むしむしブログ

カテゴリ: 糞虫館

 私、結構チャランポランな奴と思われることが多いのですが、意外に心配性で小学生の時にすでにこのままで地球環境は大丈夫なのだろうかと心配したり、中学生の時にこのままでは野生動物が滅びてしまうのが心配でWWF(世界自然保護基金)にお小遣いから寄付をしたり。今でも環境問題には関心があり、糞虫が幸せに暮らせる奈良公園の環境のために奮闘しています。子供の時は地球規模で考えていたことからすると、すっかり萎んでしまったのが残念ですが(苦笑)。
 子供はホントに可能性の塊だと思いますねー。コスタリカのバッグマンこと西田さんなんかも、小学校の低学年までが大切と言っておられました。なので、小学校から糞虫トーク&スライドショーの依頼があると、仕事の予定を変えてでも子供に糞虫の話をしに行っています。まあ、しょせん単なる糞虫好きのオジサンなので、子供たちにどれくらい伝わっているのかわかりませんが、糞虫の面白さを通して少しでも環境に関心を持ってくれればと、祈るような気持ちでネタを話してるんです。
 縁あって、昨年12月に済美小学校の2年生にお話してきました。最初はちゃんと座って話を聞いてくれるのかなぁと心配していましたが、座って話を聞くだけではなくちゃんと手を挙げて質問したり(結構鋭い質問もありました)するほどで、自分の2年生の時を考えると雲泥の差です。学級崩壊とか先生の話を聞かないとか巷ではよく聞きますが、そんなこととは無縁の学校でした。先生が事前に子供が興味を持つように下準備をしておいてくれていたにせよ、あっという間に楽しい40分が過ぎてしまいました。
P3290796-1
P3290802-1

 で、昨日、お世話してくれた先生が2冊の冊子を持ってきてくれました。『ふん虫かん 中村さんへ』と『ふん虫のひみつクイズ』。素晴らしい!ありがとう!!本当に糞虫館やってよかったです。みんな立派な糞虫好きになって、地球の環境を守ってほしい。切なる願いです。

今日はここまで。
週末に糞虫館で会いましょう!

 

P2230797-1
 
 虫好きの人は必ず一度は訪れる、東京中野のむし社(最近、中野の近くの高円寺に移転したらしい)。そのむし社の冊子『月刊むし』は、約50年間継続している隠れた超ロングセラーであり、その3月号(第589号 写真1枚目)が2月24日に発売されたのですが、その1ページ目の人気コーナー「今月のむし」になんと!私の書いた「ヒメコブスジコガネ」が掲載されました。もちろん、ただの糞虫好きの私の書いた文章なので専門的なものではなく、ちょっとしたエッセーなのですが、あの『月刊むし』に掲載されたことに違いはありません。この写真(写真2枚目)では読みにくいと思いますので、ぜひ1冊買って読んでください(笑)。
P2230798-1


『月刊むし』はここから注文できます。→ http://www.mushi-sha.com/products/list.php?category_id=27

今日はここまで。
また明日!
 

 素人ながら、”糞虫館”なんてものをオープンさせたおかげで、いろんな方とお話しさせていただけるようになりました。もちろんマニアックな虫好きの方もいらっしゃいますが、「子供が虫が好きで・・・・」というご家族や自然大好き!のシニアの方なども多く、これまでに2,000人ほどの方と『虫』をきっかけにお話しをした計算になります。
IMG_20200218_085913

 先週は、公益財団法人 大阪自然環境保全協会の会員の方とお話しして、自然観察インストラクター養成講座というものの存在を知りました(写真1枚目)。この協会は身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民がボランティアで活動している自然保護団体(当協会HPより)で、市民による里山管理・保全運動、市民環境調査、また啓発活動として自然やその保全について学ぶ講座や学習会、観察会などを開催しているのですが、インストラクターはそのリーダー的な役割を果たすようです。もちろん、参加者からの様々な質問に答えたり、自然観察のルールやマナーから野外での活動の危険回避策に至るまで、広い範囲の知識とスキルが必要なので、それを1年弱で効率的に学べるのがこの講座(写真2枚目)だそうです。
IMG_20200218_090245

 行き届いた指導が必要なので募集人数は20人ですが、29,000円で27回の講習が受けられるなんて破格の価格設定です。先週まだ空きがあると言っていたので「糞虫館のむしむしブログを見て申し込みました!」と言えば、定員オーバーでもOKになるかも?! 私も特定非営利活動法人 シニア自然大学校で1年間学んで、その流れで奈良・人と自然の会という里山の保全活動をするグループに入っています(でも幽霊会員です)。同じ価値観を持った新しい友達作りには最適だと思いますので、一度覗いてみてはいかがでしょう。
   
Webサイト    http://www.nature.or.jp   〔ネイチャーおおさか〕で検索!
Facebook     http://www.facebook.com/NatureOsaka

今日はここまで。
また明日!

