むしむしブログ

カテゴリ: マグソコガネ

 この3連休は、初日の土曜日は一時激しい雨が降ったものの、2日目の天皇誕生日も3日目の代休も快晴。風もなく気温も12℃を超えていたようで、奈良公園の梅林は満開でした。冬の糞虫といっても寒いのが好きかというとそんな感じはなくて、冬の暖かい日の方が活発に活動するようなので、いろんな種類に会えるに違いないと、かなり期待して行ってきました。
P2240817-1

 昼前頃に春日大社の大鳥居あたりから参道に沿って観察を開始、バス通りを越えて広い芝生が広がる飛火野の端まで行ってもほとんど糞虫を見つけられず、ちょっと焦りました。まあ、チャグロマグソコガネやミゾムネマグソコガネはしっとりとした森の中が好きなので気になりませんが、マグソコガネやネグロマグソコガネ(写真1枚目)も全然見つけられなかったのですよ。糞虫館に来る方には「冬でも数種類の糞虫がいろんな場所で活動しています」と言っている手前、いませんでした、では済まされませんからね。結局、這いつくばるように地面に顔を近づけてよーく探すと、小さな冬の糞虫達を見つけることができました。本当に小さいです。私の視力が落ちたのかもしれません。この日に確認できたのは、マグソコガネ1、ネグロマグソコガネ7、チャグロマグソコガネ10+、ミゾムネマグソコガネ10+、セマダラマグソコガネ7、オビモンマグソコガネ1、クロツツマグソコガネ1でした。
P2240883

 チャグロ、ミゾムネとも、湿り気のある森の中のしっとりした新しいイノシシの糞にたくさん来ていた(写真2枚目)のを観察できてよかったです。イノシシの糞は、地面が乾燥しているとすぐにカチカチに硬くなりますが、森の中の湿り気が多い場所だと表面が柔らかいままみずみずしさが保たれ、小型で非力な冬の糞虫でも潜り込めるようです。奈良公園でもイノシシの糞を見かけることが多くなっていますが、その多くに糞虫は来ていません。泥が多く含まれていてマズいせいだと思ってましたが、味よりも硬さが問題なのかもしれません。

今日はここまで。
続きは週末に糞虫館で!
 

 先週土曜日、見覚えのある顔がならまち糞虫館にやって来ました。娘さんが糞虫好きで、父親も虫好きという、理想の親子。しかし、奈良公園に3度行っても冬のマグソコガネの仲間が全然採集できないとのこと。プラケースいっぱいのシカ糞を糞虫館まで持ってきて「こんなに見たんですけど、いないんですぅ」。 結構いい感じのシカ糞だったので、一匹ぐらいいるだろうと思ってケースの糞を探ること10分。ホントにいませんでいた。
 P1120788-1
 P1120791-1
 翌日の午前中、この時期にネグロマグソコガネ(写真1,2枚目)やチャグロマグソコガネあたりがいないわけないやろー、なんて言いながら、ちょこっと奈良公園に行って見てきました。いました。普通に。冬に活動するマグソコガネの仲間は小型で、しかも糞にうじゃうじゃ入っているわけではないので、糞虫が糞に入り込んだ穴(写真3枚目)や食べカスを見つけて、そこをしっかり探すことがポイントかな。まだまだ春まではいますから、再度チャレンジしてみてくださいねー。
P1120736-1
 ちなみに、12月の終わり頃に来た九州の学生さんは、ネグロマグソコガネ、チャグロマグソコガネ、ミゾムネマグソコガネ、オビモンマグソコガネ、クロツツマグソコガネ、ヒメツツマグソコガネを見つけてました。真冬に3時間探しただけで6種類の糞虫に会えるなんて、奈良公園って本当に天国のようなところです。

今日はここまで。
また明日!

 この一か月間で5回滋賀県に糞虫観察に行き、念願のヤマトエンマコガネに会えたのですが、実はもう一つビッグニュースがあります。なんと、シカ糞からマルツヤマグソコガネを1匹見つけました!何百粒というシカ糞を見ても、シカ糞からはヤマトエンマコガネは1匹も見つからなかったのですが、4回目の10/16に見た新鮮なシカ糞にマルツヤマグソコガネが身体を半分突っ込んでいたのです。この丸っこさ、もうサイコ-にカワイイですよね!(写真1枚目)
PA170595-1

