スイスアルプスの中で最も有名なユングフラウ、メンヒ、アイガー。そんな名峰を横目に牛の糞をほじくる怪しい観光客(私です)。多くの観光客は登山鉄道に乗りますが、歩いて下山する人も少なくありません。そんな人たちの視線を避けて私が採集した糞虫は18頭なんですが、10/18と10/22の当ブログで紹介した4頭以外は全て同じ種(写真1~6枚目)と思われます。
IMG_5018-1
IMG_5050-1

 個体によって上翅の色は真っ黒だったり赤褐色だったりして明らかに異なっていますが、体型、頭部の形やコブ、前胸背板の点刻、上翅の条溝、肩歯、小楯板などは、どこを見てもこれといった違いが見出せませんでした。色彩については黒っぽい赤褐色の個体も多く存在することから、どうやら色にはバリエーションがあると考えるほうがよさそうです。
IMG_5042-1
IMG_5049-1

 結局、30個以上の牛糞を調べて、4種類のマグソコガネの仲間を18頭採集した、という結果でした。まあ、あまり熱心に採集したとは言えないのですが、8月下旬のスイスアルプスの登山鉄道(グリンデルワルドGrindelwald~ユングフラウヨッホJungfraujoch)沿線には、牛糞の量に比べて生息する糞虫の種類も数も少ないような気がします。森林限界を超えた場所では、環境が単純であることや夏の一時期しか牛の放牧がなされないこと、アブやハエの勢力が強いこと等が関係しているのではないでしょうか。全くの想像ですが。
 IMG_5030-1
IMG_5023-1

【参考】 当ブログの8/30(スイスアルプスで糞虫をGET!)に頂いたコメントの中に「・・・ユングフラウ鉄道のクライネシャイデック付近の放牧地で探した時も、マグソコガネ属4・5種だけでした。中にオオツヤマグソコガネとツマベニマグソコガネがあり・・・」とあります。20年ほど前のことだそうです。


今日はここまで。
再見!