前回、カドマルエンマコガネの幼虫が蛹室を作り、クリーム色の前蛹の状態でいる場面に遭遇しましたが、そろそろ蛹になって安定しているだろうという想定で、再度蛹室を取り出しました。前回は土からキレイに剥がれる感じでしたが、今回は当然ながら周囲と密着していないので、窪みからピンセットで取りだす感じです。前蛹は前回割った部分は全く修復がなされておらず(幼虫であればすぐに自分で修復します)、わずかに隙間が空いています。まだ真っ白な蛹かなー、飴色がかった蛹かなー、などとワクワクしながらそっと割れ目を広げて覗いてみると・・・!?(写真1、2枚目)
P7290073-1
P7290083-1

 えーっ!なにコレ。ウグイス色のビロードのような柔らかそうな質感。これ、カビですね、たぶん。前蛹のまま絶命し、わずか数日でこの状態になったようです。もしかしたら、前回観察した時、前蛹はピクリとも動かなかったので、すでに死んでいたのかも。飼育ノウハウの蓄積の無い私が幼虫や前蛹、蛹室をこの目で見れたことに感謝するしかありません。せめて少しでもデータを(写真3枚目)。
P7290105-1


 今、飼育室にはナガスネエンマコガネと思われる幼虫が2匹います。こいつらがなんとか無事に蛹、成虫になれるようにうまく育てたいと思います。しかし、具体的になにをどうすればよいのやら。とりあえず、見守ります(苦笑)。

今日はここまで。
週末に糞虫館で会いましょう!