私、結構チャランポランな奴と思われることが多いのですが、意外に心配性で小学生の時にすでにこのままで地球環境は大丈夫なのだろうかと心配したり、中学生の時にこのままでは野生動物が滅びてしまうのが心配でWWF(世界自然保護基金)にお小遣いから寄付をしたり。今でも環境問題には関心があり、糞虫が幸せに暮らせる奈良公園の環境のために奮闘しています。子供の時は地球規模で考えていたことからすると、すっかり萎んでしまったのが残念ですが(苦笑)。
 子供はホントに可能性の塊だと思いますねー。コスタリカのバッグマンこと西田さんなんかも、小学校の低学年までが大切と言っておられました。なので、小学校から糞虫トーク&スライドショーの依頼があると、仕事の予定を変えてでも子供に糞虫の話をしに行っています。まあ、しょせん単なる糞虫好きのオジサンなので、子供たちにどれくらい伝わっているのかわかりませんが、糞虫の面白さを通して少しでも環境に関心を持ってくれればと、祈るような気持ちでネタを話してるんです。
 縁あって、昨年12月に済美小学校の2年生にお話してきました。最初はちゃんと座って話を聞いてくれるのかなぁと心配していましたが、座って話を聞くだけではなくちゃんと手を挙げて質問したり(結構鋭い質問もありました)するほどで、自分の2年生の時を考えると雲泥の差です。学級崩壊とか先生の話を聞かないとか巷ではよく聞きますが、そんなこととは無縁の学校でした。先生が事前に子供が興味を持つように下準備をしておいてくれていたにせよ、あっという間に楽しい40分が過ぎてしまいました。
P3290796-1
P3290802-1

 で、昨日、お世話してくれた先生が2冊の冊子を持ってきてくれました。『ふん虫かん 中村さんへ』と『ふん虫のひみつクイズ』。素晴らしい!ありがとう!!本当に糞虫館やってよかったです。みんな立派な糞虫好きになって、地球の環境を守ってほしい。切なる願いです。

今日はここまで。
週末に糞虫館で会いましょう!