 今はもうやってないのですが、結構変な人ばかりが出演する深夜の人気ラジオ番組「秘密結社大阪ぴかぴか団」の出演者のイベントでたまたま出会ったのが、コスタリカのバックマンこと西田さん。昆虫が好きで、中学卒業後アメリカに渡って、まだ大学院にいるうちに昆虫の宝庫コスタリカに行っちゃって、住みついて、結婚して、あちらでずーっと虫の事を研究しているらしい。虫を入れる大きなビニール袋を腰にいくつもぶら下げてジャングルを駆け巡るので、現地の人は彼をバックマンと呼ぶらしい。 
 詳細【コスタリカ昆虫中心生活】は、コチラ→https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20110512/269653/
 一度糞虫館に来てねーと言ってはいたものの、ホントに来てくれるとは。しかも家族で。こっちの方が驚きました。糞虫館では皆でスカラベがふんころがしてるビデオを見て楽しみました。中南米にはタマオシコガネは分布してないから、さすがのバックマンも興味深そうに見てましたよ。
 ああ見えても(写真1枚目の後列中央)彼はとても真面目で、このすばらしい地球環境を次世代に伝えるために、小さい時から子供が自然や生き物の親しみ、関心を持つようにすることの重要性をよく口にして、彼自身様々な機会をとらえて積極的に行動しています。ステキです。でも、彼から私へのアドバイスは「子供にウンチで自由に遊ばせるとメチャクチャ喜ぶよ。ぜひ、やってみてください。」 なんじゃ、それ?!
P2090795-1

 「汚いとか言って絶対触らないのは、大人がそう教えるから。」 彼は今の大人が作りだした人類や環境の歪みを何とか元に戻せないかと、苦悩しているようにも見えました。んー、私の見間違いかもしれません(笑)。

 西田賢司氏のホームページはhttp://www.kenjinishida.net/jp/indexjp.html  眺めるだけで感動する世界です。

今日はここまで。
また明日!
(写真はご本人の了解をいただいております)

 オリンピックイヤーの年明け早々、うれしいお知らせです。むしむしブログがライブドアブログランキング(昆虫類)604件中の第2位にランクインしました!でも、今この瞬間にも3位になっているかもしれません。昨年後半は結構ブログの更新をさぼっていたので、ランキングもあまり見ていなかったのですが、昨日覗いてみると大きな写真で2番目の位置に『むしむしブログ』があったのです! ランキングは急に上がるものでもないので、更新されていないときでもちょくちょく覗いてくれてた人がいるのでしょう。ありがたいことです。1位は不動のAnt Roomさんの『ありんこ日記』。内容は濃く、写真は美しく、文章は読みやすい、の三拍子そろった史上最強の昆虫ブログです。本当に雲の上のような存在で、まさに私のブログとは雲泥の差なんですが、今回2位になれたのはたくさんの糞虫好きの方々のおかげ以外には考えられません。
20200109むしむしブログ第2位

 2018年7月に糞虫館がオープンした翌月6位になり、10月に5位、オープンして半年後の2019年1月に4位から3位になりましたが、その後は3~5位をうろうろ、さぼると圏外っていう感じでした。基準がよく分からないランキングに一喜一憂するのはバカらしいけれど、がんばって書いたブログが上位にランクインしているということは、それだけ多くの人に糞虫の素晴らしさを伝えることができているわけだから、そー考えるとやっぱりすごく嬉しいですね。書き始めてから1,500日、約430回投稿してますが、読み返すとホント色々なことがあったなーと思います。500回投稿したら、記念に本なんか出したいですね。まあ、内容には学術的な価値はほとんどないだろうし、間違いや想像があちこちにあるので、ジャンルは「フィクション」かな!?

今日はここまで。
また明日!
 

このページのトップヘ