むしむしブログ

カテゴリ: 観察会

 私の母校、奈良市立飛鳥小学校の横にある飛鳥公民館。この公民館の主催で毎年糞虫の講演会や観察会が開催されてます。『市民だより』とHPに掲載するだけですが、毎年盛況で今年も30人の枠がすぐに埋まって抽選になったそうです。糞虫もだんだんと市民権を得てきたのかもしれません。嬉しいですねー。ただ、今年は糞虫館の9~10月の予定が早々に埋まっていたので、本件は10月の最後の土日になってしまいました。時期がちょっと遅くて寒い日も多かったので「ルリセンチコガネが見れなかったらどうしよう」と少し心配してたんですよ。
 【 写 真 】
 当日は快晴。朝は冷えたもののお昼頃には気温も上がるので何とかなるだろうと、10時から奈良公園で観察会を始めると、最初は全然見つけられなかった小学生たちがコツをつかんで次々にナガスネエンマコガネをほじくり出してました。たくさん採れたので、ナガスネエンマコガネのオスの特徴である「腕が長い」のがなんとなくわかるようなった子もいました。そのうち大型のカドマルエンマコガネもぽつぽつと見つかるようになり、ほとんどの子供が糞虫を捕まえることができたので、日当たりの良い芝地から暗い林の中に場所を移して観察再開。さすがにこの時期はゴホンダイコクコガネは見つからないので、大人も子供もルリセンチコガネ狙いです。が、いません。見つかるのはコオロギや巨大ミミズ、ゴミムシ、ゴキブリ。ようやく地味なセンチコガネは見つかったものの、ルリセンチコガネは、羽や前胸などルリ色に輝く体の一部は見つかるものの、生体は見つからず。林内観察の終点にしていた小川を超えてさらに奥まで進んで、でも、その先は崖なのでこれ以上は行けません。今日はダメかなと思ったら「いました!」の声が。まあ、虫なので見つからないことはあっても当たり前だし、私が悪いわけでもないはずなんですが、やっぱりね。その後、デカい獣糞があって、センチコガネが面白いようにコロコロ出てきました。人生、苦あれば楽ありです。よかったー。  
 この飛鳥公民館のイベントは、1日目は糞虫のお話をさせてもらってその後糞虫館をご案内。2日目が奈良公園で糞虫観察会という、まさに理想的なプログラム構成なので、来年もぜひ開催してほしいと思っています。一度でも一匹でも自分で糞虫を見つける経験をしたら、その後はホントにどんどん見つけることができるようになります。友達に糞虫の見つけ方を教えてあげることもできます。新しい不思議が増えていきます。せっかくこんなに素晴らしいフィールドがあるのだから、楽しまなければもったいない。すごいぞ!奈良公園。友達を連れて、割り箸をもって、奈良公園に行こう!

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!
館長の書いた『たくましくて美しい糞虫図鑑』(創元社)、好評発売中!

 8月27日、奈良県立高田高等学校の理系の学生さんと一緒に、午前中は奈良公園で糞虫観察(写真1,2枚目)、午後は糞虫館で糞虫セミナー(写真3枚目)と館内見学。まさに糞虫まみれ一日を過ごしていただきました。これまで何度も糞虫観察会をやっていますが、高校生の団体様は実は初めてなんです。決して避けていたわけではありませんが、自身の反抗的な決してホメられたものではない高校生時代を思い起こすと若干の不安が頭をよぎります。

IMG_8765
IMG_8768 (1) IMG_4123

 最初から「私、虫はちょっと・・・」という人もいてどうなることやらと思いましたが、結果オーライ、学生さんは私以上にハイテンションで糞をほじくって楽しんでいるようでした(写真2枚目)。とはいうものの高校生のフィールドワークなので、単なる糞虫探しというイベントではなく、体験活動を通して生態系について学ぶ森林環境教育の一環として位置付けられており、私もそれなりの内容を付け加えたり入れ替えたり、結構頭を悩ませました。でも、最後はそんな苦労が吹き飛ぶような笑顔で皆さんが帰って行ったので、本当にやって良かったなと思いました。ただ、私を含めて誰もルリセンチコガネを1匹も見つけられなかった事だけが心残りです。こんなことは今まで一度もなかったのですが・・・。ごめんねー。(お詫びの画像です↓)
 P4140086-1

 観察会や糞虫館見学などの様子はこちらに詳しく出ている(←県立高田高校のHP)ので、ぜひご覧ください。こんなにしっかり載せてくれるなんて、感謝!感激!
 高校生はちゃんと大人の会話ができると同時に、枠にとらわれない子供的な自由な発想も持っているので、お話していてメチャ楽しかったです。今回高田高校の皆さんは、大和高田市からわざわざ貸切バスで奈良市内まで来てくれました。全国の高校生の皆さん!課外活動などの機会があれば、ぜひバスやJR東海等の電車を使って「ならまち糞虫館」にお越しください。お待ちしております。

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!