 昨年8月に奈良県の宇陀郡で牧場の牛糞から1匹見つけているので、これで2度目。『日本産コガネムシ上科図説』(監修:コガネムシ研究会)によると「広域分布種であるが産地は比較的局所的。春季に個体数を増す」とあり、発生時期が4~10月になっているので、ちょっと貴重な記録かも。
 奈良では、1965年頃は奈良公園の山間部でも観察できたという話があるようですし、『奈良春日山原始林と周辺のコガネムシ』(1998年三木氏ほか)によると、日陰のシカ糞に4~6月に成虫が見られるとのこと。もちろん私は、奈良公園で一度もマルツヤマグソコガネを見たことはないのですが、いるかもしれない、と妄想するだけで楽しくなってきます。

 1950年代の奈良公園には、ヤマトエンマコガネが普通に生息していたらしいです。ヒトの糞を好むらしく、当時は何十匹も飛来したとの記録もあります。春日山や若草山の観光客の野グソ(当時は公衆トイレ事情がよくなかった)を食べて暮らしていたのかもしれません。しかし、少なくとも私が奈良公園に通い始めた1977年頃には、奈良公園一帯ではほぼ見られなくなっていたのではないでしょうか。
 一般に糞虫は、あまり糞の種類を選り好みをせず、いろいろな動物の糞を食べることが多いようです。まあ、セマダラマグソコガネのようにイヌ糞が大好きで、奈良公園の有り余るシカ糞には目もくれない奴もいるのですが、コブマルエンマコガネやチビコエンマコガネのようにイヌ糞が好きなんだけれど無ければシカ糞でもOK!というのが普通です。もしかしたら、ヤマトエンマコガネはヒトの野グソの味がいつまでも忘れられず、シカ糞を拒み続けた結果、奈良公園から姿を消したのかもしれません。
PA170659-1
PA180816-1

 この1ヶ月間に滋賀に5回行って観察できたヤマトエンマコガネは、タヌキの溜め糞で2匹、イヌ糞で2匹、ドロドロに腐ったでキノコ1匹。でも一番観察機会の多かったシカ糞では1匹も見つけられませんでした。確かにシカ糞のニオイは上品で、他の強烈なニオイに比べれば吸引力が劣っていても仕方ない気がします。でも、他に食べるものがなければ食べるのではないか。で、貴重なヤマトエンマコガネを持ち帰り(写真1枚目♂、2枚目♀)、奈良公園のシカ糞で飼育することにしました。初めて採集したので標本にしようか迷ったんですが、長期間シカ糞で飼育できるか否かで奈良公園からヤマトエンマコガネが姿を消した大きな要因の一つがわかるかもしれないと思うと、やっぱ試してみるしかないでしょ。楽しみです。ちなみに、私はセマダラマグソコガネ10匹を同様にシカ糞で飼育し全滅させた前科があります。

今日はここまで。
また明日!

 P5200096
 5/25/15に採集した10匹のヒメコマグソコガネ(Aphodius botulus)を直径10cm、高さ4cmの透明プラカップに土を2cmほど入れて飼ってます(写真1枚目)。ちょっと水をやり過ぎて過湿状態ですが、虫の動きは上々です。交尾行動はまだこの目では確認できていませんが、ほとんどの個体が粒糞の下や隙間に潜んでいるので、オス・メスが出会う機会は多そうです(写真2枚目)。
 P5200106-1
 
 今日、糞の状態を観察したのですが、粒糞の中にまで喰い進んだものは13粒中2粒だけで、あとは表面を削り取るような食痕しかありませんでした。野外でも糞の中より多くの個体を糞の下から見つけているので、そういう習性があるのかもしれませんが、柔らかい新鮮な糞であれば普通に潜り込むような気がします。
 P5200144-1
 P5200143-1

 で、糞の内部まで潜り込んだ後のある粒糞を注意深く観察すると、なんと、奥の方に微妙に色付いた楕円形の卵(写真3枚目)が見つかりました! ヒメコマグソコガネはネグロマグソコガネよりさらに一回り小さいこともあり、これが本当にヒメコマグソコガネの卵であれば一度に2個産むのが限界のような気がします。写っている針は、志賀の0号無頭針です(写真4枚目)。
 この飼育容器には、ヒメコマグソコガネ以外には昆虫はおらず、ヒメコマグソコガネが喰い進んだ穴の奥の方に産みつけられている状況から、ヒメコマグソコガネの卵ではないかと推測しているのですが、以前観察したネグロマグソコガネの卵と思われるものとはかなり形も色も違っているので、まったく自信がありません。今後複数の同じ卵が見つかれば、ヒメコマグソコガネの卵である可能性は高まると思うので、がんばって探してみます。

今日はここまで。
また明日。

このページのトップヘ