ドンピシャのタイミングとはこのことでしょう。これはもう、日ごろから善行を重ねてきたご褒美なのかもしれません。4月にクロツヤマグソコガネの飼育を始め、いつの間にか幼虫がはい回るようになり1か月もたたないうちに終齢幼虫(何回脱皮したかわかりません)の大きさになり、飼育は本種に限っては順調にいきました。5月下旬には蛹が容器越しに確認されていましたが、もっとよく見たいと思い、一昨日、掘り起こしてみました。幼虫もいましたが、これは大きさから判断して終齢幼虫と思われます(写真1枚目)。注意深く土を崩していくと、あまり丈夫ではない蛹室が崩れて、縮んでシワシワになった幼虫が出てきました(写真2、3枚目)。前蛹の時期はデリケートなので「しまった!」と思いましたが、もう仕方がないのでバシャバシャ写真を撮りまくり、そのままそっと放置しておきました。
IMG_7285-1
IMG_7306-1
IMG_7365-1

 で、翌日、死んじゃったかなー、ゴメンねーと思いながら容器を見ると、なんと白い蛹が。横には脱皮した幼虫の抜け殻がありました。まさに蛹になる前日の幼虫だったわけですね(写真4、5枚目)。
 推測ですが、幼虫はシカ糞をモリモリ食べて体は大きいですが、黒い部分が食べたフンだとすると自分の体は実際は半分くらいしかないと思われます。終齢幼虫は蛹になる時期が近づくと一ヵ所にとどまり、蛹になった時のためにくねくね動きながら蛹室を作りますが、この時に排泄した自分の糞を蛹室の内側に塗りたくるのではないでしょうか。蛹室は小さいこともあってそれほど丈夫ではありませんが、内面は非常にきめが細かく、単に土を押し固めただけではないように見えますから。糞は蛹になる前に体内から出し尽くさなければならないし、蛹室の中に糞の置き場はないし・・・。本当にエコで無駄のない生活ぶりですね。
IMG_7387-1
IMG_7423-1

 それにしても、成虫に卵を産ませて(いつどこに産んだか確認できず)、幼虫を育てて観察するだけでも初めての経験なのに、前蛹をじっくり観察し蛹まで直接ゆっくり見れるなんて、ほんとうに運が良かったです。蛹になった日がわかっているので、もし無事羽化すれば成虫になるまでに要する期間もわかります。ただ、クロツヤマグソコガネは春しか出現しませんから、羽化した新成虫は来年の春までどうやって時間をつぶすのでしょう???(私にとっては)大きな謎が、今解き明かされようとしています。めちゃ楽しみです。

今日はここまで。
再見!