むしむしブログ

こんにちは!「ならまち糞虫館」の中村です。
むしむしブログは、極めてフツーの糞虫愛好家である私が体験する糞虫に関わる様々な出来事を適当につづっているブログです。ウソ・偽りはありませんが、間違いがあるのでご注意くださいね。
それでは、よろしくお願いいたします。

 いやー、素晴らしい!龍谷大学の卒業論文でオオセンチコガネの体色の謎に迫る研究をした学生さんが、その後、大阪府大大学院の生命環境科学研究科でその研究を継続、オオセンチコガネの飼育を続け、なんと先日「トンネルに糞を詰め込んで産卵しました」との連絡が。(写真1、2枚目)
image2

image1~3

 つまり、昨年9月頃に採集したオオセンチコガネを越冬させて、この春に産卵に至ったということです。

 卒業論文では、体色の違いは交尾の相手選びには影響しないことを確認されていますが、今回のこの卵の両親は共に赤系統なので、遺伝により体色が決まるのであれば、F1は赤系統になる可能性が高く、ならなければ謎が深まるってところでしょうか。別のアプローチとして、孵化した幼虫を奈良公園のシカ糞で育てるっていうのはどうでしょう?もしルリ色の成虫になれば、体色はその地域の糞の成分に影響を受けるということだし、逆に幼虫時代の食べ物は体色に影響しないとの結論が得られれば、それだけでも体色に影響する要素が大きく絞られるのではないでしょうか。飼育ケースは複数個あるとのことですので、オオセンチコガネの卵がまだ他から見つかれば、自由な発想でいろんな実験にトライしていただきたいものです。なお、「ご意見・ご質問・アドバイスがございましたらぜひお願いいたします。」とのことですので、皆様からのコメントやメールをお待ちしております。
 あ、そういえば昨年コガネムシ研究会の総会でオオセンチコガネの産卵に成功した小学生の女の子が発表してましたが、その後もオオセンチコガネを飼育しているようです。 ブログ名:「虫のあれこれ。時々書評。」
→ http://fabreimomushi.hatenablog.com/entry/2019/02/07/203716

今日はここまで。
また明日!

 先週末、最終的に100名を超える参加者を集めた第9回奈良公園糞虫観察会は、お天気に恵まれ、糞虫も次々に見つかり、本当に楽しい観察会となりました。この観察会は、今は亡きNPO法人奈良県青少年文化振興協会の故・宮本吉雄氏の発案で始まり、その思いを引き継いだ青山英玄氏が開催しているものですが、『ふんコロ昆虫記』や『日本産コガネムシ上科図説(食糞群)』といった糞虫好きの方必携の書の執筆や監修に携わるような方々(ほとんどの方がコガネムシ研究会に所属)が大勢応援に駆けつけ、子供たちの楽しい質問から上級者の突っ込んだ質問まで丁寧に対応されていて、とても満足度の高い観察会になっていたと思います。多くの方がお目当てのルリセンチコガネを自分で見つけることができたようで、あちこちで歓声が上がっていましたし、夜行性で穴に潜んでいるため見つけにくいゴホンダイコクコガネ(しかも立派なツノのあるオス)も終盤には見つかるなど、大変に盛り上がりようでした。
 
 私の把握している限り、見つかった糞虫は次の通り。たった2時間でこんなに多くの種類の糞虫に出会えるなんて、奈良公園はやっぱりかけがえのない「糞虫の聖地」なんですね!
オオセンチコガネ(ルリセンチコガネ)
センチコガネ
③ゴホンダイコクコガネ
④カドマルエンマコガネ
⑤クロマルエンマコガネ(フトカドエンマコガネかも)
⑥ナガスネエンマコガネ
⑦マエカドコエンマコガネ
⑧ニッコウコエンマコガネ
⑨チビコエンマコガネ
クロツヤマグソコガネ
⑪コツヤマグソコガネ
⑫ウスイロマグソコガネ
⑬オビマグソコガネ
⑭ヌバタママグソコガネ
クロツブマグソコガネ(観察会終了後)
IMG_20190526_022642

 で、この糞虫観察会の様子が5/25(土)の奈良新聞にバッチリ掲載されました(写真1枚目)。毎年糞虫の聖地・奈良公園で開催されており、100人を超える多くの方が参加するこの「奈良公園糞虫観察会」は、おそらく日本で最も糞虫を愛する人たちが、日本で最もたくさん参加する、日本で最も楽しい糞虫観察会のひとつだと思います。次回は記念すべき10回目ということもあり、さらにスゴイことになるかも。今から楽しみにしていてくださいねー。今年参加できなかった人も、来年はぜひ参加してみてください。

今日はここまで。
また明日!

 先日、長野県の大の糞虫好きの方からシナノエンマコガネ(Onthophagus bivertex)をたくさん送っていただきました。奈良公園ではお目にかかれない珍しいエンマコガネですが、ご厚意により飼育する機会を得ることができました(写真1枚目)。
P5200147-1

 まだ飼い始めて1週間ほどですが、なぜか毎日何匹も死んでしまいます。まだ暑くもないし、新鮮なシカ糞を与えているのですが、ダメです。元気な奴は体に土もつかずキレイですが、弱っている奴は汚れていて動きもぎこちなく、救いようがありません。室内で飼っているので、日陰で風通しが悪いのが良くないのかも。
P5200162-1
P5200165-1

 そんな中、卵を発見!(写真2、3枚目) でも1つだけしか見つからず、粉々に粉砕されたシカ糞から見つかったのでちょっと怪しいのですが、わかる方がいたら教えてください。虫の状態も落ち着いてきているはずですし、少しでも多くの虫たちを長生きさせることができれば、繁殖も夢ではないと考えています。

今日はここまで。
また明日!
 

このページのトップヘ