館長が自画自賛⁈『たくましくて美しい糞虫図鑑』(創元社)  全国の書店で好評発売中。

何ヵ月ぶりでしょうか、ブログに書きたいことは日々積み上がっていくのに落ち着いて書けない日々が続き、なんということでしょう!いつの間にか半年が経過してました。さて、とりあえずお知らせ。
なんと!!!ならまち糞虫館が、あのJR東海と手を組んで共同企画!名付けて『糞虫の聖地で、糞虫王子と、糞虫を探せ!』
コロナ禍で業績が低迷するJR東海が、起死回生、業績回復の切り札として繰り出す渾身の秘策「糞虫を探せ!」(←この辺りは私の創作です)は間もなくエクスプレス会員へのダイレクト告知も始まるらしいです。奈良観光に行こうと思っていて、新幹線を使う人で、虫が大好きで、時間が余っている人は、この糞虫観察ツアーにぜひご参加ください。これからの季節は1年で一番ピッカピカでツヤツヤの美しいルリセンチコガネを見ることができます。今年も新成虫がたくさん羽化しています。

オオセンチと糞IMG_3639-1

人数限定!糞虫の聖地で、糞虫王子と、糞虫を探せ!
美しい糞虫(ふんちゅう)をいっしょに探しに行こう!

ならまち糞虫館の館長による講義と“糞虫の聖地”奈良公園でいっしょにフィールドワーク!
「ルリセンチコガネ」を見つけることができるかな?
実施日:9/18(土)・24(日)
【※雨天の場合は中止する可能性があります。】

https://recommend.jr-central.co.jp/oshi-tabi/parts/modal_list_102.html
※お申込は「エクスプレス予約」または「スマートEX」への登録が必要です。

 正直、これには私も驚きました。ならまち糞虫館は奈良の新観光名所(⁈)で商業施設ですから、奈良商工会議所の会員になっています。なので、毎月『奈良商工会議所ニュース』という小冊子が送られてくるのです。冊子には経営セミナーやIT講演会の案内チラシが何枚も挟まっているので何気なく見ていると、どう見ても場違いなルリセンチコガネのカラー写真が! 吹き出しの「美しすぎる‼」はいいけど、「奈良公園の『神虫』ルリセンチコガネの超絶パワー‼」って、何⁇ (写真1、2枚目)
20211112_222722
 
 最近SDGsが流行していて、ホテルや旅行会社はもちろん一般企業もSDGsに関連するイベントや勉強会をやっているようです。このチラシは決していい加減なものではなく、奈良新しい学び旅推進協議会が企画した「奈良公園SDGs 自然学校」の参加者募集のチラシで、恥ずかしながら私が最初の”探検隊長”となっております。2回目以降、奈良教育大学の渡邉先生、春日山原始林を未来へつなぐ会の杉山先生、国連環境計画の本多先生となっていて、その道のプロというべき人達が出てきますので、SDGsの理解を深めるうえできっと役に立つ気付きが得られると思います。
20211112_222819

 このイベントではフィールドワークの後、できたばかりの県庁東バスターミナル2Fで振り返り教室をやるところがミソですね。SDGsが意外に身近に感じられるようになると思います。各回10組限定なのでこのイベントはもう満席かもしれませんが、SDGsを学ぶ企画はこれからも色々出てくると思いますので、一度参加してみてはいかがでしょう。
 

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!
糞虫の入門書『たくましくて美しい糞虫図鑑』(創元社)好評発売中!近くの本屋さんで売ってますよー。


 今年もコロナの影響が続いていて多くの糞虫観察会が中止や延期になってしまいましたが、それでも対策を徹底し人数も絞ることで、公民館や学校、自然観察グループの方々と一緒に何度か糞虫観察会を行いました。11月になると、”メインディッシュ”となるルリセンチコガネを見つけにくくなるので、10/30(土)の特定非営利活動法人奈良まほろばソムリエの会の女性グループ(ソムリエンヌ)の方々をご案内するのが今年最後。快晴で朝方は少し寒かったせいかルリセンチはなかなか見つからず、「あっ!」という声が上がるものの、青く輝く羽(死骸)ばかり。その後気温は20℃近くにまで上昇し、残り時間30分を切った頃でしょうか、ソムリエンヌの一人がとうとう生きたルリセンチコガネを見つけました。それまでにエンマコガネ等の黒くて小さい種類は何種類も見つかっているのですが、ルリセンチガ見つからないと、ね。よかったー、ホッとしました。その時の様子はぜひこちらをご覧ください。
〇観察4

 本当は11月でも気温が上がる日はルリセンチコガネもうろついているので、根気よく探せばまだまだ見つけることは可能です。その他にも、ナガスネエンマコガネは普通に見られますし、冬の糞虫チャグロマグソコガネなんかも気の早いヤツがもう出てきています。正倉院展の見学ついでに、ぜひ糞虫探しにトライしてみてください。うまくいけば秋の糞虫と冬の糞虫の両方を一度に見ることができるかもしれません。

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!

このページのトップヘ