むしむしブログ

カテゴリ: 講演

 この「むしむしブログ」でもよく引用している糞虫好き必携の図鑑『日本産コガネムシ上科図説 第1巻 食糞群』(残念ながら『たくましくて美しい糞虫図鑑』ではない)や有限会社むし社から出ている空前絶後の糞虫3部作『日本のオオセンチコガネ』『日本のセンチコガネとその仲間』『日本のダイコクコガネの仲間』を作ったのは全部コガネムシ研究会の主要なメンバーさんなのです。日本の糞虫界を牽引していると言っても過言ではないコガネムシ研究会。今回はオンライン開催なので、老若男女誰でも無料で簡単に年に一度の大会に参加できます。もちろん、せっかくの機会ですから積極的に交流を深めてもいいですし、知らない人とお話しするのは苦手という人は各地域のメンバーの近況報告を視聴するだけでも楽しめます。普段、私は人と話しをするのが苦手なのですが、今回は奈良の糞虫関連の情報を10分間で報告するという大役を仰せつかっているので、もう今からガチガチに緊張しています。
P2230802-1

 コガネムシ研究会は、メンバーが全国に散らばっているので、会員同士であっても会う機会がほとんどないため、大抵お互い顔も名前も分からないです。なので、よほど有名は人以外は毎回お互い初めてお会いする感じです。ただ、決して内輪だけで盛り上がる近寄りがたい集団ではありません。糞虫やコガネムシに興味のある人であれば誰でも自然に話の輪に加わることができます。きっと世界が広がると思いますよ。
 大会の参加方法はコガネムシ研究会のHPにありますが、基本的に以下の通りです。

参加登録:大会への参加は会員・非会員とも無料ですが、10月22日(金)までに事前の参加登録をお願いします。
 参加登録は下記の項目を明記したメールを大会事務局宛(taikai@kogane.jp)にお送り下さい。
  1. 氏名(ふりがな): 会員/非会員
  2. 住所:〒
  3. 電話番号:
  4. メールアドレス:
  5. お楽しみプレゼント:希望する/希望しない
  6. 抽選会でお楽しみプレゼントに当った場合:名前を読み上げる/参加登録番号を読み上げる

 参加登録を受け付け次第、参加登録番号を記した確認メールをお送りします。

今日はここまで。
週末はコガネムシ研究会の大会で会いましょう!
皆様の参加をお待ちしています。

 2年ほど前、当時の奈良女子大学附属小学校の3年生が「糞虫館を広めよう!プロジェクト」なる活動を展開し、子供たちが実際に配るチラシを作ったり、キャラクターを考えたり、新聞を発行したり、劇で糞虫館設立までの歩みを演じたりしたことがあります。子供たちが糞虫館のことをすごく気に入ってくれて、でも目立たない場所にあるし、お客さんもあまり来ないことを知って、何とかしてあげよう!というのが発端で、その後、先生がうまくリードして様々なユニークな活動がなされました。当時の新聞や劇の台本は今も展示していて、楽しい話のネタにさせてもらっています。
 今度はなんと1年生!発端はクラスの1人が捕まえたルリセンチコガネを学校に持って行ったところ「きれい!」「カワイイ♡」と評判になり、いまでは10人以上が糞虫を飼育しているという大変な状況になっているそうです。週末、親子で糞虫館を訪れてじっくり気が済むまで虫メガネで標本を観察したり、顕微鏡をのぞいたりしていて、私が応対に出ていく質問攻めにされてしまいます。とうとう先生から連絡があり特別に平日に糞虫館を開けて、トーク&スライドショーを開催することになりました。
20210718IMG_9497
IMG_9486

 その時の写真がこれ(写真1、2枚目)なのですが、みんな真剣そのもので、小さな科学者っていう感じでした。奈良女子大学附属中学・高校はSSH(スーパーサイエンスハイスクール)の指定校なので、もしかしたら世界に羽ばたく科学者がこの中から生まれるかもしれません。

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!
本日7/19の午後5時20分からラジオで会いましょう!(NHKラジオ第一「関西ラジオワイド」に糞虫館館長が出演します)。

 昨日、奈良学園小学校から8人のグループ2組がSDGsの学習でならまち糞虫館に来てくれました! 奈良町のいろんな施設をグループごとに選択して訪問し、そこでSDGsへの理解を深める狙いのようです。滞在時間があまりとれないので、いつものようなトーク&スライドショーで熱弁をふるえなかったのですが、子供たちはペンライトや虫メガネを手に虫を興味深そうに見てました(写真1~3枚目)。小さなチビコエンマコガネのツノをしっかり見つけた子、オスメスの見分け方を質問してきた子、コメ粒サイズの冬のマグソコガネを顕微鏡で見比べていた子、みんな思い思いに糞虫を楽しんで関心を持ってくれたので、こちらとしては本当に良かったと思っています。まあ、先生方は「楽しかったねー」で終わらせるわけにはいかないのでしょうから、この後が大変なのかもしれませんが・・・。
IMG_1639-2
IMG_1648-1
IMG_1651-1

