むしむしブログ

カテゴリ: エンマコガネ

 一昨日、ナガスネエンマコガネが・・・等といい加減なことを言いましたが、夕方に衰えた目で小型のクロマルエンマコガネをナガスネエンマコガネと見誤っても、「あるかも」って感じで笑って許してもらえると思います。間違いに気付いたのは、ナガスネにしては記録的な早期出現だったので家に持ち帰ったからです。家で愛用のフィルムケースを開けると、早速交尾をしてまして、様子をよく見ようとつまみ上げ(写真1枚目)、手のひらに乗せると離れました。当然、オスとメスなのでナガスネならオスの手が長いはずなのですが長くない(写真2枚目)。
20210310_015649~2
20210310_020112~2
 おかしいなーと片方の頭を顕微鏡で拡大して見ると、2つの山がある筋がハッキリ見えたのです(写真3枚目)。紛れもなくクロマルエンマコガネのメス。交尾してたわけですから、もう片方はクロマルエンマコガネのオスですね。
20210311_224042~2
 今回のようにクロマルエンマコガネをナガスネエンマコガネと間違えるのはやや低レベルですが、フトカドエンマコガネと間違えるのはマジで「あるある」なんじゃないかなー。糞虫館の標本箱に収まっている昔のクロマルエンマコガネとフトカドエンマコガネのオスは、混在している可能性は否定できません。悪しからずご了承ください。(←マジです。笑)

今日はここまで。
週末、糞虫館で会いましょう!

 この冬はあまり奈良公園に行けなかったし、まだオビモンマグソコガネを見ていなので、冬のマグソコガネが元気にのびのび活動しているうちに、と思って行ってきました。ちょうど梅林の梅の花が満開でお天気もサイコー。木々の芽は固く景色はまだ冬ですね。で、糞虫もまだ冬でした。黄色がきれいなネグロマグソコガネ(写真1枚目)、なかなか動かないミゾムネマグソコガネ、チャグロマグソコガネがいーっぱい見つかりました(写真2枚目)。マグソコガネは1匹だけ。奈良公園のネグロマグソコガネは3.0㎜前後の小型個体も多いので、マグソコガネが巨大に見えて(写真3枚目)、一瞬「なんだコイツは⁉」と喜んでしまいました。
20210309_161418
20210309_163020
20210309_151537

 日差しに誘われたのか、花見の人の多い梅林あたりでクロツヤマグソコガネを1匹見つけました。春を告げるクロツヤマグソコガネが見つかったことで、私ももうそこまで春が来ていることを実感。糞虫の種類で季節を感じるなんて、奈良公園以外ではなかなかできないのではないかな。さらに、終日陽の当たる広い道路脇の古い大きな犬糞からナガスネエンマコガネも3匹見つかりました。コイツは暑さに強い、というイメージしかなかったので、驚きました(←今、家でよく見たら、小型のクロマルエンマコガネ♂1・♀2でした。すいません。)。以前、1月にイヌ糞を食べていると思われるセンチコガネを観察したことがありますが、やはり陽当たりのいい道路脇の南向き緩斜面でした。寒さが緩んだところでいいお天気が続くと、日当たりがいい所で冬眠していた個体がポカポカ陽気に誘われて動き出すのかもしれません。
 実は今週末、新聞社の方と奈良公園に行くので、その時できれば生きたルリセンチコガネを見せてあげたいと思っているのですが、今日の感じではやっぱムリですねー。もちろん「サクラが散る頃なら大丈夫ですけど、まだつぼみも堅い3月中旬では難しい」とはしっかり伝えてあるんですけどね。

今日はここまで。
今週末、糞虫館で会いましょう!

PA240280
PA240297
 
 見やすい写真がふんだんに使われた糞虫図鑑がある現在では考えにくいことですが、キレイな黄色い斑紋が前翅にあることから、過去にはヤマトエンマコガネと間違われていたこともあるというミツコブエンマコガネ(写真1,2枚目)。その分布が偏っていることから、港から上陸した”外来種”の可能性が高い本種は、『日本列島フン虫記』(著:塚本珪一)にもあるように、夢前川あたりが震源地となっているようで、私も2017年に夢前川2019年に揖保川でこの目で生息状況を観察しています。1ヶ月程前、糞虫館に来た虫好きの方から「ミツコブエンマコガネなら姫路では普通にみられますよー」とあっさり言われ、「ほんまかいなー?!」と10/20に高速代5000円使って見に行ってきました。
PA200272

