むしむしブログ

カテゴリ: マグソコガネ

 この数十年で見かけなくなった糞虫として、クロツブマグソコガネ(写真1枚目)の名前がよく挙がります。糞虫観察の大先輩方は、クロツブマグソコガネなんか奈良公園にいくらでもいるはず、と言いますが、去年も結局1匹も見つけられなかったので、私的には「最近見られなくなった糞虫リスト」に入れていました。塚本珪一先生の『日本列島フン虫記』(2003年)にも「奈良公園の糞虫の中には理由不明で激減している種があることが不気味である。」という中でクロツブマグソコガネの名前を挙げてらっしゃいます。
P4140108-1

 しかし、先日クロツブマグソコガネを難なく見つけた方からコメントをいただき、またこの種独特の食性・習性をおさらいして、今日ダメもとで探してみるとあっさり見つかったのです!見つけたのは1ヵ所、5匹ですが、いまの私ならいくらでも見つけられるような気がしています。いやー、自分でいうのも何ですが、こういうのを一皮剥けたっていうんでしょうね。違うか・・・
P4140100-1
P4140099-1

 見つけ方は簡単。落葉が重なって地表が見えないようなところで、シカの通り道になっていそうなところ(落ち葉の下にシカ糞がありそうな所)で落ち葉を除けて埋もれて湿っている古いシカ糞を探し、食痕があればよく見る(写真2,3枚目)。ほんと、今まで大先輩方から耳にタコができる程聞いていた内容通りでした。普通に糞虫を探すときには全く注目しないほど古いシカ糞の粒の中に入ってました。一度騙されたと思って、落葉に埋もれた古いシカ糞を探してみてください。ひっそりと暮らすもっこりした愛嬌のある体型のクロツブマグソコガネに今なら会えるかもしれません。(写真4枚目)
P4140101-1

今日はここまで。
また明日!
  

 一昨日、ネグロマグソコガネの卵とその幼虫を見つけました! 幼虫というよりは赤ん坊といったほうがしっくりくるほど白くて弱々しく見えました。しかし、しっかりと自分の意思で移動できるようで、撮影中ずっと動きまわっていました。
 写真1枚目はネグロマグソコガネのものと思われる卵ですが、糞をピンセットで掘り返した時にばらけてしまいましたが、4つが一ヵ所にあったと思われます。(写真1枚目)
P4030267-1

 孵化して間もないネグロマグソコガネの幼虫。普通は茶~こげ茶色の頭部が透けるように白い。(写真2,3,4枚目)
P4010067-1
P4010232-1
P4010217-1

 孵化して数日でこの状態になると思われます。(写真5,6枚目)
P4010129-1
P4010029-1

奈良公園における冬の糞虫の代表格のネグロマグソコガネはいつ頃蛹になるのでしょうか?春にのみ出現するクロツヤマグソコガネのように2か月程で蛹化・羽化して成虫になり、そのままじっと動かずに春、夏、秋を地中で過ごして、次の冬まで出てこないのでしょうか? ネグロマグソコガネの幼虫はとても小さくて、なんとなく弱々しいのですが、なんとか無事に育ってほしいものです。

今日はここまで。
また明日!

 飼育を始めて1年を経過したクロツヤマグソコガネ。残念ながら卵は観察できませんでしたが、交尾、幼虫、前蛹、蛹に至る様子を観察してこのブログにも載せてきました。焦点は、6月に既に蛹から羽化していた成虫が翌年の春まで10ヶ月もの長い期間どのように過ごすのか?でした。途中で掘り出して観察すると、辛うじて体を動かすものの殆ど仮死状態のようでした。夏を過ぎて春と同じ気温になっても変化は見られず。冬の寒い時も同じで電池の切れかけたオモチャのようにゆっくりとうごめくだけでした。
 3月下旬、奈良公園でマグソコガネに混じってクロツヤマグソコガネが見られるようになったので、我が家のF1のクロツヤマグソコガネを掘り出すと、めっちゃ元気。10ヶ月もの間、仮死状態を続けていたとは思えないほど元気に動き回ります。いやー、なんと言いましょうか、スゴイ達成感です。だって、日本の1億2千万人のうちで、クロツヤマグソコガネを一年を通してその生態を観察する事ができた人なんて100人もいないでしょう。幸せです。
また、明日!

2月にセマダラマグソコガネやネグロマグソコガネ等の冬の糞虫を一緒に飼育していた糞塊(といっても完全に粉々の状態ですが)から、またまた卵が見つかりました。全部で9個あったのですが、少なくともその内の4個は1ヶ所にまとまって産卵されていました。2月に見つけた卵と同じ状況です。さらに、小さな幼虫も5匹見つかりました。孵化直後と思われる極小の頭がまだ白いような幼虫もいました。現在この容器内はネグロマグソコガネがほとんどなので、これらの卵や幼虫はネグロマグソコガネと思われます。
写真はまた明日!

このページのトップヘ