糞虫館には虫好きの小学生がやってきますが、東京からお母様と一緒にやってきた少女はちょっと別格でした。もー全然小学生のレベルじゃないんです。興味を持ったら、ちゃんと調べて、自分で考えて実験し、よーく観察する。ガもゴキブリも大好き! ウンコもぜーんぜん平気な女の子。ステキです。で、その子がブログを書いているのですが、その内容がぶっ飛んでます。ヘラクレスオオカブトの幼虫標本を作ろうとして、焦がしてしまいましたー ってどーゆーことです? カマキリを描くときにハリガネムシを一緒に描きますぅ? ぜひ一度、このブログ(→ http://fabreimomushi.hatenablog.com/ )を覗いてみてください。でも、なんか昔の自分を思い出してしまいました。こんなにしっかりした考えも知識も持ってませんでしたけどね・・・
20180725image1-1

 お母様がこれまた、ただ者ではない。家族の食糧の入っている冷蔵庫に糞を入れ、冷凍食品をよけてでも冷凍庫に糞を詰め込むという・・・。糞虫館に来た帰りも、新鮮なシカ糞を持ち帰ろうと宿の冷蔵庫に大量の糞を保管して、翌日それを置き忘れたまま東京に帰ってしまうという大失態。しかしそれすら笑いに替えてネタにする凄さ(笑)。大阪のオバチャンを越えてます。

 一緒に来ていた童話作家さん(http://www.mountain-mountain.com)は、奥本先生の愛弟子とお見受けしました。先週は東京の超一流企業の集まる大手町で「~スカラベ君を描いてみよう~」というワークショップをされたそうですが、小学生など子供を対象にグラフィックデザインや絵を通した昆虫がらみの活動を継続されています。『ファーブル先生の昆虫教室~昆虫研究の楽しさ~』(ポプラ社 文・奥本大三郎 絵・やましたこうへい )は、この方が絵を描かれているのですが、朝日小学生新聞にて連載中の『ファーブル先生の昆虫教室』の書籍版 第2巻で、 小学生から読める『ファーブル昆虫記』だそうです。ファーブルの本の訳・絵に関しては最高のお二人だと思いますので、大人も十分楽しめます。おススメです。

 ホント、たのしくてスゴイ3人組でした。でも、ここにお父様が加わると一体どうなるのだろう???  次回はぜひ4人で来てください!


今日はここまで。
おやすみなさい。