むしむしブログ

こんにちは!「ならまち糞虫館」の中村です。
むしむしブログは、極めてフツーの糞虫愛好家である私が体験する糞虫に関わる様々な出来事を適当につづっているブログです。ウソ・偽りはありませんが、間違いがあるのでご注意くださいね。
それでは、よろしくお願いいたします。

 昨日のタガメの産卵のブログ記事がちょうど400回目、ブログをはじめ1327日目だそうです。夏休みの絵日記もまともに書けなかった私がなぜこんなに続けられるのかわかりませんが、続けようと思って続けているわけでもなく、毎日のように書きたいことが起き、誰かに知らせたいことがあるので、結果的に続いているって感じです。これからもよろしくお願いいたします。
P7130086-1
P7130092-1

 今日はちょっとビッグニュースです。糞虫館で4月の終わりから飼育しているタマオシコガネ(Scarebaeus typhon?)の卵を観察することができました(写真1、2枚目)。先月6/26に糞玉(洋ナシ型)を割って幼虫が大きく育っているのを確認しましたが、7/13に新たに掘り出した3つの糞玉の一つを割って見ると大きな卵がひとつ見つかりました。タマオシコガネは大きな卵を産むと知ってはいましたが、目の当たりにすると「えっ!? このデカいのが卵?」という感じで、本当に驚きました。長めの米俵型で長径は8mm以上(!)あります(写真3枚目:オオセンチコガネのラベルが7mm☓14mm)。カブトムシの卵も産卵直後は1.5mmぐらいですが、孵化直前は3mmぐらいに膨らむので、もしかしたらこのタマオシコガネの卵は、産卵後かなり時間が経過して大きくなっているのかもしれません。
P7130095-1

 6/3、6/7に続いて、6/28に2回目の糞玉の掘り出しをおこなっていること、水槽には毎週末、新鮮なシカ糞を投入していることから、6/29、30に作って埋めた糞玉に産卵したと考えるのが、地下での親虫の作業時間を考慮すると妥当だと考えています。いつ頃、どのように孵化するのか、その孵化の瞬間を観察する千載一遇のチャンスが目の前にあるのですが、糞玉を割ったまま卵を外気にさらしておくと、乾燥や温度、光など様々な刺激がありすぎで死なせてしまう恐れがあります。なので、10分ぐらいで写真を撮ったり大きさを計ったりして、また割った糞玉を貼り合わせておきました。ネットを被せてコバエ対策も施してあります。次はいつ頃割ってみるのがいいか、どなたかアドバイスいただけるとありがたいのですが・・・。
 これまで糞玉を割って中を確認したのは4個。幼虫(2令?)1玉、卵1玉、死亡2玉なので、2勝2敗。未確認の糞玉はまだ6個あります。

今日はここまで。
また明日!
 
 

交尾を確認したのが7/9の夜。もう産むぞ、今夜こそ産むぞ、と毎晩26時過ぎまでねばりつづけて、とうとう7/12の夜9時頃から始まった産卵の一部始終を見届けました。メスは頭を下に向けて杭にガッチリしがみつき、お尻から泡を出しながら、泡の中にどんどん卵を産んでました。オスは10分も間をあけずに水中に戻り、水を身体にまとって卵やメスのお尻に給水していたように見えました。
IMG_20190712_234032~2
 卵はオスに守られて(写真1枚目)10日程で一斉に孵化するそうです。孵化率は高く、100個ほどの卵はほぼすべて孵化するようなので、これからの私の餌やりや水換えなど子育てが大変になりそうです。私が師と仰ぐタガメ博士によると、シーズン中にメスは4回ほど産卵するそうです。ということは、うちはタガメだらけになる⁉

きょうはここまで。
また明日!

 6月の下旬、NHKからレターパックが届きました。中には、また出来たてほやほやの『NHKダーウィンが来た!昆虫スゴすぎクイズ図鑑』とお手紙が。ご存じの通り、NHKテレビの自然ドキュメンタリー番組『ダーウインが来た!』は2006年4月に放送が始まって以来、日本国内の身近な自然から、世界各地の未知の自然まで、驚きの生きものたちの世界を紹介してくれてますが、そのネタをクイズ形式にしてわかりやすくまとめた本がコレ(写真1、2枚目)。
IMG_20190704_234030~2

IMG_20190704_234854

 一般に、昆虫クイズのネタは使い古されて面白くもなんともない、と思い込んでましたが、目からウロコでしたよ、この本は。NHKテレビの『ダーウィンが来た!』を毎回欠かさず見てなければ、ほとんど自信を持って答えられる問題がありません。それくらい新しく興味深い内容がてんこ盛りです。
 NHKの回し者ではないけれど、この『ダーウインが来た!』という番組には、ほんとうに貴重な一瞬をとらえた映像がたくさん出てきますが、スタッフの方は重い機材を担いで現場に何度も通って長い時間をかけて撮影していますね、実際。番組で奈良公園のシカをテーマにしていた時のことですが、私が通う奈良公園で何度もNHKのスタッフの方をお見かけしましたから。この本に1400円払う値打ちは、十分ありますよ。ならまち糞虫館にたった300円で入れるのと同じくらい、おトクです(笑)。

今日はここまで。
また明日!

このページのトップヘ