むしむしブログ

こんにちは!「ならまち糞虫館」の中村です。
むしむしブログは、極めてフツーの糞虫愛好家である私が体験する糞虫に関わる様々な出来事を適当につづっているブログです。ウソ・偽りはありませんが、間違いがあるのでご注意くださいね。
それでは、よろしくお願いいたします。

 今までにコケシマグソコガネを見たのは、奈良公園のシカ糞の下の砂地からたまたま見つけたのが2回と兵庫県の夢前川河川敷の砂をふるって1匹見つけた計3回のみ。最も一般的な種類といわれるホソケシマグソコガネは、見たことがありませんでした。虫がいるのかいないのかもわからないところの砂をひたすら篩い続けるという気の遠くなるような作業は、なかなかフツーの人には出来ることではありませんから。
PA080199-1
 
 今回は、奈良市内を流れる富雄川の河川敷でハバヒロケシマグソコガネらしき虫を採ったとの情報を得て、意を決して篩を持って行ったのですが、30分もたたずにギブアップ。犬フンを探して河川敷をさまよったものの見つけられず。初めての場所での採集はやっぱりむづかしいなーとぼやきながら車に戻る途中、水の流れていない乾いたU字溝の底に少し溜まっていた砂と枯草を「こんなとこにいたりして」と見たら、いたんです!しかもB5版ほどの面積の砂と枯草の塊を丁寧に見ていくと、もう出るわ出るわ、数えるのを止めましたが、30匹以上いました。1mほど離れたところの同様の砂と枯草の塊にも、よーく見ると10匹以上確認できました。ちょっと色合いや大きさが違う個体がいるように見えた(写真1枚目)ので、20匹ほど持ち帰りました。で、実体顕微鏡でよく見ると、コケシマグソコガネ(写真2枚目)とホソケシマグソコガネ(写真3枚目)だったというわけです。
PA080156-1
PA080147-1

 富雄川の土手の上に設けられたU字溝なので、普段は水は流れていないようでした。幅・深さとも30cmほどあるので、落ちたら最後、よじ登ったり飛んで逃げることができず、いうなれば超大型のピットフォールトラップ(落とし穴式の罠)みたいになっているのかも!? スナゴミムシダマシもたくさんいました。U字溝のゴミ溜りは、砂を篩う忍耐力の無い人にとっては、意外に狙い目なのかもしれません。

今日はここまで。
週末に糞虫館で会いましょう!
 

 奈良テレビで平日の夕方17:30~18:30に放映されている人気情報番組「ゆうドキッ!」には、以前出たことがあるのですが、その時は取材に来てくれて録画して編集後に放映されたので、しどろもどろの応対だったにもかかわらず、出来上がりは自分の予想を大きく上回る出来栄えでした。さすがプロですね。でも、今回はスタジオに行っての生出演なので失敗は許されません。入念な打ち合わせがあるのかと思ってましたが、始まる直前に30分程打ち合わせをする程度。まあ、テレビ局の人はみな忙しくしているので、ちょっとの間だけ出て、ちょっと喋るだけの人の世話を焼いている時間はないのでしょうね。もう、いまからドキドキしています。お楽しみに―!

今日はここまで。
週末に糞虫館で会いましょう!
 

 私が書いたわけではありませんが、私の幼い時から糞虫館オープンするまでの半生が描かれた『フン虫に夢中』、特に小学生のいるご家庭にはぜひ読んで頂きたい、おススメの一冊です。ネット全盛の時代、活字離れが進む中、糞虫の聖地奈良公園とならまち糞虫館のある地元奈良での普及を目指し、啓林堂書店さんと一緒にイベントを開催いたします。

 日時 : 10月17日(土) 午前10:00~12:30
 場所 : 啓林堂書店 奈良店2F 近鉄奈良駅 出口④、小西さくら通り商店街入ってスグ
 内容 : 10:00 ならまち糞虫館館長の糞虫トーク&スライドショー
      11:00 奈良公園で糞虫観察会(現地解散)
   参加費:2000円(『糞虫に夢中』(税込1540円)と糞虫館入館チケット付き)
     親子同伴の場合、小学生1人まで参加費無料
 特典?:希望者には糞虫館館長がその場で本にサインします!
 申込先:啓林堂書店 奈良店 0742-20-8001

20201011_033640~2

 本をもう買ってしまった方でも、空きがあれば500円で参加可能(糞虫館入館チケット付)です。ぜひ、ご参加ください。お待ちしています。

今日はここまで。
週末に糞虫館で会いましょう!


このページのトップヘ