昨年の10月、何度か滋賀県に出かけて生きたヤマトエンマコガネを観察してきました。このあたりにはたくさん生息しているらしく、公園とか車道の脇とかのイヌ糞やタヌキの溜め糞からフツーに見つかりました。でも、奈良公園では見ることができなくなって久しい貴重な種類です。見つけた5匹を持ち帰り、悩んだ末にオス・メスの1ペアを標本に、3頭を飼育してました。11月に1頭を死なせてしまったので、残されたオス・メス1匹づつの飼育を続けています。11月末頃でも何度か姿を見かけたのですが、12月以降はさすがに気温が低いためかご無沙汰しています。ただ、12月に入れたシカ糞の塊や地表に新しい穴ができていたので、まだ生きている可能性が高いです。
PC310746-1
PA080494

 私の1世代前の糞虫好きの先輩方は「若草山で野グソを一発かませば、何十匹も飛んで来たもんだ」なんていうほど奈良公園にも生息していたようです。1950年代までの話のようですが・・・。なぜ、いなくなってしまったんでしょうね。記録では、ヒト糞やイヌ糞、タヌキ糞を好むようで、シカ糞はそれほど好みではないのかもしれません。ホントにシカ糞ではダメなのか?この単純な小さな謎を解くために、私がこの秋に往復2時間かけて5回滋賀まで車を走らせ、連れて帰ってきたヤマトエンマコガネ。かつての飼育実験で、シカ糞を拒んで全滅したセマダラマグソコガネとは違い、何となくうまく生きているような感じなので、春まで掘り返さずそっと置いておくことにします。もし奈良公園のシカ糞で繁殖できるようなら、奈良公園から姿を消した謎がさらに深まるわけで、全然問題解決しないんですが、まあ、それはそれで良しとしましょう。

今日はここまで。
また明日!