 たしかに、教えてもらった場所に行くと、フツーにいました。イネ科の草が表面を覆ってますが、海岸沿いなのでピンセットで簡単に掘れるほどサクサクの砂地で、適当な犬糞にはほとんどミツコブエンマコガネが来てました(写真3枚目)。揖保川の河川敷ではカドマルエンマコガネもたくさん来てましたが、ここは波の荒い日はしぶきがかかるような場所だからか、カドマルエンマコガネは1匹もいませんでした。
 ミツコブエンマコガネは川沿いに生息地を広げているようですが、もしかしたら海水に耐性があって、海岸沿いにもイヌやネコの糞を糧にやすやすと分布を広げているのかも知れません。たしか市川の河川敷ではすでに見つかっていますから、次は加古川でしょうけど、それも私が知らないだけで、実はもう明石をぬけて神戸のすぐ近くにまで来ているのかもしれません。50年くらい継続して観察すれば、この虫が日本に分布が広げる様子が見えてくるかもしれません。

今日はここまで。
週末に糞虫館で会いましょう!

 前回、カドマルエンマコガネの幼虫が蛹室を作り、クリーム色の前蛹の状態でいる場面に遭遇しましたが、そろそろ蛹になって安定しているだろうという想定で、再度蛹室を取り出しました。前回は土からキレイに剥がれる感じでしたが、今回は当然ながら周囲と密着していないので、窪みからピンセットで取りだす感じです。前蛹は前回割った部分は全く修復がなされておらず(幼虫であればすぐに自分で修復します)、わずかに隙間が空いています。まだ真っ白な蛹かなー、飴色がかった蛹かなー、などとワクワクしながらそっと割れ目を広げて覗いてみると・・・!?(写真1、2枚目)
P7290073-1
P7290083-1

 えーっ!なにコレ。ウグイス色のビロードのような柔らかそうな質感。これ、カビですね、たぶん。前蛹のまま絶命し、わずか数日でこの状態になったようです。もしかしたら、前回観察した時、前蛹はピクリとも動かなかったので、すでに死んでいたのかも。飼育ノウハウの蓄積の無い私が幼虫や前蛹、蛹室をこの目で見れたことに感謝するしかありません。せめて少しでもデータを(写真3枚目)。
P7290105-1


 今、飼育室にはナガスネエンマコガネと思われる幼虫が2匹います。こいつらがなんとか無事に蛹、成虫になれるようにうまく育てたいと思います。しかし、具体的になにをどうすればよいのやら。とりあえず、見守ります(苦笑)。

今日はここまで。
週末に糞虫館で会いましょう!


 カドマルエンマコガネがスゴイことになってきました!記録も兼ねて、時系列のダイジェスト版です。
 7/15 午後6時頃 飼育カップ(小)に入れた新鮮なシカ糞に割りばしで窪みを作り、ダイコクコガネの飼育容器から掘り出したカドマルエンマコガネの終齢幼虫をそこへ置いた(写真1枚目)。幼虫は周囲をかじり取り、自分の糞を使いながら蓋をする作業をすぐに開始。私は糞粒で窪みに蓋をして、観察終了。
 P7150089-1

 7/18 午後6時頃 蓋にした糞粒はくっついていたが、ピンセットで容易に剥がし取ることができた。幼虫は既に蓋を完成させており(写真2枚目の中央部分)、中の様子は分からない。
P7180005-1

 7/25 午後6時頃 中の様子を見るためピンセットで糞塊を割ったところ、シカの糞粒サイズの卵型の物体が割り箸で開けた窪みと同じ位置にあった。その物体の半分は既にシカ糞からキレイに剥がれており、ピンセットを使ってシカ糞からポロリと剥がすことができた。外側は糞に含まれる粗い植物繊維が目立ち、若い松ぼっくりのような模様にも見える。(写真3,4枚目)
 P7250203-1
 P7250212-1

 蛹室の壁は薄く柔らかなので、ピンセットで少し強く挟むだけで、容易に物体は二つに割れた。小型のハナムグリの仲間の蛹室ほどの強度は感じられなかった。中にはクリーム色の前蛹(?)が1匹入っていた(写真5枚目)。触っていないが、揺らしたりしても動かない。洋室の内側は非常に滑らかに仕上げられていることや前蛹体内には黒っぽい部分(糞)が全くないことから、7/15時点では体内に溜めていた自分の糞を使って蛹室を作ったと思われる。
 P7250219-1

 前蛹を観察後、丁寧に蛹室の割れ目を元通りに合わせ、ポロリと取れた元の窪みに戻し、二つに割った糞塊の割れ目をつなぎ合わせた。なお、今回は蛹化する数日前の大きく成長した幼虫を新鮮なシカ糞に強制移住させているので、自然状態で作られる蛹室と同じではない可能性がある。

 ダイコクコガネは残念だったけれど、全く予想していなかった展開が・・・。うまくいけば、今週末には蛹が見られそうです。

今日はここまで。
週末、糞虫館で会いましょう!

このページのトップヘ