シイタケやエノキほどメジャーではありませんが、スーパーではシメジやマイタケなどと同様に1パック2本入りで98円で売られている、やけにぶっとい柄が目立つキノコといえばおわかりでしょう。これがシイタケやエノキのようににょきにょき生えてきたらスゴイと思ってましたが、下の写真(H28.3.7)のとおり、あっさり立派なのが2本採れて幸先の良いスタート。根元にある子キノコが次々に大きくなってくるように思われ、期待してたのですが・・・
IMG_20160307_212438-1
結論から言うと、傘のある小さなキノコは大きくなりません。考えてみれば、我々が目にする傘の開いたキノコは胞子を作るところで、植物では花(種を作るところ)に相当しますので、いくら水をやっても咲いた花がそれ以上大きくならないのと同様に開いたキノコは大きくならいと考えれば理解できます。実際、一週間ほど期待しながら霧吹きで水をやってましたが、結局は下の写真(H28.3.15)のとおり徐々にしぼんできて、全く大きくなりませんでした。子キノコではなく、小キノコなんですね。
IMG_20160315_211237
これで終われば、「エリンギは自分で育てるよりスーパーで買ったほうがいいです。以上」となるのですが、実はこのあと、エリンギの恐るべき正体が明らかになったのです。
(つづく)