むしむしブログ

カテゴリ: 奈良の糞虫

 奈良公園のシカ糞では、本当にいろいろな糞虫を見ることができます。イヌ糞好き(と私は思っている)のコブマルエンマコガネやチビコエンマコガネだって、ふつうに見ることができます。一方で、奈良公園にいるんだけどもシカ糞には来ない種類もいます。よっぽど嫌いなんでしょうね。その代表がセマダラマグソコガネ。こいつは奈良公園に隣接する道路脇に放置されたイヌ糞で冬になるとふつうに見つけることができます(写真1枚目)が、シカ糞では見つかりません。今まで奈良公園で何万個もシカ糞をほじくってきた私が言うのですから間違いないです。昨年、初めてシカ糞の下からセマダラマグソコガネを発見して驚き、念のためその個体は証拠として標本にしたくらいです。で、今度は初めてイノシシの糞の下から見つかりました(写真2枚目)。糞に潜り込んでいなかったし、食痕もなかったので、食べたとは言い切れませんが、イノシシ糞に誘引されたことは確かでしょう。飛んできたけどもうかなり硬くなっていて潜り込めなかったのかもしれません。
P2240908-1

P2240836-1
 最近はイヌを飼う人のマナー向上に伴い、道端のイヌ糞も少なくなりました。その昔、奈良公園付近の街道沿いで荷役用牛馬の糞で暮らしていたオオフタホシマグソコガネやツノコガネが牛馬と共に姿を消したように、セマダラマグソコガネを見かけなくなる日が来るかもしれません。好き嫌いを言わずに、イノシシ糞やシカ糞を食べてくれたらいいんですけど。『日本産コガネムシ上科図説(第1巻 食糞群)』によると、セマダラマグソコガネは日本中に広く生息しているごく一般的な種類で「イヌ糞で見つかることが多く、ヒト、ネコ、タヌキ、サル、ウシ等の糞にも集まる。」と書いてありました。日本の自然界に最も多く存在するシカ糞やイノシシ糞を食べないのに日本中でたくさん見られるなんて、不思議だと思いませんか?

今日はここまで。
週末、糞虫館で会いましょう!

 『月刊むし』の「今月の虫」のコーナーで標本にまつわることをエッセー風に書いたのですが、それに感動(?)したあの河原氏が素敵なプレゼントを持って、ならまち糞虫館に来てくださいました。「あの河原氏」でピン!ときた人は相当の糞虫ファンですね。そうです、あのむし社「糞虫本3部作」(糞虫館でも定価で好評販売中!)すべてに深くかかわった河原正和氏です(『日本産コガネムシ上科図説』の著者の一人でもあります)。そのプレゼントがこれ(写真1枚目)。
P2230808-1

 さすがに年代を感じさせますが、まぎれもなく1947年10月9日にウエズミ氏によって採集された奈良公園(奈良・春日山)のヤマトエンマコガネ(Onthophagus japonicus)です。この標本はその後、日本糞虫界の重鎮で日本列島糞虫記などでも有名な塚本珪一先生の手に渡り、さらに糞虫界を牽引するコガネムシ研究会の河原氏のもとで保管されていたものなのです(写真2枚目)。
P2230802-1

 ならまち糞虫館はオープンしてまだ1年半ですが、何とかあと27年間維持して、このヤマトエンマコガネの100歳のお誕生日を祝ってやりたいと思います。その頃は奈良公園の糞虫達はどうなっているでしょう?ヤマトエンマコガネが復活しているかも!? 少なくとも、ヤマトエンマコガネや最近のクロツブマグソコガネのように「昔はたくさんいたんだけどなー」とならないことを祈らずにはいられません。いや、祈るだけではダメですね。行動せねば。

今日はここまで。
週末に糞虫館で会いましょう!
 

 1977年から糞虫に興味を持ち、今日に至ってますが、昨日初めて生きたマルツヤマグソコガネ(Aphodius troitzkyi)を発見しました。奈良県中部の高原にある牧場の牛糞から、カドマルエンマコガネやマエカドコエンマコガネとともに、1匹だけですが採集することができました。「日本産コガネムシ上科図説」(監修:コガネムシ研究会)でも産地は比較的局所的とされ、★★★★の希種に位置付けられています。春に林内のシカ糞で見つかった記録が多い(三木氏1998年)ようなので、残暑厳しい8月下旬の日が照りつける牧場の草地の牛糞で見つかったという事実は、記録に値すると思われます。
IMG_20180829_233400

IMG_20180829_233758

 それにしても、丸っこい体型と大きな小盾板という2つの目立った特徴のある本種、見つけた瞬間に「これだ!」と確信しましたね。奈良公園のシカ糞にも生息しているようですが、少し山の中に行かないと出会えないのかもしれません。

今日はここまで。
また明日!

 奈良県宇陀市にある友人の山荘に学生時代の仲間と泊まりに行ったのですが、ベランダにオオセンチコガネの死骸が5、6匹ころがってました。去年羽化した個体らしく、両手の棘も丸く削れ身体の光沢も鈍く、すべての事をやりきった感が感じられます(写真1枚目)。
 
IMG_20180818_230527

 生きたセンチコガネも1匹みつけました。その日、シカの親子やイノシシの親子とも遭遇しており、これらの糞が豊富にあるのでしょう。町からそう遠くないところに大型野生動物がいるもんなんですね。

今日はこれにて。
またねー!

 言うまでもないことですが、私はウンコが好きなわけではなく、虫が好きで、その虫がウンコが好きなだけなんです。しかし、チョウを調べる人が幼虫の食草などを知るために植物のことを知りたいと思うように、糞虫を調べる私は糞のことを知りたいと常々思ってました。で、先日5/14の朝日新聞の広告で見つけたのがコレ(写真1枚目)。遂に出たか!という感じです、日本図書センターの『うんこ図鑑』(監修:荒俣 宏)。発売1週間で3万部突破だそうです。まだ読んでないのですが、糞のネタがいっぱいで糞虫セミナーでも最初の「つかみ」の話題として大いに使えるのではないかと思ってマス。
IMG_6990-1

 マジで注目したいのは、「奈良公園は、フンコロガシで年間100億円の節約!」という見出し。シカの糞は年間300t以上!というところまでは私もすでにあちこちで紹介してきた数字とほぼ同じですが、「100億円」の算出根拠は気になります。奈良公園の面積は、若草山や花山、三笠山、社寺境内まで含めたMAXで660haと広大ですから、糞虫並みに糞を排除するために1000人必要と仮定します。すると、時給1000円で一日8時間、毎日1000人が1年間奈良公園で糞を拾ったとしても30億円弱です(1年間1,000円/時☓8時間/日☓365日☓1000人)。たぶん、集めた糞の運送費、焼却処理費、その人件費、設備費なども含めて考えているのでしょう。でも、芝生の手入れにかかる人件費まで含めているみたい(日本図書センターwww.nihontosho.co.jpより抜粋した下の説明文参照)だけど、それはどうかなー?でも、言いたいことはよくわかりますよ。よく読んで、ぜひ参考にさせていただきたいと思っています。

今日はここまで。
再見!


このページのトップヘ