むしむしブログ

カテゴリ: エンマコガネ

PA240280
PA240297
 
 見やすい写真がふんだんに使われた糞虫図鑑がある現在では考えにくいことですが、キレイな黄色い斑紋が前翅にあることから、過去にはヤマトエンマコガネと間違われていたこともあるというミツコブエンマコガネ(写真1,2枚目)。その分布が偏っていることから、港から上陸した”外来種”の可能性が高い本種は、『日本列島フン虫記』(著:塚本珪一)にもあるように、夢前川あたりが震源地となっているようで、私も2017年に夢前川2019年に揖保川でこの目で生息状況を観察しています。1ヶ月程前、糞虫館に来た虫好きの方から「ミツコブエンマコガネなら姫路では普通にみられますよー」とあっさり言われ、「ほんまかいなー?!」と10/20に高速代5000円使って見に行ってきました。
PA200272

 たしかに、教えてもらった場所に行くと、フツーにいました。イネ科の草が表面を覆ってますが、海岸沿いなのでピンセットで簡単に掘れるほどサクサクの砂地で、適当な犬糞にはほとんどミツコブエンマコガネが来てました(写真3枚目)。揖保川の河川敷ではカドマルエンマコガネもたくさん来てましたが、ここは波の荒い日はしぶきがかかるような場所だからか、カドマルエンマコガネは1匹もいませんでした。
 ミツコブエンマコガネは川沿いに生息地を広げているようですが、もしかしたら海水に耐性があって、海岸沿いにもイヌやネコの糞を糧にやすやすと分布を広げているのかも知れません。たしか市川の河川敷ではすでに見つかっていますから、次は加古川でしょうけど、それも私が知らないだけで、実はもう明石をぬけて神戸のすぐ近くにまで来ているのかもしれません。50年くらい継続して観察すれば、この虫が日本に分布が広げる様子が見えてくるかもしれません。

今日はここまで。
週末に糞虫館で会いましょう!

 前回、カドマルエンマコガネの幼虫が蛹室を作り、クリーム色の前蛹の状態でいる場面に遭遇しましたが、そろそろ蛹になって安定しているだろうという想定で、再度蛹室を取り出しました。前回は土からキレイに剥がれる感じでしたが、今回は当然ながら周囲と密着していないので、窪みからピンセットで取りだす感じです。前蛹は前回割った部分は全く修復がなされておらず(幼虫であればすぐに自分で修復します)、わずかに隙間が空いています。まだ真っ白な蛹かなー、飴色がかった蛹かなー、などとワクワクしながらそっと割れ目を広げて覗いてみると・・・!?(写真1、2枚目)
P7290073-1
P7290083-1

 えーっ!なにコレ。ウグイス色のビロードのような柔らかそうな質感。これ、カビですね、たぶん。前蛹のまま絶命し、わずか数日でこの状態になったようです。もしかしたら、前回観察した時、前蛹はピクリとも動かなかったので、すでに死んでいたのかも。飼育ノウハウの蓄積の無い私が幼虫や前蛹、蛹室をこの目で見れたことに感謝するしかありません。せめて少しでもデータを(写真3枚目)。
P7290105-1


 今、飼育室にはナガスネエンマコガネと思われる幼虫が2匹います。こいつらがなんとか無事に蛹、成虫になれるようにうまく育てたいと思います。しかし、具体的になにをどうすればよいのやら。とりあえず、見守ります(苦笑)。

今日はここまで。
週末に糞虫館で会いましょう!


 カドマルエンマコガネがスゴイことになってきました!記録も兼ねて、時系列のダイジェスト版です。
 7/15 午後6時頃 飼育カップ(小)に入れた新鮮なシカ糞に割りばしで窪みを作り、ダイコクコガネの飼育容器から掘り出したカドマルエンマコガネの終齢幼虫をそこへ置いた(写真1枚目)。幼虫は周囲をかじり取り、自分の糞を使いながら蓋をする作業をすぐに開始。私は糞粒で窪みに蓋をして、観察終了。
 P7150089-1

 7/18 午後6時頃 蓋にした糞粒はくっついていたが、ピンセットで容易に剥がし取ることができた。幼虫は既に蓋を完成させており(写真2枚目の中央部分)、中の様子は分からない。
P7180005-1

 7/25 午後6時頃 中の様子を見るためピンセットで糞塊を割ったところ、シカの糞粒サイズの卵型の物体が割り箸で開けた窪みと同じ位置にあった。その物体の半分は既にシカ糞からキレイに剥がれており、ピンセットを使ってシカ糞からポロリと剥がすことができた。外側は糞に含まれる粗い植物繊維が目立ち、若い松ぼっくりのような模様にも見える。(写真3,4枚目)
 P7250203-1
 P7250212-1

 蛹室の壁は薄く柔らかなので、ピンセットで少し強く挟むだけで、容易に物体は二つに割れた。小型のハナムグリの仲間の蛹室ほどの強度は感じられなかった。中にはクリーム色の前蛹(?)が1匹入っていた(写真5枚目)。触っていないが、揺らしたりしても動かない。洋室の内側は非常に滑らかに仕上げられていることや前蛹体内には黒っぽい部分(糞)が全くないことから、7/15時点では体内に溜めていた自分の糞を使って蛹室を作ったと思われる。
 P7250219-1

 前蛹を観察後、丁寧に蛹室の割れ目を元通りに合わせ、ポロリと取れた元の窪みに戻し、二つに割った糞塊の割れ目をつなぎ合わせた。なお、今回は蛹化する数日前の大きく成長した幼虫を新鮮なシカ糞に強制移住させているので、自然状態で作られる蛹室と同じではない可能性がある。

 ダイコクコガネは残念だったけれど、全く予想していなかった展開が・・・。うまくいけば、今週末には蛹が見られそうです。

今日はここまで。
週末、糞虫館で会いましょう!

