2週間前の5/2にヒメコマグソコガネの生息地として有名な若草山で、5つの糞から8匹のヒメコマグソコガネを確認しましたが、その後、若草山以外にも生息しているはずと、近隣の草地や大文字山のシカ糞を調べたものの発見できずにいました。昨日は若草山の周辺なら可能性が高いと思い探しましたが、やはり見つからず、最後は足が自然に若草山での前回観察できた場所に向かったという次第です。
P5150053-1
P5150044-1
P5150063-1

 結果は、今回も6ヵ所の糞から8匹のヒメコマグソコガネを見つけることができました。でもねー、若草山にしかいないなんて信じられないし、そんなことはないと思うので引き続き調査します。前回と今回の調査では、かなり乾いて固くなった(古いわけではない)粒糞の下の僅かに湿り気の残るところから多く発見されています。特に今回は、ピンセットで簡単にほぐせるような柔らかい糞塊が無かったのですが、8匹とも粒糞が多数土に接しているため若干湿気の残る地表部分から見つかりました(写真1,2,3枚目)。そしていつも1匹か2匹。この小さなマグソコガネの力では表面が乾いて固くなった粒糞の中に潜り込めないので、仕方なく糞の下に潜んでいたのでしょうか?このあと、どうするつもりだったのでしょうか?謎は深まるばかりです。なので、しばらく家で飼って観察することにしました。何かわかったら報告いたします。

今日はここまで。
また明日!