先週、6/2に掘り出した洋ナシ型の糞玉を割ると、大きく育った幼虫が出て来て驚いたのですが、同時に、ほかの糞玉も順調に育っているに違いないという自信を持つことができました。ナシ玉は、10個あるので、毎週1個づつ割っても10週間かかるので、計算上は確実に蛹を観察することができそうです。で、2つめの糞玉(6/7掘り出し)を割ってみました。
 ところで、うちのタマオシコガネ( Scarabaeus typhon ?)は、1匹で30~40g前後の糞玉を作って転がし、適当な場所に埋めます。親虫はそのまま1週間以上地中で糞玉と共に暮らし、その間に糞玉を磨き上げ、一回り小さい30g弱の見事な球体に仕上げます(写真1枚目)。この時に産卵した場合は、卵を糞で覆い隠すように作り変えるので、洋ナシ形になります(写真2枚目)。その後、親虫は産卵したナシ玉にしがみついて世話をしています(写真3枚目)が、1週間ほどで世話することをやめて地上に出て来て、次の糞玉作りに取り掛かります。
P6260052
P6260056
P6280112-1

 飼育している4匹の性別は見分けがつきません。ですが、4匹とも熱心に糞玉を作って転がして埋めます。メスが産卵のために糞玉を地中に埋めるというのは理解できますし、昆虫のメスはオスの精子を体内に蓄えておくことができるので、輸入される前にアフリカですでに交尾をしており、その時に仕込んだ精子を使って卵を産んでいるのかもしれません。しかし、4匹すべてがメスである確率は、たったの6.25%! んー、1匹ぐらいはオスがいると考えるのが自然でしょうね。ファーブル昆虫記には、糞玉を埋めて、地中でその糞玉にしがみついて延々2週間以上にわたって食べ続けるスカラベの描写がありますが、では、家にもいると推測されるオスは、埋めた糞玉を跡形もなく食べつくしたのでしょうか?ちなみに、タマオシコガネが我が家に到着して2か月余りが経過しましたが、これまでに掘り出したりして確認できた糞玉の数は、ナシ型10個、見事な球体3個、いびつな球体2個、ほぼ埋めただけの糞玉2個、の計17個ですが、食べかけと思われる糞玉は見つかっていません。

 話が横道にそれました。2つ目のナシ玉は6/7に掘り出した時に30gでしたが、割る時には31g。増えてるやん!なんで!? まあ、水分とか砂の粒の付着とか、あと小数点以下の表示の問題でしょう。でも、普通は軽くなるんじゃないかなー、やっぱり。いろいろ考えながら、割ってみると・・・(写真4,5,6枚目)
P6300153-1
P6300156-1


P6300157-1

 このナシ玉は明らかにコバエの発生が多かったです。コバエの幼虫のせいで、タマオシコガネの幼虫が死んだとは思えませんが、残存物の形状から死んだ幼虫を食べていた可能性はあります。ナシ玉内部の大きくくりぬかれたような食痕から、幼虫はかなり大きく育っていたようなので、よけいに残念です。なんで途中で死んでしまったのか、まだ納得できる原因を見つけることができていません。

今日はここまで。
また明日!