むしむしブログ

カテゴリ: 糞虫昆虫館設立計画

 1990年にできた伊丹市昆虫館は、チョウが飛び交うドーム型大温室で有名な昆虫館です。昆陽池の近くなので、水鳥の観察と一緒に楽しむことができる、恵まれた環境にあります。そんな伊丹市昆虫館の友の会の24名の方が、先週末ならまち糞虫館にお越しになり、僭越ながらスライド&トークをさせていただきました。自然が好きな一般のシニアの方からの質問でさえ対応に四苦八苦している私ですが、今回は「昆虫館友の会」の方なので不安が大きかったのですが、先導役の学芸員の方をはじめ皆さんとってもフレンドリーな方ばかりで、しかも熱心に聞いてくださったのでとてもうれしかったです。少し熱が入りすぎて、時間をオーバーしてしまいました。ごめんなさいね。
 ネットで「昆虫館」を調べると、いっぱい出てきますねー。奈良県は橿原市昆虫館。ならまち糞虫館を発展させて、奈良市糞虫館ぐらいにはしたいですね。因みに、伊丹市昆虫館の広さは、ならまち糞虫館の50倍!まあ、比較すること自体、意味無いですね。でもねー、豊かな自然をずーっと大切にしてきた奈良だからこそ、その素晴らしさを次世代に伝える施設があって欲しいのです。誰かならまち糞虫館を一緒に奈良市昆虫館へと発展させたい人、いませんか?

字ばっかりで、長くなってしまいました。
また明日!

 奈良公園は多様な環境が1000年以上もの間保たれており、神鹿としてシカが保護されてきたため、多種多様な糞虫達が生息しています。まさに糞虫の聖地。奈良の学校では、特色のある「環境に優しい」糞虫を学習に取り入れるケースが散見されるようになりました。そのパイオニアは言うまでもなく奈良女子大学附属小学校で、これまで糞虫館の見学会、チラシの製作と配布、自主糞虫野外観察会、糞虫館の館長インタビュー会などをやってきました。そして今回は遂に糞虫新聞の製作と配布(写真1,2)を敢行。
IMG_20190209_185415
IMG_20190209_185602

 「糞虫館に行こう!」のチラシ配布の時は近鉄奈良駅で行き交う人に手渡しましたが、この新聞は2/8,9の学習研究発表会(全国からヤル気のある先生が集まるらしい)に参加する先生方に制作した子どもたち自らが校門で手渡ししたとのこと。多い子は100枚以上配ったとのことで、脱帽です。(写真3)
IMG_20190209_184940

 このプロジェクトを指導した先生は、昨日の発表会で糞虫を通した学習研究を1時間にわたり発表しているので、全国の小学校で参考にしてもらえたらなぁと思っています。

今日はここまで。
また明日!

20190204ABCTVおはよう朝日土曜日ですIMG_20190204_105510-1
 今週末、奈良公園では奈良瑠璃絵が催されます。冬の澄み切った冷たい空気の中に白や青の光が浮かび上がって、闇と光の幻想的な風景が広がります。「ルリ」つながりということなのか2/9(土)の「おはよう朝日 土曜日です」(ABCテレビ6:30~8:00関西エリア)で、ルリセンチコガネとならまち糞虫館が紹介されます!見どころは、「土日どーする」というコーナー(7:30頃)に出てくるイケメンレポーターのジェイス君とメチャ可愛い小椋ちゃん。もう、ほとんどアイドル並みです。例えるなら、ゴホンダイコクコガネヒメコマグソコガネかな。あ、もちろんそのコーナーで糞虫が紹介されます。
20190204ABCTVおはよう朝日土曜日ですIMG_20190204_105540-1
20190204ABCTVおはよう朝日土曜日ですIMG_20190204_101904-1

 たぶん番組でオオセンチコガネの緑→赤緑→緑赤→赤のグラデーション標本の映像が流れると思いますが、これはコガネムシ研究会の若きエース、日本糞虫界のダイヤの原石である中谷(高三)君が展示用に糞虫館に貸してくれているもの。これは糞虫館の展示物の中でも大人気で、オオセンチコガネの美しさを楽しみながら地域による色彩変異を実感してもらう、大変有意義な標本展示になっていると思っています。中谷君、ありがとね。

今日はここまで。
また明日!

 「日経」というのは、言わずと知れたあの日本経済新聞のこと。私がまだ若かった頃は、みんな毎朝満員電車に揺られながら吊革にぶら下がって、日経新聞を半分に折って幅20cm位にして読んでました。今ではスマホになってますけどね。日本の経済を語るならまず日経って感じで、会社に行くと電車で読んだ日経の記事の見出しが挨拶代わりだし、取引先では「今日のニッケイにでてましたね!」がお決まりのフレーズ。「ビジネスマンには日経新聞」と思い込んでいる私にとって、今一番縁遠い新聞だったのですが、先月25日にとうとう掲載されました。(写真1枚目)
IMG_20190204_033007
〔ニュースな科学〕27面にある「探訪サイエンス」という欄で、電話インタビューでいろいろ取り留めもなくお話しした内容を簡潔にまとめてくださいました。ただ「糞虫収集を趣味にしている男性が・・・」という部分は、糞虫好きを標榜している私としてはやや違和感のある表現なんですが、まあ外から見たらそういうことなのかなー。
 これまでの5大紙掲載のおかげで、おそらく延べ数千万人以上の方に「ならまち糞虫館」の存在を知っていただけたに違いありません。なのに来場者数は毎回20~30人しかいないのは、なぜだろう?

今日はここまで。
再見!
 

本日(実際は明日ですが)深夜1時10分頃からMBS毎日放送ラジオ1179kHzで「福島のぶひろの、どうぞお構いなく」という番組でアナウンサーの福島さんと糞虫の話をします。30分間くらい糞虫について語りますので、もしこんな夜中まで起きている人がいたら、聴いてみてください。ムリに起きてわざわざ聴くような内容ではないことは間違いないです、ハイ。
緊急速報でした。

このページのトップヘ