IMG_5074-1
 先日10/28、当ブログで私が1996年にカンボジアで採集した糞虫の写真を載せましたが、チビコエンマコガネ♂(Caccobius unicornis)に似た小さな糞虫が台紙に乗っていたのに気付かれた方も多かったと思います(写真1枚目)。しかし、実際には4mm以上あり、サイズ的にはヒメコエンマコガネ(Caccobius brevis)ほどの大きさがある(写真2枚目 左:ヒメコエンマコガネ)ので、ちょっと違うようです。
IMG_5099-1

 もう一頭、サイズ的には少し大きめのチビコエンマコガネくらい(3.5mm強)で、ツノがないチビコエンマコガネの♀のような個体も採集しています(写真3枚目)。もしかしたら、この2頭は同種の♂と♀なのかもしれません。
IMG_5103-1

 で、終わるところだったのですが、実は2003年にカンボジアに行かれた方が同じ種と思われる個体を採集しており、「顕鏡していませんが、コエンマコガネ属ではなくてエンマコガネ属と思われます。」というコメントを10/30にいただいておりまして。
 で、ホンマかいな?と調べてみると、全くその通り両方ともエンマコガネ属でした(前脛節の先端に注目! 直角になっているのがコエンマコガネ属(Caccobius)、なっていないのがエンマコガネ属(Onthophagus))。
 で、そーゆー目でもう一度この2頭をじっくり見てみると、頭部のツノが出る位置がチビコエンマコガネは頭部中央なのに対しカンボジアの個体は頭部の後縁部から生えています(写真4、5枚目)。さらに、体型も異なっていることに気が付きます。(写真5枚目 右:チビコエンマコガネ)
IMG_5071-1
 IMG_5120-1
 採集してから20年以上もの間、チビコエンマコガネの近縁種かなぁと思い込んでいましたが、いかにちゃんと実物を見ていないか、思い知らされました。まあ、標本をきちんと観察できる状態にしてこなかったのがそもそもの原因なんですけどね。今からでも少しずつ整理して、来年7月オープンする(?)ならまち糞虫館に展示できるようにしたいと思います。


今日はここまで。
再見!