むしむしブログ

カテゴリ: マグソコガネ

 この一か月間で5回滋賀県に糞虫観察に行き、念願のヤマトエンマコガネに会えたのですが、実はもう一つビッグニュースがあります。なんと、シカ糞からマルツヤマグソコガネを1匹見つけました!何百粒というシカ糞を見ても、シカ糞からはヤマトエンマコガネは1匹も見つからなかったのですが、4回目の10/16に見た新鮮なシカ糞にマルツヤマグソコガネが身体を半分突っ込んでいたのです。この丸っこさ、もうサイコ-にカワイイですよね!(写真1枚目)
PA170595-1

 昨年8月に奈良県の宇陀郡で牧場の牛糞から1匹見つけているので、これで2度目。『日本産コガネムシ上科図説』(監修:コガネムシ研究会)によると「広域分布種であるが産地は比較的局所的。春季に個体数を増す」とあり、発生時期が4~10月になっているので、ちょっと貴重な記録かも。
 奈良では、1965年頃は奈良公園の山間部でも観察できたという話があるようですし、『奈良春日山原始林と周辺のコガネムシ』(1998年三木氏ほか)によると、日陰のシカ糞に4~6月に成虫が見られるとのこと。もちろん私は、奈良公園で一度もマルツヤマグソコガネを見たことはないのですが、いるかもしれない、と妄想するだけで楽しくなってきます。

 1950年代の奈良公園には、ヤマトエンマコガネが普通に生息していたらしいです。ヒトの糞を好むらしく、当時は何十匹も飛来したとの記録もあります。春日山や若草山の観光客の野グソ(当時は公衆トイレ事情がよくなかった)を食べて暮らしていたのかもしれません。しかし、少なくとも私が奈良公園に通い始めた1977年頃には、奈良公園一帯ではほぼ見られなくなっていたのではないでしょうか。
 一般に糞虫は、あまり糞の種類を選り好みをせず、いろいろな動物の糞を食べることが多いようです。まあ、セマダラマグソコガネのようにイヌ糞が大好きで、奈良公園の有り余るシカ糞には目もくれない奴もいるのですが、コブマルエンマコガネやチビコエンマコガネのようにイヌ糞が好きなんだけれど無ければシカ糞でもOK!というのが普通です。もしかしたら、ヤマトエンマコガネはヒトの野グソの味がいつまでも忘れられず、シカ糞を拒み続けた結果、奈良公園から姿を消したのかもしれません。
PA170659-1
PA180816-1

 この1ヶ月間に滋賀に5回行って観察できたヤマトエンマコガネは、タヌキの溜め糞で2匹、イヌ糞で2匹、ドロドロに腐ったでキノコ1匹。でも一番観察機会の多かったシカ糞では1匹も見つけられませんでした。確かにシカ糞のニオイは上品で、他の強烈なニオイに比べれば吸引力が劣っていても仕方ない気がします。でも、他に食べるものがなければ食べるのではないか。で、貴重なヤマトエンマコガネを持ち帰り(写真1枚目♂、2枚目♀)、奈良公園のシカ糞で飼育することにしました。初めて採集したので標本にしようか迷ったんですが、長期間シカ糞で飼育できるか否かで奈良公園からヤマトエンマコガネが姿を消した大きな要因の一つがわかるかもしれないと思うと、やっぱ試してみるしかないでしょ。楽しみです。ちなみに、私はセマダラマグソコガネ10匹を同様にシカ糞で飼育し全滅させた前科があります。

今日はここまで。
また明日!

 P5200096
 5/25/15に採集した10匹のヒメコマグソコガネ(Aphodius botulus)を直径10cm、高さ4cmの透明プラカップに土を2cmほど入れて飼ってます(写真1枚目)。ちょっと水をやり過ぎて過湿状態ですが、虫の動きは上々です。交尾行動はまだこの目では確認できていませんが、ほとんどの個体が粒糞の下や隙間に潜んでいるので、オス・メスが出会う機会は多そうです(写真2枚目)。
 P5200106-1
 
 今日、糞の状態を観察したのですが、粒糞の中にまで喰い進んだものは13粒中2粒だけで、あとは表面を削り取るような食痕しかありませんでした。野外でも糞の中より多くの個体を糞の下から見つけているので、そういう習性があるのかもしれませんが、柔らかい新鮮な糞であれば普通に潜り込むような気がします。
 P5200144-1
 P5200143-1

