東京の三ノ輪の小さなビルの一室にある昆虫標本を専門に扱うディープなお店、それが「パイネ」です。東京に住んでいたころは気軽に行けたのですが、糞虫館設立にため奈良に移ってからは3ヶ月に1回程度でしょうか。一昨日久しぶりに顔を出して、たぶんダメだろーなーと思いつつも「アフリカの糞虫、いますか?パチソマとか。」と聞いてみると、若旦那が別室から大事そうに持ってきてくれました。私は初めて見ましたよ、パチソマ・デンティコリス(Pathysoma denticollis) (写真1、2枚目)
IMG_4297-1
IMG_4300-1

 2017年2月にナミビアで採れた個体です。パチソマはスカラベ(タマオシコガネ)の仲間に比較的近縁なので、色も黒色の種類がほとんどらしいのですが、こいつは前翅が綺麗な紅色。2017.4.16に当ブログで紹介したパチソマ・シンジ(Pathysoma schinzi)などと比べるとやや小ぶりですが、体型はパチソマそのものでとってもキュート。値段も聞かずに購入を即決、夜行バスで大事に抱えて奈良に持ち帰りました。貴重な標本なので、ならまち糞虫館の目玉にしたいと思います。ムリかな・・・

 帰る前に東京で会った元同僚達に「メチャ珍しい(たぶん)」「とっても高価(私にとって)」「日本に数十個体(ウソ)」などとさんざん吹き込んでからもったいぶって見せると、結構喜んでスマホで撮ったりしてました。
要は見せ方ですかね。


今日はここまで。
再見!