 一週間前にダイコクコガネの飼育容器を総ざらいした時、ゴホンダイコクコガネの糞玉とともに、大きく育ったエンマコガネの幼虫が見つかりました。その大きさからカドマルエンマコガネだと考えています。エンマコガネ属はコガネムシ科なので、その幼虫は基本的にはカブトムシの幼虫みたいな感じなのですが、背中に大きなコブがあるのが特徴です。なーんて、知ったかぶりして書きましたが、生きているエンマコガネの幼虫をじっくり見たのは実は初めてなのです。感想としては、あれはコブというよりお尻ですね。ぼーっと見てるとむにゅむにゅ動くコブがお尻に見えてきます(写真1,2枚目)。
P7150098-1
P7150096-1

 エンマコガネの幼虫は自分の周囲を押し固めた丸い部屋の中にいて、その部屋が壊れるとスカラベ(タマオシコガネ)と同じようにお尻からドロドロのウンコを出して、割れ目や穴をふさぎます。周囲の獣糞に含まれる繊維と混ぜ合わせて修理しているようです(写真3,4枚目)。その作業をする時はお尻と口を割れ目付近に持ってくるので、背中のコブで体を安定させる必要があるのでしょう。コブの先端は自由自在に形を変え、どんな体勢の時でもしっかり体を支えていました。そう考えると、コブはお尻というより足に近いかも。
P7150120-1
P7150151-1

 クロツヤマグソコガネを飼育した時は、幼虫を掘り出してもあわてて潜って逃げて行きましたし、コブナシコブスジコガネの幼虫も同じでした。どちらもコブはありません。スカラベやエンマコガネの仲間には”自分の部屋(=限られた食糧)”という意識があって、だから、そこを壊されても逃げ出さずに修理するという行動に出るのかもしれません。そしてそのために必要なのがコブではないでしょうか。スカラベは糞玉に住んでいるのでわかりやすいですが、エンマコガネも坑道に詰め込まれた限られた量の糞ソーセージの中に住んでいると考えれば納得です。
 いや、でも、センチコガネの幼虫はどうなんでしょう?ダイコクコガネの幼虫は? コブ、ありましたっけ? あれれ? 謎は深まるばかりです。

今日はここまで。
週末、糞虫館で会いましょう!

 コガネムシ研究会の河原氏のプレゼントはもう一つありました(写真1枚目)。エンマコガネの仲間ですねー。黄色い模様がはっきり見えますから、これもヤマトエンマコガネでしょうか?ラベルから、兵庫県広畑区の夢前川で採集されたものであることがわかります。
P2230806-1

  そうです。『日本産コガネムシ上科図説(第1巻 食糞群)』にも生息地として夢前川やその西を流れる揖保川が紹介されているミツノエンマコガネ(Onthophagus trituber)です。私は、この美しいエンマコガネの存在を『日本列島フン虫記』(塚本珪一:著 2003年 青土社)で知りました。塚本先生は、「14章ミツコブエンマコガネ・河野伊三郎さんのこと」のなかで、1994年10月13日に河野氏と二人で夢前川の河川敷を糞虫話を交わしながら、ミツコブエンマコガネの撮影や採集を楽しんだ様子を描かれていらっしゃいます。それを読んだ私も2017年5月に夢前川を訪れ、お二人が四半世紀前に歩いたであろう河川敷を辿り、辛うじて1匹のミツコブエンマコガネに出会うことができたという、わたしにとっては思い入れのある糞虫なのです。
 もうお気付きでしょうか。この写真の標本は、お二人がその日その時に採集された14頭の中の1頭なのです。今日、この1994年生まれのミツコブエンマコガネを私が採集した2017年2019年生まれのミツコブエンマコガネ達と同じ標本箱に並べたのですが、もしかしたらこんなところで25歳年下の後輩たちに出会ってびっくりしているかもしれません。もしかしたら25世代後の遠い親戚か子孫かもしれません。
 塚本先生がフン虫記のなかで「私のフン虫学の師匠の一人」と書いている河野伊三郎さんは、チャグロマグソコガネ(Aphodius isaburoi)などにも名を残されていますが、残念ながら1997年に亡くなられています。あの日塚本先生と一緒に採集したミツコブエンマコガネが、コガネムシ研究会の河野さんの手を経て、ならまち糞虫館に渡り、四半世紀後に同じ場所で採集されたミツコブエンマコガネと一緒に標本箱に並んでいるのを見たら、何とおっしゃるでしょうか。私はあの世に行っても糞虫ネタで楽しく暮らせそうです。

今日はここまで。
週末、糞虫館で会いましょう!



このページのトップヘ