実験のスタートが3/11なので、ちょうど10日を経過した3/21時点でどうなっているか、中間結果の発表です。容器は4つで、いずれもスタート時の糞の量は33gです。
①29.2g(通気穴有りの容器に糞と冬のマグソ18匹)(写真1枚目)
➁29.1g(通気穴有りの容器に糞のみ)(写真2枚目)
Ⓐ32.1g(通気穴無しの容器に糞と冬のマグソ18匹)(写真3枚目)
Ⓑ32.0g(通気穴無しの容器に糞のみ)(写真4枚目)
 現時点での結果から言えることは「タニタのデジタル秤は0.1gまでしか計れないので、冬のマグソが食べた量は測定不能」でした!! 通気穴のある①と➁は10日で4g近く軽くなりましたが、ほぼ密閉状態のⒶとⒷは1gほどしか軽くなっていないので、4つの容器のシカ糞の重量が減った理由は水分の蒸発ですね。ⒶとⒷの容器の内側にはいつも水滴がついていたので、その水分が通気穴がある容器では外へ出ていたと考えられます。
20210321_195411
20210321_195434
20210321_195453
20210321_195524


 不思議なのは、①やⒶのシカ糞は糞虫によって2~3割が粉砕されていたので、水分の蒸発が促されて➁やⒷよりも軽くなると思ったのですが、今日までに実施した5回の計測でも全く差が出ませんでした。容器に蓋に開けた小さな穴くらいではだめなのかな?
 マグソコガネの仲間は体重が軽くて、18匹合計でも0.1g未満(計測不能)でした。彼らが減べる量も水分の蒸発による重量変化の前にかすんでしまったようです。では、冬のマグソコガネたちは、奈良公園のシカ糞処理に役に立たないのでしょうか?長くなるので、今日はここまで。

週末、糞虫館で会いましょう!