むしむしブログ

カテゴリ: エンマコガネ

 ツヤエンマコガネは昔も今も普通に奈良公園に生息しているのですが、シカ糞にはほとんど来ないので普段はあまり目にすることはありません。ただ林内のFITにはよく落ちるので、その活動時期を知ることができます。去年のデータでは、4月はニッコウコエンマばかりがFITに落ちていたのですが、5月に入るとツヤエンマが毎日落ちるようになりました。秋も10月中旬以降は落ちていません。動物の腐肉が大好物なので、夏の汗ばむ空気の中でムッと漂う死臭を嗅ぎながらコイツをつまんだ経験が頭から離れず、私はツヤエンマコガネは夏の糞虫との印象が強いのですが、動物の死骸など滅多にないのでツヤエンマコガネの活動時期についてはずっと確信が持てずにいたのでした。『日本産コガネムシ上科図説(食糞群)』(監修:コガネムシ研究会)には 5~10月となっているので、別に新発見でも何でもないんですが、私個人としてはこのFITの結果でなんかこう腹に落ちたっていう感じ。ところが、達成感というか満足感みたいなのに浸っていたら、11/3(祝)に裏山で、歩行中のツヤエンマコガネを見つけてしまったんです(苦笑)。【写真1】まあ、虫にはカレンダーの日付なんか関係ありませんからね。
 それにしても、FITを最初に考えてやり始めた人ってほんとにすごいなーと思います。ガラス窓に結構いろんな虫がぶつかるのを見て思いついたのかもしれませんが、山や草原を自由に飛び回る虫がちょうど仕掛けた透明の板にぶつかって受け皿に落ちる確率なんて、宝くじを当てるようなものでしょ⁈でも、観察と試行錯誤でFITを採集方法として確立させたんでしょうね。
私なんか、FITで糞に来ない糞虫が採れると聞いても、ほんとかな~なんてグズグズしてやらなかったので、今、とても後悔しています。迷ったらトライ!やらずに後悔するよりやって失敗しろ!昆虫採集にも仕事にも恋愛にも共通する人生の鉄則ですね。

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!
 

 ヤマトエンマコガネのような美しい黄色の文様を持つミツコブエンマコガネ。船の積み荷と共に姫路市あたりに上陸したのではないかと言われていますが、現在は、夢前川、揖保川、市川、といった川沿いや海浜公園、姫路城周辺でも普通に見つかるようです。もちろん奈良公園にはいませんので、先日は糞虫館にプレゼントしてくれた方がいて、大喜びしたのですが、今度は別の方から生態写真の提供がありました。私はミツコブエンマコガ幼虫とか蛹を見るのはこれが初めてです。
20201018_親@姫路市 市川堤防 (2)
20210605_終齢幼虫? (2)
20210605_2令幼虫? (2)
20210626_蛹背 (2)
20210626_蛹腹1 (2)
20210626_蛹側面1 (2)
20210626_蛹側面2 (2)
20210626_新成虫2 (2)
20210626_新成虫3 (2)

 その方は、昨年10/18に姫路市の市川で採集して飼育を開始、今年6/5に一部を掘り出したところ幼虫が見つかり、さらに6/26には羽化直後のまだ薄茶色の成虫や蛹が多数見つかったとのこと。飼育したご本人は、ほったらかしにしていただけと謙遜していましたが、容器越しに様子を窺いながら本当に絶妙のタイミングで掘り返してますよね。エンマコガネの幼虫の特徴を如実に示す背中のコブ、蛹の側面からは恐らくオスのツノになる部分なのでしょうか、突起が見えます。今年も飼育に挑戦しているようですから、来年はもっと詳しい情報が得られることを期待してます。ミツコブエンマコガネ以外にも、ご当地糞虫の飼育・繁殖に挑戦している方からの情報提供をお待ちしています。私も頑張らねば・・・

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!

「外来種」というと悪者のイメージが強いので、このカワイイ糞虫にはあまり使いたくはないのですが、その分布の特異性等からミツコブエンマコガネは外来種ではないかと言われています。私がこの糞虫を知ったのは4年ほど前、塚本先生の「日本糞虫記」の中で夢前川でこの虫を観察したお話を読んで、見に行ったのが最初です。その後、その近くの揖保川や糞虫館に来た方の情報を基に姫路市内の海浜公園などでもミツコブエンマコガネを見ることができました。ホントは毎年見に行ければいいのですが、奈良からだとちょっと遠くて気軽に行けません。そろそろ行かねば、と思っていたらなんと糞虫館にミツコブエンマコガネを持ってきてくれた方が現れました。
PA160631
PA160633
PA160634

 最近は姫路市内の野良猫の糞でも普通に見つかるとか。オス、メス、黄斑の違う個体などいろいろ取り交ぜて採集してきてくれたので、標本の少ない糞虫館としては大変助かりました。来月から展示できると思います。お楽しみに。

 今週末の10/24(日)は年に一度のコガネムシ研究会大会です。今年はリモート開催なので、普段は遠くて参加できない方やちょっと恥ずかしいという方でも全然平気です。アクセスして黙って画面を見てたらいいだけですから。今年の大会参加者は会員以外の方も多いと聞いているので、まずは大会を見て、そのあと何人かでも入会してくれたら、糞虫好きのネットワークが広がるのではないかと期待しています。大会の参加方法はコガネムシ研究会のHPにありますが、基本的に以下の通りです。