 糞虫は、もちろん自然環境保護や種の多様性、物質の循環等の良い題材になりますが、奈良公園の糞虫の場合はさらに観光産業など経済への影響や人と生き物の関わりを考えるときにもイメージしやすい題材になると考えています。SDGsの目標「15.陸の豊かさも守ろう」に示された9項目のターゲットに囚われることなく、今回の糞虫館訪問が次世代を担う子供が自分の頭で身近な問題として自然や環境について考えるきっかけになれば嬉しいですね。

今日はここまで。
週末、糞虫館で会いましょう!

 奈良の人以外は「帯解」をちゃんと読める人は少ないのでは?正解は「おびとけ」で、地名です。2月6日に帯解放課後子ども教室の子供たちがならまち糞虫館に来てくれました。団体さんは平日や土日の午前に特別対応することが多いのですが、通常の開館時間での見学だったので「密」をちょっと心配していました。でも何も言わなくても7,8人のグループに分けて来館してくださり、入口の消毒液の使用を子供に徹底するなど、ずいぶん気を使ってらっしゃいました。時間調整のときも2Fでみんなおとなしく虫の本を読んで静かに過ごしていました。博物館などの施設は、たくさんの子供たちに来てほしいと思いつつも、コロナの拡大いかに防ぐかという難しい課題を課せられています。なので、本当に感心したし、ありがたく思いました。 
 糞虫館の2020年の入場者数は、コロナの感染拡大の影響で、結局前の年の約半分にとどまりました。講演会や観察会の延期やキャンセル、規模縮小など、本当に残念です。2021年も非常事態宣言で出ばなをくじかれました。ただ上半期は、この帯解放課後子ども教室を皮切りに3月以降公民館や旅行社から少しづつオファーが入ってます。籠って防ぐステージからwithコロナという次のステージに代わりつつあるのを感じます。糞虫を映像で2次元化してしまうと元も子もないのですが、私の解説や入館料の授受に関しては、ステージに応じて「非対面化」や「非接触化」へと変えていくことが必要なのでしょう。
 本日(2/7)の来館者数は5名。ならまち糞虫館には、少なくとも「密」の問題はなさそうですね(苦笑)。

今日はここまで。
週末に糞虫館で会いましょう!

 令和2年、ならまち糞虫館はどうあるべきか? 来館者もまばらな今月、いろいろ考えてみました。3年前まで会社で普通に働いていたので(言い訳です)、糞虫についてメチャクチャ詳しいわけでもなく、ファーブル先生のような根気も観察眼もない私はどうあるべきか? 結局行き着いたのが、みんなで糞虫を楽しむこと。中学2年の時に糞虫に出会い、それ以来ずーっと飽きずに楽しんできたこの虫のおもしろさを、他の人にも知ってもらって一緒に楽しむこと。そうすれば環境問題とか自然保護への関心の高まりにもつながるのではないかと。昨年と同じですね。
P1370408 (2)
 でも、昨年も依頼が来たら可能な限り対応してきたトーク&スライドショーを充実させるため、コンテンツの更新と新タイトルの制作に着手。1/19(日)さっそく『「もっと知りたい人のための」奈良公園の糞虫ツアー』をお披露目いたしました。というのも、今回のご一行様は私も通っていた大阪のNPO法人シニア自然大学校の大先輩や同窓生も所属している「でいの会」で、昨年糞虫館に来られた「つちのこ探検隊」や「ならなぎ」といった自然観察グループとも交流のある人たちなので、ちょっと詳しいバージョンを準備したのです。午前中は水鳥の観察をしてお疲れのはずなのに、皆さんすごく積極的に質問などもされて、やってるこっちの方が楽しませていただきました(写真1枚目)。ちなみに糞虫館のあとは、お寺を参拝し、最後反省会(たぶん飲み会)までやったらしい・・・。ホント、今どきのシニアの方はメチャクチャ元気です。
PC300736

 糞虫館では昨年末、ようやくセミナールームで使う長机とパイプ椅子を買い、さらに実体顕微鏡(写真2枚目)も6台(!)購入し、糞虫の概要をスライドで紹介するだけでなく、リアルな糞虫の観察も皆さん(特に子供たち)と一緒に楽しむことができるようになりました。今年はいろいろやります!Change!です。 お楽しみに!!

今日はここまで。
また明日!
 

このページのトップヘ