むしむしブログ

カテゴリ: コブスジコガネ

 昨年2018年11月に神奈川県西部で採集された希少種コブナシコブスジコガネの成虫10数匹と(恐らく)その子供の1,2令幼虫多数を縁あってとある虫好きの方に送っていただき飼っているのですが、今月に入りその幼虫たちが次々に蛹化・羽化しています。既にF1世代の成虫は43匹になりました(写真1枚目)。まだあと10匹以上は前蛹・蛹が残っています。
P7180006-1

 どれくらい長生きするか確かめたくて、世代別に分けて飼育しているのですが、親世代(2018.11採集)は2匹死亡したものの残り11匹はとても元気。今も産卵しており、小さな幼虫が育っています。飼育を始めた5月以降、いつも小さな幼虫を見ることができるので、今のところあまり季節に関係なくだらだらと産卵しているような気がしています。
 餌として、虫と一緒にいただいた水鳥の羽、タヌキの毛、カラスの羽、シカの毛、ヌマエビや小魚の生干しを与えています。成虫は太いシカの毛やカラスの風切羽(フェザー)でも食べますが、成虫・幼虫ともやはり細くて柔らかい水鳥の羽毛(ダウン)やタヌキの細い下毛を好むようです。コブスジコガネって、あまり活動的なイメージがなく、食が細いと勝手に思い込んでいたのですが、結構バリバリ食べてます。まぁ、写真のタッパー容器にはこの時点ですでに約30匹の成虫が羽化していたので、過密状態ではあるけれど、3日間でほぼ柔らかい羽を喰い尽くすほどの食欲がありました。(7/9撮影:写真2枚目)(7/12撮影:3枚目)
P7090181-1

P7120023-1


今日はここまで。
続きは、ならまち糞虫館で!

センチコガネやオオセンチコガネを掴むと、鳴くことはよく知られています。”鳴く”といっても、捕まって興奮した時に逃げようと暴れながら、腹をひくつかせて出すシュコシュコ音のことです。メスを巡ってオス同士が争う時にも威嚇しているのか同じ音を出します。私は生きたコブスジコガネを最近まで観察したことが無かったので知らなかったのですが、ヒメコブスジコガネやコブナシコブスジコガネも鳴くんですね。オオセンチコガネの出す音とは違いますが、おそらく同じように腹をひくつかせて出している音であることには違いはないでしょう。
 

IMG_20190620_211153~2

ところがオオコブスジコガネはコオロギかキリギリスみたいに鳴きます。クシュクシュクシュ・・・・みたいな(うーん、違うな)、小箱に小石を入れて小刻みに揺するみたいな不思議な音です。いつも物陰から聞こえるので鳴いている姿は見たことがありません。昨日は砂に掘った穴の中から聞こえてきました。大変小さな鳴き声ですし、仮に聞こえたとしても、まさかオオコブスジコガネとは誰も思わないでしょう。それにしても、いったい何のために鳴いているのでしょう?もし、鳴くのはオスだけで、メスを海岸の巣穴に呼び寄せるために鳴いているのであれば、なかなかロマンチックな虫ではありませんか!なんとか鳴いているところを見てみたいものです。

今日はここまで。
また明日!

 昨日は羽化したばかりで白く神々しい姿をしていましたが、今日はどうなっているでしょうか?まだ色が若干薄めで赤茶色っぽかったりしますが(写真1,2枚目)、羽もきれいに伸びており、現在のところ容器内の温度や湿度に問題はなさそうです。まだ蛹や前蛹が10匹ほど容器の底でうごめいているので、7月はうまくいくとお誕生(羽化)ラッシュになるかもしれません。
P6260018-1
P6260011-1

 それにしても新成虫、きれいですねー。特にコブスジコガネの仲間は身体の表面に汚れが付きやすいのか、拡大写真を撮る時などはクリーニングに結構苦労します。
P6260028-1

 容器のフレークを少し掘ってみると、なんと1令幼虫が見つかりました。恐らく奈良で産卵した卵から孵化したものでしょう。コブナシコブスジコガネの出現期は5~9月ですから、時間的にはコイツも親になることは可能と思われます。新成虫は10月以降はどのように過ごすのでしょうか?昨年羽化した成虫もそのまま新成虫と一緒に冬を越すのでしょうか?答えは、来年発表いたしますっ!

今日はここまで。
また明日!

 幸運でした。今年の幸運をもう使い果たしたかもしれません。それくらい幸運でした。コブナシコブスジコガネが我が家に来た経緯といい、ちょうど蛹になった時に掘り出したタイミングといい、そして昨日たまたま再度様子を見ようと静かにフレークを除けたことといい、全てがこの瞬間のために仕組まれていたのではないかと思えるほどです。ほぼ羽化の直後らしく、まだ、一部蛹の皮が残っていました。脚は色付いてますが身体全体が透けるように白く、形は成虫ですが腹を蛹のようにクルクル回す動作を繰り返してました。(写真1,2枚目)
IMG_20190625_201213~2

IMG_20190625_200216~2

 生きたコブナシコブスジコガネを多数飼育できること自体、採集下手の私にとってはあり得ないのに、いただいた幼虫がうまく蛹になり、その羽化する瞬間に立ち会えるなんて、ほんとコーフンしてしまいます。ぜひ、この写真を見て、感動を多くの方と共有したいと思います。ピンボケですいません。突然だったので、スマホで撮影いたしました。

今日はここまで。
また明日!
 

 全国的に減少しており、絶滅が危惧されているオオコブスジコガネ。星★5つの最稀種で、我々のような普通の糞虫好きには見つけることすら困難なのですが、そんなオオコブスジコガネを「ちょっと採ってきます。」と言って、採集することができる人がいます。コンビニを自分の冷蔵庫のように使いこなす今どきの若者のように、その人は自然を勝手知ったる自分の飼育室のように使いこなしているのかもしれません。コブナシコブスジコガネに続いて、今回は茨城県(おそらく海岸沿い)でオオコブスジコガネを採集して、送ってくださいました。海岸の細かい砂地に生息しているようなので、小川の細かい川砂を篩にかけて準備していたのですが、海の無い奈良県民の私は海岸の細かい砂の”キメ細かさ”がわかっていませんでしたねー。川辺の砂と海岸の砂では直径で10倍は違いますね。海岸の砂は川砂に比べればまるでパウダーのようでした。
P6110141-1
P6110152-1
P6110151-1

 我が家に来てすでに10日以上が経過、オス・メス揃えて送ってくださったので、さっそく交尾らしき行動も見られました(結合現場は未確認)(写真1枚目)。オスメスの区別はわかり易くて、中脚の太腿に金色の剛毛がたくさん生えているのがオス(写真2枚目)、無いのがメス(写真3枚目)です。冬場の低温に弱いようなので、秋までに糞虫専用の飼育観察室を作って温度管理し、アフリカのフンコロガシなどと一緒に通年飼育する計画を進めています。お楽しみにー。

今日はここまで。
また明日!
 

このページのトップヘ