参加登録:大会への参加は会員・非会員とも無料ですが、10月22日(金)までに事前の参加登録をお願いします。
 参加登録は下記の項目を明記したメールを大会事務局宛(taikai@kogane.jp)にお送り下さい。
  1. 氏名(ふりがな): 会員/非会員
  2. 住所:〒
  3. 電話番号:
  4. メールアドレス:
  5. お楽しみプレゼント:希望する/希望しない
  6. 抽選会でお楽しみプレゼントに当った場合:名前を読み上げる/参加登録番号を読み上げる

 参加登録を受け付け次第、参加登録番号を記した確認メールをお送りします。



今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!





 

 2020年7月25日に撮影したものですが、飼育していたエンマコガネ(ナガスネエンマコガネ?)の幼虫がウジ虫というかイモ虫みたいな柔らかそうな幼虫を襲ってモグモグ食べてました。喰ってるところを狙って撮ったわけではなく、エンマコガネの幼虫の写真を見返していたら気付いたという恥ずかしい話です。

17:31 幼虫の観察のため、部屋を壊したところ。左に薄茶色のイモ虫がいます。(写真1枚目)
 P7250092ウジを喰うエンマコガネ幼虫

17:41 幼虫は部屋の修理をしていますが、イモ虫は部屋の縁までやってきました。(写真2枚目)
P7250135ウジを喰うエンマコガネ幼虫
  
17:42 お尻から糞を出して修理する様子は、タマオシコガネの幼虫が糞玉を修理する時と同じですね。(写真3枚目)
P7250140ウジを喰うエンマコガネ幼虫

17:44 すでに幼虫はイモ虫に襲いかかっているようです。(写真4枚目)

P7250145ウジを喰うエンマコガネ幼虫

17:45 イモ虫は糞に潜って逃げようとしているようですが、幼虫は喰いついたまま離しません。(写真5枚目)
P7250147ウジを喰うエンマコガネ幼虫

17:45 イモ虫の頭の方に嚙みついているようです。(写真6枚目)
P7250148ウジを喰うエンマコガネ幼虫

17:46 イモ虫は体をひねって最後の抵抗を試みていますが、お構いなく食べ始めたようです。(写真7枚目)
P7250151ウジを喰うエンマコガネの幼虫

17:47  3分の1くらい食べたでしょうか、イモ虫から出た体液が光っています。(写真8枚目)
P7250155ウジを喰うエンマコガネ幼虫

17:48 イモ虫の体がちぎれたせいか、いったんイモ虫を離しました。ちぎれた破片を食べていたのかもしれません。(写真9枚目)
P7250161エンマコガネの幼虫

19:49 再び食べ始めました。(写真10枚目)
P7250162ウジを喰うエンマコガネ幼虫

 目の前で糞虫の幼虫がイモ虫を襲って食べているシーンが展開されていたのに全然気付かなかったという自分の観察力の無さに愕然としているのですが、偶然とはいえ、写真にしっかり残っていたのは幸いでした。奈良公園の糞虫が直接的にハエの発生を抑制していることを示す決定的な証拠なんじゃないでしょうか。このイモ虫がなんの幼虫なのか?も非常に気になりますねー。わかる人がいたらぜひ教えて下さい! 大きく成長したハエの幼虫(ウジ虫)は皮が硬くて恐らく太刀打ちできないと思われますが、ハエの卵や孵化したばかりのウジ虫であれば、糞虫のいい餌になっている可能性が高いと考えています。

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!

 一昨日、ナガスネエンマコガネが・・・等といい加減なことを言いましたが、夕方に衰えた目で小型のクロマルエンマコガネをナガスネエンマコガネと見誤っても、「あるかも」って感じで笑って許してもらえると思います。間違いに気付いたのは、ナガスネにしては記録的な早期出現だったので家に持ち帰ったからです。家で愛用のフィルムケースを開けると、早速交尾をしてまして、様子をよく見ようとつまみ上げ(写真1枚目)、手のひらに乗せると離れました。当然、オスとメスなのでナガスネならオスの手が長いはずなのですが長くない(写真2枚目)。
20210310_015649~2
20210310_020112~2
 おかしいなーと片方の頭を顕微鏡で拡大して見ると、2つの山がある筋がハッキリ見えたのです(写真3枚目)。紛れもなくクロマルエンマコガネのメス。交尾してたわけですから、もう片方はクロマルエンマコガネのオスですね。
20210311_224042~2
 今回のようにクロマルエンマコガネをナガスネエンマコガネと間違えるのはやや低レベルですが、フトカドエンマコガネと間違えるのはマジで「あるある」なんじゃないかなー。糞虫館の標本箱に収まっている昔のクロマルエンマコガネとフトカドエンマコガネのオスは、混在している可能性は否定できません。悪しからずご了承ください。(←マジです。笑)

今日はここまで。
週末、糞虫館で会いましょう!

このページのトップヘ