むしむしブログ

こんにちは!「ならまち糞虫館」設立準備室の中村です。
むしむしブログは、極めてフツーの糞虫愛好家である私が体験する糞虫に関わる様々な出来事を適当につづっているブログです。ウソ・偽りはありませんが、間違いがあるのでご注意くださいね。
それでは、よろしくお願いいたします。

 今朝、夜行バスで東京から戻ったのでまだ中身を読んでないのですが、ご紹介いたします。
IMG_3356-1IMG_3352-1
 東京に行くと必ず中野にある(有)むし社(←日本の虫好きのトップランナー的老舗)を覗くのですが、そこで「最近の糞虫関連でおススメの本、何かありますか?」と聞いて出てきたのがこれ。今年1月に (有)むし社 から発行された「日本のセンチコガネとその仲間」(著:塚本珪一、稲垣政志、河原正和、森正人)(写真1枚目 右、2枚目)。「日本糞虫記」はじめ数々の糞虫本を世に送り出した塚本さんが中心になっているようですが、美しい生態写真のほか解説も面白そう(まだ読んでいない!)(写真3、4枚目)。
IMG_3351-1
IMG_3354-1
 データや参考文献もしっかり記載されており、センチコガネの仲間限定ではあるものの、糞虫好き必携の本だと思います。6,400円+税 と安くはありませんが、感謝の気持ちに応援する気持ちも込めて、私は1冊買わせていただきました。「日本産コガネムシ上科図説 第1巻 食糞群」みたいに〈普及版〉が出れば買いやすいのかもしれませんが、写真がすごく綺麗なので、これはこれで買う値打ちがあると思いますよ。

 ふと思ったのですが、タイトルにある”その仲間”というのは、アカマダラセンチコガネ科やムネアカセンチコガネ科などセンチコガネ科以外の虫のことではなく、この本に出てくる塚本さんたち糞虫好きの人のことを指しているのではないか。写真を撮りながら斜め読みしたらそんなふうにも思ったのですが、どうなんでしょう・・・

 おーっ、今ブログランキング(昆虫類)を見たら、7位にランクイン! いったい何処にそんなに大勢の糞虫好きが隠れているのでしょうか? カブトムシやクワガタムシより、実は糞虫は人気があるのかも。 ちなみに第1位はアリ(蟻)のブログです。


今日はここまで。
再見!

facebook始めました。
まだやり方がよく理解できていないのですが、楽しい糞虫ワールドを多くの方に知っていただこうと試行錯誤しています。
「ならまち糞虫館設立準備室」のホームページもとりあえず開設(未完成)しました。
http://hunchu.jimdo.com
よろしくお願いいたします。

 5/9に奈良市役所を訪問し、正面玄関広場を用いての「奈良の糞虫・世界の糞虫」展開催を申請したことをブログに書きましたが、開催可否が決まる本日夕刻、窓口になっている市民活動部の担当の方から問い合わせを受けました。その内容は「糞虫の標本の展示とはどういうものなのでしょうか?過去に例がないので、具体的にどのようなものが展示されるのか知りたい。」というもの。その声からは、「糞虫」とはどんなものか想像できず不安いっぱいの若い女性職員の姿が目に浮かぶようでした。もしかしたら上司に「糞虫の展示ってどんなの?市役所がクサくなったり、うんこの写真を見せたりしないよね?」と聞かれたのかもしれません。
 私もまさかこんな問い合わせを受けるとは思ってもいなかったので、若干戸惑いながらも「奈良県橿原市の昆虫館などにも展示されているような糞虫を標本箱に入れたものを机に置いて、その説明書きと生態写真をパネルに貼ることを考えている旨を申し上げました。糞虫についてはネットで検索すればいくらでも出てくる、ともお伝えしました。その後、連絡はありません。
 後で落ち着いて考えると、もう少し気の利いた答え方をすればよかったかなーと反省しています。「きれいな糞虫の写真をメールで送りますよ!」ぐらいのことはすべきでした。週明け早々にでも電話しようかな・・・

 少しですが、このブログで一足早く世界の糞虫をお楽しみください。

IMG_3326-1
 上 写真1枚目 Proagoderus rangifer  ♂  タンザニア

IMG_3324-1
上 写真2枚目  Sulcophanaeus velutinus ♂  パナマ

IMG_3315-1
 上 写真3枚目  Phanaeus demon ♂  メキシコ

IMG_3332-1
上 写真4枚目  Onthofagus babaulti ♂   ブルンジ(中央アフリカ)

いろんな形のツノがありますが、いったいどういう風に使うんでしょうね。ツノを振りかざして戦うのか? メスへのアピールに使うのか?それとも・・・??? 自然の中で生きている彼らにお目にかかりたいものです。
でも、ブルンジはルワンダとコンゴとタンザニアに囲まれ、フツ族とツチ族との対立から内戦まで勃発した国らしいです。糞虫どころではないでしょうね。平和が訪れる日を祈るしかありません。


今日はここまで。
再見!
 

 

このページのトップヘ