ファーブル昆虫記(訳:奥本大三郎)を読むと、フランスの糞虫は栄養満点のヒツジの糞が大好きで、特に繁殖期には必需品のようです。日本の糞虫にとっては、どうなんでしょう? 体重はヒツジの方がシカの倍ほどありますが、どちらも4つの胃を持つウシ科の草食動物で、同じくらいの大きさの丸いコロコロした糞をします。シカ糞に集まる糞虫は、ニオイの違うイヌの糞や野生では生息しないウシの糞にもたくさん集まって来るので、ヒツジの糞にも糞虫はいるはずです。こんな風に想像して、分かったような顔をしてお話しするのは簡単です。が、実際に観察会で糞虫を見つけなければならない状況に置かれると話は別です。
line_55242174865041

 先月20日の日曜日、奈良市から東へ車で30分、山添村にあるフォレストパーク神野山めえめえ牧場(まきば)の依頼を受け、ヒツジのみ約50頭が放たれている牧場の付属施設「ヒツジの学校」で糞虫講座をやって(写真1枚目)、そのあとその牧場で糞虫を探すというイベントに行ってきました。奈良公園であればこの時期であれば100%ルリセンチコガネと引き合わせる自信がありますが、2回しか行ったことのないアウェーで、しかもなじみのないヒツジの糞で、連日雨で前日も夜まで大雨という、かなり緊張を強いられる状況でのイベント開催になりました。牧場の管理人さんが何度か目撃していて証拠の死骸も確認できているので、ルリセンチコガネがいる事は間違いないのですが、1時間の観察時間内に参加者の誰かに見つけてもらえるとは限りません。
line_55223797548694
line_55191709653342

 たくさんの親子連れや虫好きの方が集まるイベントでなければ、普段来ない場所での観察だし、ヒツジの糞なので(写真2枚目)、奈良公園では見られない珍しい種類の糞虫が見つかるのではないかとワクワクしながら楽しく糞をほじくるのですが、この日はマジでルリセンチコガネを探しましたよ(写真3枚目)。
 見つかったルリセンチコガネの数はともかく、参加していただいた方には大変喜んでいただき、満足されていたと聞いています。「好評だったので8月にぜひもう一度」という噂も耳にしますが、真夏の牧場でルリセンチコガネを探すのは、このブログを見ている方にはご理解いただけると思いますが、さらにハードルが上がりますよね。でも、身近なところにもルリセンチコガネがいる事を知ってもらえて、多少なりとも糞虫に関心を持ってもらえたので、ホントやってよかったと思っています。

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!
『たくましくて美しい糞虫図鑑』(著:フン虫王子)は創元社から7/16発売です!
『フン虫に夢中』(くもん出版)も好評発売中 ‼