むしむしブログ

カテゴリ: 地域活動

 奈良市の公民館は結構いろんな活動を企画していて、ならまち糞虫館にも講演会や糞虫観察会の依頼が増えました。その中でも飛鳥公民館は2019年に糞虫の講演会をした後、2020年9月には講演会と観察会の2回セットで『糞虫王子と謎解き! in 奈良公園』として開催。今年もコロナ対策を十分にとって10/3(日)と10/10(日)に開催(写真1枚目、2枚目)しました。西高東低の気圧配置で朝方冷え込んだ影響か前半の芝地での糞虫探しでは糞虫があまり見つからずどうなる事かと思いましたが、後半林に入っての糞虫探しでは子供たちが次々にルリセンチコガネを見つけて歓声を上げてました。まあ、10月の上旬ですから見つからないわけはないのですが、「糞虫王子」としては後半林に入ってもなかなかルリセンチコガネが見つからないとホント気が気ではないです。
IMG_8624

IMG_1405-1

 今回はさらに残り時間10分というところでゴホンダイコクコガネの大型のオス1匹(写真3枚目)が見つかり、子供らは狂喜してました。少し土に潜っていたのを掘り出したのは私ですけどね(写真4枚目)。写真で見るあの5本の角をもつカッコイイ糞虫が目の前で見つかったという感動と経験は、今後の彼らの人生に大きな影響を与えるに違いありません。とまでは言いませんが、何人かの子供には心に残るいい思い出になったと思います。
P5130192ゴホンダイコク

IMG_1423

 ゴホンダイコクコガネは地下室で糞の玉を作って、その糞玉を親虫が守るという昆虫としては珍しい習性を持っていることは写真や動画などでも紹介されていますが、実際に一部始終を観察した人はどれくらいいるでしょう?カッコイイ糞虫を見つけると、だたそれだけで十分楽しいのですが、実はその先にもっと楽しいことがあるんですけどねー。ゴホンダイコクコガネを見て狂喜乱舞する子供たちを見ていると、まだそんな年寄りの教育的指導なんてものは役に立ちそうもないのは分かるのですが、どうしたら上手く伝えられるのか、いい方法があったら知りたいものです。

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!

 この「むしむしブログ」でもよく引用している糞虫好き必携の図鑑『日本産コガネムシ上科図説 第1巻 食糞群』(残念ながら『たくましくて美しい糞虫図鑑』ではない)や有限会社むし社から出ている空前絶後の糞虫3部作『日本のオオセンチコガネ』『日本のセンチコガネとその仲間』『日本のダイコクコガネの仲間』を作ったのは全部コガネムシ研究会の主要なメンバーさんなのです。日本の糞虫界を牽引していると言っても過言ではないコガネムシ研究会。今回はオンライン開催なので、老若男女誰でも無料で簡単に年に一度の大会に参加できます。もちろん、せっかくの機会ですから積極的に交流を深めてもいいですし、知らない人とお話しするのは苦手という人は各地域のメンバーの近況報告を視聴するだけでも楽しめます。普段、私は人と話しをするのが苦手なのですが、今回は奈良の糞虫関連の情報を10分間で報告するという大役を仰せつかっているので、もう今からガチガチに緊張しています。
P2230802-1

 コガネムシ研究会は、メンバーが全国に散らばっているので、会員同士であっても会う機会がほとんどないため、大抵お互い顔も名前も分からないです。なので、よほど有名は人以外は毎回お互い初めてお会いする感じです。ただ、決して内輪だけで盛り上がる近寄りがたい集団ではありません。糞虫やコガネムシに興味のある人であれば誰でも自然に話の輪に加わることができます。きっと世界が広がると思いますよ。
 大会の参加方法はコガネムシ研究会のHPにありますが、基本的に以下の通りです。

