むしむしブログ

カテゴリ: 糞虫館

 今日は関西での緊急事態宣言の最終日。相変わらず”密”には縁遠いならまち糞虫館ですが、先週、カブトムシの幼虫を譲ってくれた小学1年生の親子がまた遊びに来てくれました。私がちゃんと飼えているか心配してくれたのかもしれませんね。私は小学生の時ハムスターを飼っていて、殖えた子供をクラスの友達にあげてましたが、ちゃんと餌をやってるかなとか、かわいがってくれてるかなとか、すごく気になりました。なのでお二人を飼育室に案内してあげたかったのですが、お部屋がちょっといろいろ散らかっていてので、ゴメンね。でも大丈夫!こんな感じで、大きい容器は2匹、小さい容器は1匹飼いです(写真1,2枚目)。カブトムシなので、もう少し分解の進んだ腐葉土を混ぜて、かるく握ると固まるぐらいに水分調節しました。かおりちゃん、こんな感じでよろしいでしょうか⁉ 春には全て1匹飼いにして、ツノが曲がらないように気を付けます。先週、このブログでこのカブトムシ(幼虫)の里親を募集しましたが、反応ありませんね。みんな遠慮してるのかな?それとももっと成長したやつをいただこうという作戦か? でも10数匹しかいないので、早い者勝ちだよ!一人1匹、予約不可です。
20210228_193217
 
20210228_193324
 僕が子供の頃は、農家の畑のわきに堆肥があって、そこからカブトムシの幼虫がゴロゴロ出てきました。クヌギ林からも腐葉土をバケツにとって来てましたが、今はカブトムシマットなる便利でしかも大きなカブトムシに育つスグレモノを売ってますねー。そういえば、カブトムシの餌は何?と子供たちに聞くと、たいていの子は「昆虫ゼリー」と答えます。スイカの皮やモモの種にカルピスやビールを振りかけて餌にする子供はいませんねぇ。「スイカの皮はカブトムシが下痢をする」という話を聞いたことがあります。スイカの皮は2日もすればドロドロになって発酵臭が充満しますし、たしかにスイカにとりついたカブトムシは糞尿を飛ばしながら食べ続けますね。でも、カブトムシはずっと元気でしたし、すごく嬉しそうにスイカを喰っていたと記憶しています。私がカブトやクワガタを今でも大好きなのは、小さい頃に同じ釜の飯(同じスイカやモモ)を喰った仲間だからなのかもしれません。さすがに糞虫と同じものを喰うのはムリですが・・・

今日はここまで。
今週末、糞虫館で会いましょう!

 2ヶ月ほど前から東隣の空き家が騒がしいと思っていたら、改装工事をしているらしい。先日、覆いのベニヤ板の一部外されていたので覗いてみると・・・おおーーーっ!!!
20210211_141138
20210211_135209

20210211_140751

 こんな人気のない路地の奥なのに、観音開きの大きなドア、20畳以上はありそうな大きな部屋、壁一面の大きな一枚ガラス、白く光る大理石(のような)床、白い壁に黒い梁と柱。ブティックかヘアサロン、もしかしたら流行りのスイーツショップ?とにかく、何かのお店っぽいですね。ちょっと糞虫館に似ている気がしますけど。奈良公園や糞虫館でたっぷり糞虫を堪能して、疲れたらここでお茶しながら休憩できれたらいいな。ついでに、足元でフンコロガシが糞玉を転がしてたら、楽しいだろうな。
 夢(=妄想)は果てしなく続く・・・

今日はここまで。
今週末、糞虫館で会いましょう!

 昨日、奈良国際映画祭のオープニングセレモニーに行ってきました。大仏殿に向かってまっすぐに延びる真っ赤な絨毯、大仏殿の入口に河瀬直美さんがいらっしゃって、会釈をしてくださいました。派手さやきらびやかさといった感じはなく、清楚な、しかし強さとしなやかさが感じられる佇まいでした。
20200918_193550
20200918_193451 大仏様を参拝したあと、会場を春日野園地特設ステージへ。ここでは、世界中の映画監督のメッセージ等が紹介されました。
20200918_195513 私はここで雨でズブ濡れになりながら、20時頃から23時のラストまで、河瀬さんの熱い思いの詰まったこの映画祭のオープニングセレモニーを堪能させていただきました。今日から4日間、微力ながらも糞虫館なりに奈良国際映画祭を盛り上げていきたいと思います。どーやって?それは今から考えます。

今日はここまで。
この4連休、糞虫館は10時から開いてます!

20200918_040707

 奈良国際映画祭は奈良出身の映画監督、河瀬直美さんが12年前に始めたもので2年に1回開催されています。現在も彼女がエグゼクティブディレクターを務めていて、発足当時の熱い思いは変わらないまま今日に引き継がれているように思います。私は映画が特に好きというわけでもなく、何となく応援していただけなんですが、なんと河瀬直美さんのご招待により、今夜7時、東大寺大仏殿に向かって敷かれたレッドカーペットを歩く栄誉が与えられました!さらにその後のオープニングセレモニーにも参加して、加藤雅也(彼とは小学校の同級生なのです)をはじめとする実力派映画俳優とともに優雅な時を過ごすのです(同じ場所にいるというだけです)。で、その様子はナント全世界にライブ配信されるそうです。ま、私は一瞬画面の片隅に映るだけでしょうけどね。いまだになぜ招待されたのか理由は不明ですが、もしかすると糞虫国の王子なので招待されたのかもしれません。
 奈良国際映画祭は今夜オープニングセレモニーがあって、9/19(土)~22(火・祝)までの4日間開催されます。ならまち糞虫館は、ふだんは祝日に関係なく土日の午後のみの営業ですが、今回のこの4連休は朝10時~午後6時まで特別に毎日オープンします。土日に来れない人は、ぜひこの機会においでください。
20200918_034544
20200918_034609

 実は、ならまち糞虫館には市内5か所にだけに貼られる「トレジャー(宝物)ポスター」があるのです。普通のポスターだと鏡の中に何も映っていないのですが、糞虫館のポスターの鏡にはテーマとなる「生き物」の姿が浮かび上がるのです。ちなみに、5種類のトレジャーポスターをすべて見つけて写真をとれば、素敵な記念品がもらえるらしい。でも、ならまち糞虫館のポスターは見つけにくいでしょうね。そのせいで記念品がゲットできない人が続出したら、・・・恨まれるだろーなー。
 

今日はここまで。
明日からの4連休に糞虫館で会いましょう!

 昨日9/10は『フン虫に夢中』の発売日。なんと奈良市役所の記者クラブで刊行発表会見がセットされていて、奈良新聞の他、朝日、毎日、読売、産経、共同通信社、奈良テレビ等の方々が。内容が地元の奈良に関係が深いですし、くもん出版の営業さんが頑張ってくれたのだと思います。はじめての経験でしたが、フレンドリーな雰囲気の中、色々な質問も出て、約一時間の中身の濃い会見だったと思います。どこかが記事にしてくれればいいのですが…
20200910_163001~2
20200910_154230~2
 会見後は啓林堂書店で著者のいどきえりさんがサイン本を作ったり(写真1枚目)、糞虫のパネル展示(写真2枚目)、糞虫講演会、糞虫観察会等イベント開催の打合せ。本は完成してからが大変だということがよくわかりました。まずは初版が売れて第2刷が出るところまでいってほしいものです。啓林堂書店奈良支店さん、頼りにしてます。売って売って、売りまくって下さいね!

今日はここまで。
週末、糞虫館で会いましょう!!

このページのトップヘ