糞虫館がオープンして間もない頃、天王寺動物園で「Phoo! Phoo! Phoo! うんち展」があって、その時に展示されたアフリカのフンコロガシをいただいて糞虫館で展示したことがあります。イメージ通りに真ん丸の糞玉を作って転がす様子が面白くて何時間でも見てました。それくらい楽しかったです。
 今回は、宝塚の爬虫類専門店でフンコロガシを販売しているとの情報をキャッチし、買ってきました。「Scarabaeus sacer」の名前でエジプト便で日本に送られて来たそうです。スカラベの仲間は似たような姿形の種が多いですが、確かにスカラベ サクレっぽく見えます。お店では爬虫類の餌にするシルクワーム(カイコ)の餌として桑の葉をペースト状にすり潰したものを真空パックで販売しているのですが、これをフンコロガシに与えているそうです。見た目は色も柔らかさもウンコですが、ニオイが桑の葉の香りなので見なければ気になりません。1本買って与えたところ、粘り気がほとんどないので、糞玉を作る時は細かい仕上げの時にぽろぽろこぼれてちょっと作りにくそうでしたが、普通に食べてちゃんと糞玉を作って転がして埋めました(写真1枚目)。スグレモノです。ウサギの餌(ペレット)をふやかしてフンコロガシを飼っている人もいるようですが、いずれにしてもたぶん産卵まではすると思いますが、幼虫がちゃんと育つのか気になるところです。 
P7100023
 
 ならまち糞虫館ではもちろん新鮮なシカ糞を与えますが、前回は糞に混在するダニが糞玉の中の幼虫に多数取りついて途中で死んでしまいました。なので、糞に熱湯をかけてダニを殺してから与えるようにしています。不完全ではありますがそれなりに効果がある事を期待しています。今回7匹(@3,500円)購入しましたが、その日のうちにプラケース内で交尾をした(写真2枚目)ので少なくとも2ペアはいる事が確認できました。うまく繁殖させることができればいいのですが・・・
P7100012

 今週末は東京でフン虫話&標本作りのイベントがあるので私がいないためお見せできませんが、一応90㎝×45㎝水槽はセットしました。これからどうなるのか、楽しみですねー。

今日はここまで。
今週末は神保町で会いましょう!まだ空席あります(涙)。