むしむしブログ

こんにちは!「ならまち糞虫館」の中村です。
むしむしブログは、極めてフツーの糞虫愛好家である私が体験する糞虫に関わる様々な出来事を適当につづっているブログです。ウソ・偽りはありませんが、間違いがあるのでご注意くださいね。
それでは、よろしくお願いいたします。

ご近所の方がテレビ朝日の人気投稿番組「ナニコレ珍百景」に投稿してくださったようです。突然、テレビ朝日からDVDと番組特製のクリヤファイルなどの記念品が遅られてきました。手帳をめくると、確かに去年の12月14日(金)に取材を受けていました。そういえば担当の方が、映像が採用されるかどうかも含めて放映日等は決まっていないのでご了承くださいと言っていたような・・・。
 同封されていたお手紙によると、CS放送等の「ゲキレア珍百景」として2019年3月17日21:30~22:00に放映されたらしく、地上波放送に採用されると3万円いただけるらしい。我がならまち糞虫館は審査員の札が4枚上がり『珍百景』に登録されたものの、遂に地上波放送はされなかったようです。んー、残念。
IMG_20190728_124555

IMG_20190728_124857

 まぁ、ならまち糞虫館としては、CS放送等だけでも数百万人の人が見てると思うので、もの凄い宣伝効果が期待でき、大変ありがたかったです。でも、投稿者の方にテレビ朝日からの謝礼金3万円をプレゼントできなかったのは残念です。力及ばず、申し訳ないです。
IMG_20190728_124701

IMG_20190728_124753

 最近、いろんな投稿番組があるようですから、投稿する際は「糞虫館はとても素晴らしいところで、館長は親切で優しくて、カッコいい方でした。絶対おススメ!」という内容でお願いいたします(笑)!

今日はここまで。
続きはならまち糞虫館で!
 

 昨年2018年11月に神奈川県西部で採集された希少種コブナシコブスジコガネの成虫10数匹と(恐らく)その子供の1,2令幼虫多数を縁あってとある虫好きの方に送っていただき飼っているのですが、今月に入りその幼虫たちが次々に蛹化・羽化しています。既にF1世代の成虫は43匹になりました(写真1枚目)。まだあと10匹以上は前蛹・蛹が残っています。
P7180006-1

 どれくらい長生きするか確かめたくて、世代別に分けて飼育しているのですが、親世代(2018.11採集)は2匹死亡したものの残り11匹はとても元気。今も産卵しており、小さな幼虫が育っています。飼育を始めた5月以降、いつも小さな幼虫を見ることができるので、今のところあまり季節に関係なくだらだらと産卵しているような気がしています。
 餌として、虫と一緒にいただいた水鳥の羽、タヌキの毛、カラスの羽、シカの毛、ヌマエビや小魚の生干しを与えています。成虫は太いシカの毛やカラスの風切羽(フェザー)でも食べますが、成虫・幼虫ともやはり細くて柔らかい水鳥の羽毛(ダウン)やタヌキの細い下毛を好むようです。コブスジコガネって、あまり活動的なイメージがなく、食が細いと勝手に思い込んでいたのですが、結構バリバリ食べてます。まぁ、写真のタッパー容器にはこの時点ですでに約30匹の成虫が羽化していたので、過密状態ではあるけれど、3日間でほぼ柔らかい羽を喰い尽くすほどの食欲がありました。(7/9撮影:写真2枚目)(7/12撮影:3枚目)
P7090181-1

P7120023-1


今日はここまで。
続きは、ならまち糞虫館で!

 奈良県内の歴史・観光・文化・行事・自然・地理などを網羅した専門知識を身につけた人材や、奈良ファンの育成を目的として、奈良商工会議所主催で「奈良まほろばソムリエ検定」(略称:奈良検定)というものが行われています。2級、1級、ソムリエの3段階で、ソムリエはメチャメチャ難しく、試験には小論文が課せられています。すでに今年で13回目ですが、受験対策講座が開講され問題集まで発売されており、毎年1000人以上が受験するほどの盛り上がり。そんな奈良のエキスパート集団「奈良まほろばソムリエの会」の皆様を前に奈良公園の糞虫トークを90分やるわけですから、もー準備が大変でした。小学生公民館のセミナー受講生など、初心者向けは慣れているので、わかり易い説明とスライド構成が頭に入っているのですが、なんせ奈良の自然にも精通して観光案内できるレベルの人達ですからね。(写真1,2枚目)
DSC_0111-5-1
DSC_0104-5-1

 まぁ結果から言うと、集まった20数名の皆さん最初から大変和気あいあいとした雰囲気の中、少しでも新しい知識、おもしろいネタを仕入れようと、積極的でした。ほんと、なんか対話しているみたいで、とっても話しやすかったです。奈良検定試験は東京にも会場が設けられ受験できるようで、この日も静岡や愛知など県外からの参加者もチラホラいらっしゃいました。ホンモノの奈良好きの集まりなんで、この人たちが糞虫好きになってくれれば、もう百人力です。かなり濃い話をさせていただきましたが、そのせいで逆に皆さんが消化不良を起こすのではないかと今ごろになって反省しています。
 今年度、こういった講演会やテレビの取材ラジオ出演が途切れることなくいい感じで続いています。こういう機会が与えられるのは本当にありがたいことで、糞虫達になり代わり彼らの存在と奈良公園で果たす役割をしっかりアピールしていこうと思っています。

今日はここまで。
次は、ならまち糞虫館でお会いしましょう!
 
 

このページのトップヘ