2016年の最後を飾るビッグニュースをお届けいたします。
 「奈良公園でマグソコガネ(Aphodius rectus)を初めて採集いたしました。」

 学生の頃(35年前)、春夏秋冬問わず奈良公園に何百回も通って糞虫の観察を続けた私も、私以上に糞虫に熱中し奈良公園に寝泊まりしていたキヨ氏も、当時は奈良公園では1匹のマグソコガネも見ることはありませんでした。それが2016/12/25に35年ぶり(!)に奈良公園で真面目に糞虫採集したところ、ごくフツーに採集できたのです。(写真はイノシシの糞を食べているマグソコガネ)
IMG_2440-1
 
 この原因と考えられるのが、イノシシの勢力拡大です。35年前もイノシシがところどころ掘り返す場所がありましたが、今はもういたるところが無残なまでに掘り返され芝生が荒れ放題。下の写真の柵の外側のモコモコはすべてイノシシの仕業です。マグソコガネは、このイノシシの糞で採集されました。昔はイノシシの糞はほとんど見ることがなかったのですが、おそらくイノシシの数が増え奈良公園での勢力を拡大するにつれて糞も増え、マグソコガネもやってきたのではないかと想像しています。私の35年間の空白を埋めてくれる糞虫ファンがいたら、ぜひ情報交換をさせてください。
IMG_2422-1
 おそらく近年は奈良公園でマグソコガネが見つかることは珍しくなくなっていたと考えられるので、私のこの感動を分かち合える人はおそらくいないでしょう。マグソコガネを求めて兵庫の牧場まで一緒に行ったキヨ氏を除いては。

 それにしても最高のクリスマスプレゼントを春日大社の神様からいただいた感じです。イノシシの増加をどう考えるかは別にして、鹿糞に加えて猪糞という新たなメニューの加わった奈良公園。来年も糞虫から目が離せません。
 
 それではみなさん、よいお年を!