昨日、記念撮影をした美しい梨玉(育児球)。実は掘り出した時はこんな状態でした(写真1枚目)。
IMG_20181111_184517

コバエが梨玉を安置した地下室に発生して、その数が増えてきたのでやむなく決断したというわけです。梨玉を地下室に戻す時にコバエが侵入した可能性は否定できませんが、親がコバエの卵入りの梨玉を作ったと考える方が自然でしょう。梨玉の表面には約30匹ほどのコバエの幼虫や蛹がついていました(写真2枚目)。
IMG_20181111_191252
以前糞玉を割ってみた時のことを考えると、内部にも相当数の幼虫(ウジ虫)がいると思われます。アフリカのスカラベは蛹になるまで70日以上かかるらしいですが、大丈夫なんでしょうか?親が世話をするということですが、糞の中のウジ虫はどうすることもできないでしょう。スカラベの幼虫はウジ虫を喰うのかもしれません。いかん、また妄想が・・・


つづく