参加登録:大会への参加は会員・非会員とも無料ですが、10月22日(金)までに事前の参加登録をお願いします。
 参加登録は下記の項目を明記したメールを大会事務局宛(taikai@kogane.jp)にお送り下さい。
  1. 氏名(ふりがな): 会員/非会員
  2. 住所:〒
  3. 電話番号:
  4. メールアドレス:
  5. お楽しみプレゼント:希望する/希望しない
  6. 抽選会でお楽しみプレゼントに当った場合:名前を読み上げる/参加登録番号を読み上げる

 参加登録を受け付け次第、参加登録番号を記した確認メールをお送りします。

今日はここまで。
週末はコガネムシ研究会の大会で会いましょう!
皆様の参加をお待ちしています。

 コガネムシが好き、糞虫が大好き、そんな人ならみんな知ってるコガネムシ研究会。むし社から出版された空前絶後の”糞虫三部作”(オオセンチコガネセンチコガネダイコクコガネ)の執筆陣は、全員コガネムシ研究会のメンバーです。糞虫の同定に必須でこのブログでもよく引用している『日本産コガネムシ上科図説 第1巻 食糞群』(昆虫文献 六本脚)もコガネムシ研究会の監修です。一昨年(2019年)まで9年続いた奈良公園での100人規模の糞虫観察会(写真1枚目)を陰で支えていたのもコガネムシ研究会のメンバーさん達です。
hun_00003 (2)

 昨年はコロナ拡散防止の観点から、糞虫観察会も大会も開催されず、今年も5月の観察会は見送られました。しかし、せめて大会だけでもリモートでやろう!ということになったのでしょう、オンライン会議システムを使って開催されます。リモートなので、各地から持ち寄った標本や文献、昆虫採集道具などを譲っていただける懇親会はできないみたいですが、代わりにお楽しみ抽選会があるようです。今までは遠方で参加できなかった人も気軽に参加できるというメリットもあります。知らない人ばかりなのでちょっと参加しにくい、自分は初心者で誰と何を話したらいいかわからないし・・・、と感じていた人もリモートであれば何も気にせずに大会の雰囲気を味わうことができます。
 このブログを見ているということは、そこそこ虫好き、糞虫好きな人のはずですから、10/24(日)13:00からのコガネムシ研究会の大会のサイトに下記の「Web大会参加方法」の要領でぜひアクセスを! 私も大会で10分ほど糞虫に関係する奈良の地元情報をお話しする機会をいただいています。皆様と大会でお会いできるのを楽しみにしています。

 20211006_122015
 オンライン会議システムWebex Meetingを使っての初めての試みなので、慎重を期して10/17(日)に接続テストをやるようなのでご活用下さい。もちろん、会員・非会員を問わず、大会には無料で参加することができます。

今日はここまで。
今週末は糞虫館で会いましょう!
糞虫の入門書『たくましくて美しい糞虫図鑑』全国の書店で好評発売中!

 2年ほど前、当時の奈良女子大学附属小学校の3年生が「糞虫館を広めよう!プロジェクト」なる活動を展開し、子供たちが実際に配るチラシを作ったり、キャラクターを考えたり、新聞を発行したり、劇で糞虫館設立までの歩みを演じたりしたことがあります。子供たちが糞虫館のことをすごく気に入ってくれて、でも目立たない場所にあるし、お客さんもあまり来ないことを知って、何とかしてあげよう!というのが発端で、その後、先生がうまくリードして様々なユニークな活動がなされました。当時の新聞や劇の台本は今も展示していて、楽しい話のネタにさせてもらっています。
 今度はなんと1年生!発端はクラスの1人が捕まえたルリセンチコガネを学校に持って行ったところ「きれい!」「カワイイ♡」と評判になり、いまでは10人以上が糞虫を飼育しているという大変な状況になっているそうです。週末、親子で糞虫館を訪れてじっくり気が済むまで虫メガネで標本を観察したり、顕微鏡をのぞいたりしていて、私が応対に出ていく質問攻めにされてしまいます。とうとう先生から連絡があり特別に平日に糞虫館を開けて、トーク&スライドショーを開催することになりました。
20210718IMG_9497
IMG_9486

