2017.8.30のブログでは、スイスアルプスの標高3000m前後の高地でマグソコガネの仲間を4~5種類ほど捕まえたと書きましたが、ようやく標本作製に取り掛かりました。いつもは標本を完成させて、私なりに適当に同定してからブログを書くのですが、スイスのユングフラウやマッターホルンのふもとで採集した(日本では)めったにお目にかかれない糞虫なので、どうせなーんも同定の手がかりは得られないだろうと思いますので、とりあえず写真を載せておきます。どんなことでも結構ですので、アドバイスやお気付きになったことがありましたら、コメントいただけるとありがたいです。

 写真の1、2枚目は、採集した時はその大きさとツヤの鈍さから「スイスアルプスにもクロツヤマグソコガネ(Aphodius atratus)おるやん!」と思ったのですが、ルーペで頭部を見るとコブが3つ見て取れます。クロツヤマグソコガネではなかったんですねー。大きさは8mmくらいあります。
IMG_4349-1
IMG_4341-1

 写真3,4枚目は、あまり特徴のないのが特徴と言いましょうか・・・。大きさは7mm弱くらい。頭部にコブが3つあります。これはマグソコガネ(Aphodius rectus)かなー?
IMG_4399-1
IMG_4344-1

 写真5枚目はよくわかりません。少しぽっちゃりした洋ナシ型の体型で5mmちょっとあります。紅褐色の前翅に特徴がありますが、同じような体型で黒い個体の方がたくさん採れてます。もしかして、これがツマベニマグソコガネ??? ちなみにこの3種の大きさを並べて比較するとこんな感じ(写真6枚目)です。
IMG_4378-1
IMG_4409-1

 8/30のブログを書いた時に、私とほぼ同じ場所で30年前にオオツヤマグソコガネ(Aphodius rufipes)やツマベニマグソコガネ(Aphodius haemorrhoidalis)など4,5種類のマグソコガネの仲間を採集したとのコメントをいただきました。この2種は「原色日本甲虫図鑑(Ⅱ)」(保育社)にヨーロッパが生息地として記載されており、「なるぼどー」なんです。一方、マグソコガネ(Aphodius rectus)の生息地は「・・・、朝鮮半島、モンゴル、シベリア東部、中国など」となっています。やっぱ、3,4枚目の写真はマグソコガネとは違うのかなぁ。
ま、今日のところは【速報】ですので。

今日はここまで。
再見!