むしむしブログ

こんにちは!「ならまち糞虫館」の中村です。
むしむしブログは、極めてフツーの糞虫愛好家である私が体験する糞虫に関わる様々な出来事を適当につづっているブログです。ウソ・偽りはありませんが、間違いがあるのでご注意くださいね。
それでは、よろしくお願いいたします。

 糞が縁でつながった大阪の友人から、大阪南港でアフリカの糞虫が売られていると教えられ、行って即買っちゃいました。4月に買ったのとは明らかに違う種類で、より手が長い種類とより小型の2種。今までは同一種だからか、地中で他の糞玉と遭遇してもそれを食べたり壊したりする例はなかったのですが、今回糞玉を掘り出すと3日前まであった糞玉(洋ナシ型)の一つがほとんど原形をとどめないほど破壊されており、もう一つは半分まで喰い破られて幼虫が半分土に埋まっていたりしてました(写真1枚目)。
P7130080-1
P7130082-1

 自然界では、地中で他の糞玉と出会うなんてことは確率的にはほとんどあり得ないのでしょうが、この破壊行為はちょっとショックでした。埋まりかけていた幼虫はケガをしており、別の糞玉をくっつけて糞玉の中に戻してやったものの、たぶんダメでしょう。大きく育っていたのですが・・・。本で見ていたので知ってはいましたが、背中のコブが本当に大きく発達しています(写真2枚目)。このコブで糞玉の中で体の位置を安定させるとともに、ここに糞をため込んでいるらしいです。蛹になると全身が白く透けるような体色になるので、前蛹の時にまとめて排泄し蛹室を補強するのに利用するのでしょう。
 なかなか思うようにいかないものですねー。保護している糞玉の中で無事に幼虫が育っていることを祈るばかりです。

今日はここまで。
また明日!

 6月30日のブログにコーフン気味に書いていたスカラベ(タマオシコガネ)の大きな幼虫が、頭の硬い部分だけを残してきれいになくなってました。よく見ると1mmもない小さな白いダニがいっぱいです。蛹になってるかも、と期待していただけにショックです。糞玉を割ったのがいけなかったのでしょうか。幼虫は自分で修理してシッカリとくっついてたんだけどなー。ただ、外側はそのままなので手薄な所からダニやコバエの幼虫が入り込んだのかもしれません。
P7130101-1
P7130104-1

 アフリカでは、フンをめぐる競争が厳しいので、糞が排泄されるとすぐにスカラベが飛んできて丸めて転がして埋めてしまうので、ダニが侵入したりハエが産卵する時間がほとんど無いのかもしれません。出来たてホヤホヤのシカ糞を調達するのは不可能ではありせんが、シカの後をついて歩くのは大変です。んー、電子レンジでチンすれば、ダニやウジは殺せそうですね。でも、ホカホカ湯気の立ち昇るシカ糞は、さすがにかなりニオイそうです。もしくは冷凍庫で凍らせれば、ダニ達も凍って死ぬでしょう。時間はかかりますが、現実的です。でも、嫁さんがさすがに許さないでしょう。糞虫は認めてくれているので、実質的には大差無いんですけどね。人間というものは不思議な生き物です。

今日はここまで。
また明日!


 これは楽しい番組でした。まさに関西のノリで突っ走る感じで、僅か2時間足らずの間に、奈良公園でルリセンチコガネを探して撮影し、すぐに糞虫館に移動して館内での撮影まで済ませました。撮影隊の方は、その足で和歌山に車で移動し、3人目の虫ラバー( Love + er )の取材をすると言ってました。
IMG_20190509_142440

 今回、3人の変態的超虫好き人間を取り上げる企画だったようですが、さすがほかの二人があまりにスゴイので、自分のことをまともだと思えてきます。「鳴き虫」で家が埋め尽くされていたり、虫のピュレや味噌を作って売り出したり。糞に集まる虫を愛しているだけの私は、標準的な自然愛好家に見えました。
IMG_20190509_142142

IMG_20190509_142128

 今までで一番くだけた「お笑い」っぽい番組でしたので、虫にほとんど興味のない方でも楽しめる構成になってました。ただ、ケーブルテレビ20数社に配信されたとのことなので、私もDVDを送って下さったのを見ただけですが、レポーターの勢いに乗せられてこっちのテンションが上がりまくっているのが見て取れました。いやー、見てて恥ずかしいですよ。ものの見事にやられちゃいましたね。さすがプロ集団です。

今日はここまで。
また明日!

このページのトップヘ