 その時の写真がこれ(写真1、2枚目)なのですが、みんな真剣そのもので、小さな科学者っていう感じでした。奈良女子大学附属中学・高校はSSH(スーパーサイエンスハイスクール)の指定校なので、もしかしたら世界に羽ばたく科学者がこの中から生まれるかもしれません。

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!
本日7/19の午後5時20分からラジオで会いましょう!(NHKラジオ第一「関西ラジオワイド」に糞虫館館長が出演します)。

 子どもの発想は自由で面白いですねーなんて、わかったような口をきいていた自分が恥ずかしい。本当に自由に、不思議に思ったこと、知りたいと思ったことに正面から取り組み、調べる。今回の実験・観察の顛末を顧みて、大人は(というか、私は)その結果を過去の経験と知識から決めつけてしまうからこんな面白い発見ができないんだなーと深く反省させられました。本件は、糞虫館の今年の10大ニュースであること間違いなしの快挙です。
20210704_144021アオスジアゲハの幼虫と蛹(葉はタブノキ))
20210704_143949アオスジアゲハの幼虫の糞

 数週間前、お母さんと一緒に糞虫館に来た子(小学1年生)から「糞虫は虫の糞を食べますか?」という質問を受けました。チョウの幼虫を飼育していて糞を沢山するので(写真1,2枚目)、その糞を食べないかなぁと思ったらしい。「一般に虫の糞はとても小さいしニオイもほとんどしないので、糞虫は虫の糞を食べ物だと思わないから食べないんじゃないかなー」等と子供向きの回答をしました。その子の表情がイマイチ納得してなかったので、「虫の糞をたくさん集めて水で練って大きな糞の塊にして与えれば、もしかしたら食べるかもしれないね」と付け足しました。でも、そんなもん食べへんやろーと思ってました(ゴメンね)。
20210704_143943アオスジアゲハの幼虫の練り糞
20210704_143936虫の糞を食べるルリセンチ

 そんな会話があったことさえ忘れかけていた先週末、再び糞虫館に現れたその子の口から「アオスジアゲハの幼虫の糞をたくさん集めて練って与えたらよく食べた」との報告が。まさかと思って、小学校1年生を相手に私が質問攻めにするのを見かねた母親が「本当なんです」と証拠写真を取り出して見せてくれました。食べる様子をビデオにも撮ったそうです。その子が言うには、牙をもぞもぞ動かして、オオセンチコガネの体より大きなアオスジアゲハの幼虫の練り糞を最後はほとんどなくなるほどよく食べた、つまりたまたまちょっと口を付けただけ、かじっただけ、ではないということ。ホント、恐れ入りました。
 最後は私もマジになって「今回たまたまメチャクチャお腹がすいていて、たまたま食べただけかも。もう一回、同じ実験をしてほしい。それから、もしかしたらたまたまこの個体が虫の糞が好きなだけかもしれないから、ほかのオオセンチコガネもアオスジアゲハの幼虫の練り糞を同じように食べるか、試してほしい。」と伝えました。先入観抜きに改めて考えると、センチコガネの仲間は雑食性が強くて各種の獣糞や腐肉はもちろんのこと、キノコや樹液、堆肥なんかも食するそうだから、タブノキの葉っぱを食べたアオスジアゲハの幼虫の糞を食べることは突拍子もないことではない気がしてきました。外国には木の葉を巣穴にため込んで発酵させて喰う種類もいるらしいし。ならば、エンマコガネやマグソコガネに虫の練り糞を与えたら食べるだろうか? ちゃんとまとめて、コガネムシ研究会の『鰓角通信』に投稿すべき内容だと思いますね。この子より先にこんな実験をした人はいないでしょうから、たぶん日本で初めてじゃないのかな? もしかしたら、世界初!かもね。
(本文中の写真は、実験をした親子が撮影したものです。)


今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう。
『たくましくて美しい糞虫図鑑』(著:中村圭一 創元社)の発売は7/16。お楽しみに!
『フン虫に夢中』(くもん出版)も好評発売中 ‼
スズムシ(幼虫)10匹プレゼント中!入れ物を持ってきてね。

このページのトップヘ