 で、糞の内部まで潜り込んだ後のある粒糞を注意深く観察すると、なんと、奥の方に微妙に色付いた楕円形の卵(写真3枚目)が見つかりました! ヒメコマグソコガネはネグロマグソコガネよりさらに一回り小さいこともあり、これが本当にヒメコマグソコガネの卵であれば一度に2個産むのが限界のような気がします。写っている針は、志賀の0号無頭針です(写真4枚目)。
 この飼育容器には、ヒメコマグソコガネ以外には昆虫はおらず、ヒメコマグソコガネが喰い進んだ穴の奥の方に産みつけられている状況から、ヒメコマグソコガネの卵ではないかと推測しているのですが、以前観察したネグロマグソコガネの卵と思われるものとはかなり形も色も違っているので、まったく自信がありません。今後複数の同じ卵が見つかれば、ヒメコマグソコガネの卵である可能性は高まると思うので、がんばって探してみます。

今日はここまで。
また明日。

 2週間前の5/2にヒメコマグソコガネの生息地として有名な若草山で、5つの糞から8匹のヒメコマグソコガネを確認しましたが、その後、若草山以外にも生息しているはずと、近隣の草地や大文字山のシカ糞を調べたものの発見できずにいました。昨日は若草山の周辺なら可能性が高いと思い探しましたが、やはり見つからず、最後は足が自然に若草山での前回観察できた場所に向かったという次第です。
P5150053-1
P5150044-1
P5150063-1

 結果は、今回も6ヵ所の糞から8匹のヒメコマグソコガネを見つけることができました。でもねー、若草山にしかいないなんて信じられないし、そんなことはないと思うので引き続き調査します。前回と今回の調査では、かなり乾いて固くなった(古いわけではない)粒糞の下の僅かに湿り気の残るところから多く発見されています。特に今回は、ピンセットで簡単にほぐせるような柔らかい糞塊が無かったのですが、8匹とも粒糞が多数土に接しているため若干湿気の残る地表部分から見つかりました(写真1,2,3枚目)。そしていつも1匹か2匹。この小さなマグソコガネの力では表面が乾いて固くなった粒糞の中に潜り込めないので、仕方なく糞の下に潜んでいたのでしょうか?このあと、どうするつもりだったのでしょうか?謎は深まるばかりです。なので、しばらく家で飼って観察することにしました。何かわかったら報告いたします。

今日はここまで。
また明日!

 今年もまたGWがやって来ました。昨年もこの時期、私は幻のヒメコマグソコガネを探して、若草山の糞という糞を見て歩き回りました。ヒメコエンマコガネは見つかりましたが、遂にヒメコマグソコガネには出会うことはありませんでした。
 しかし、今年は大先輩方からの情報や同好者からの励ましを受け、昨年見つけることができなかったクロツブマグソコガネには40年ぶりの再会を果たしています。先週は、ならまち糞虫館にやって来たタマオシコガネが到着早々糞玉を作って転がす等、運気は上り調子、満を持しての若草山探索でした。
P5020009-1

 ところが、調子が良すぎて若草山に行くまでに、クロツブマグソコガネ、ゴホンダイコクコガネ、コツヤマグソコガネ、ルリセンチコガネの糞運び等、見どころ満載で、山の麓についたのが午後4時。しかも観光客がいっぱいで、とてもじゃないけど地面に這いつくばって探せる状況ではありません。人目を避けて林に入り、クロツブマグソコガネを探しつつ山頂を目指しました。登山道に出て、山頂近くの急斜面では、しゃがむだけでシカ糞と目の距離が10cmになるのですが、すると、なんと、見えたのです!めっちゃ小さなマグソコガネが(写真1枚目)。チャグロマグソコガネと見分けられるかなーと思ってましたが、一目でピピッと来ました。まあ、あんな日当たりのよい芝地にはチャグロマグソは出てきませんし、ルーペで見ても肩歯が見られず(写真2枚目)、体型も少し違います。後胸腹板にはたくさんの点刻が見えている(写真3枚目)のでコマグソコガネとも違います。
P5020081-1
P5020074-1

 1時間弱で、周辺の4か所のシカ糞から8匹のヒメコマグソコガネを見つけました。日没近くなったので止めましたが、このときは何かに憑りつかれたかのように、探せばいくらでも見つけられるような気がしましたね。見つけるコツは、そろりと糞を裏返し、地面も含めよーく観察すること、これにつきます。とにかく小さいです。しかも汚れが付きやすく、他のマグソコガネの仲間に比べて糞や土と見分けにくい気がします。

 『日本産コガネムシ上科図説』(監修:コガネムシ研究会)では★4つの稀種となっており、次回若草山でまた見つけられるかどうか自信はありませんが、生息することをこの目で確かめることができて本当に幸せです。見つけるコツがわかったので、今度は若草山以外で見つけてみたいと思います。

今日はここまで。
また明日!

 

このページのトップヘ