キノコ自慢をもうひとつ。
IMG_20160610_125033

 キノコ斡旋の元締めからは、キクラゲの他にナメコも育てるのが難しいと言われていました。理由は、シイタケやエノキダケに比べて低い温度が必要だから。購入したのが2月中旬でしたからギリギリいけるのでは、と楽観視してましたがシイタケやエノキダケが次々と傘(子実体)を形成する中、ナメコには全く動きなし。危機感を抱きベランダに出してようやく生えて来たのがコレ(H28.3.2)。
IMG_20160609_224412

 この時既にシイタケ、エノキタケ、ヒラタケなどはすごい勢いで成長していたので「やっぱ、ナメコは難しいな。」と納得して、ビニール袋で蓋をしてしばらく放置。3週間後、開けてびっくり!
IMG_20160609_223031

IMG_20160609_223607

 茶色いヘドロを被ったように見えるのは、ナメコのベトベトした粘液に胞子が降り積もったためです。シイタケもエノキタケもエリンギも、大抵白っぽい胞子で積もると雪のように見えますが、ナメコは違いました。ババ茶色です。しかも、かなり巨大化します。ネバネバで包まれた丸っこくてかわいらしいのは若い時だけなんですね。
IMG_20160609_223338

 世の中には、知らなくていいことがたくさんあるということです。
 見かけはイマイチですが、胞子まぶれのナメコもそのまま全部いただきました。もちろんお腹は大丈夫でしたよ。
IMG_20160609_222719