、ミゾムネマグソコガネ10+、セマダラマグソコガネ7、オビモンマグソコガネ1、クロツツマグソコガネ1でした。
P2240883

 チャグロ、ミゾムネとも、湿り気のある森の中のしっとりした新しいイノシシの糞にたくさん来ていた(写真2枚目)のを観察できてよかったです。イノシシの糞は、地面が乾燥しているとすぐにカチカチに硬くなりますが、森の中の湿り気が多い場所だと表面が柔らかいままみずみずしさが保たれ、小型で非力な冬の糞虫でも潜り込めるようです。奈良公園でもイノシシの糞を見かけることが多くなっていますが、その多くに糞虫は来ていません。泥が多く含まれていてマズいせいだと思ってましたが、味よりも硬さが問題なのかもしれません。

今日はここまで。
続きは週末に糞虫館で!
 

このページのトップヘ