むしむしブログ

タグ:アフリカ

 本当にアフリカにフンコロガシを見に行くツアーの詳細が、ハッピートラベルのwebサイトに載ってました!観察地の南アフリカのクルーガー国立公園のモツワリ私営保護区に4連泊して、糞玉作りから糞玉を転がして運んで埋める所までノーカットで目の前で観察できるのはもちろん、埋められた糞玉を掘り出したり、夜にはライトトラップでゾウの糞に飛来する巨大ダイコクコガネの仲間を観察したりするらしい。
Img2004-09-12_0010
IMG_7573-1
  
 国内であってもハードルが高いのに、それをアフリカで出来る人なんているのか?と思ったのですが、同行解説者に奈良女子大学理学部の佐藤宏明准教授のお名前があったので納得しました。佐藤准教授はこれまで10回アフリカを訪れ、通算3年以上滞在してフンコロガシを研究しており、フンコロガシの写真集『スカラベ』の著者今森光彦氏をアフリカでずっとサポートしていた方。その時のノウハウも生かしてフンコロガシの魅力を最大限引き出す様々な「仕掛け」を考えているようです。
IMG_3326-3

 ツアー会社に問い合わせると、実はまだ検討中のようなことを言っていて、問い合せや反響の大きさによって、見込みでホテルや車を手配するらしい。問い合わせが少ないと立ち消えになるのだろうか???興味のある方は下にある(株)ハッピートラベルのweb サイトをご覧ください。

  ◎詳細はコチラ ⇒ https://happytravel.jp/cn5/pg5419772.html

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!
『たくましくて美しい糞虫図鑑』(創元社)は、全国の書店で好評発売中!

 半年ぶりに書くブログのタイトルがいきなりぶっ飛んでますが、これは子供の頃からの夢の一つですね。これまであまり深く考えずやりたいことをやって来たほうだとは思いますか、子供の時からずーーっと行きたくて、でも行ってない場所があるのです。➀ガラパゴス諸島(ゾウガメ) ②アマゾン川(ピラルク) ③アフリカ(フンコロガシ)の3つ。バックパッカーやってた学生の頃、②と③は生きて帰るのが難しそうだけど、現実味のある➀のガラパゴスにはマジで行こうと思っていろいろ調べたところ、当時でも100万円以上かかりそうだったので、蓋をしてしまった記憶があります。会社勤めをしていた時はお金よりも時間が無くて行けなかった(行かなかった)。このままだと、5年後にはお金や時間よりも体力が無くて行けなかった、と言うに違いない。
 P7100025

 アフリカの自然公園で野生動物を見るサファリツアーに参加したら、動物の糞に虫がいっぱい集まっていてフンコロガシがフンの玉を転がしたのを見た人もいるのですが、フンコロガシをメインで見に行くには個人で行くしかなく、観察中にライオンに襲われたらイヤだしなー。これらの写真は、糞虫館でスカラベ・サクレが糞玉を作った時のもので、私はこの目で糞玉つくりや糞玉コロガシなどを見ているのですが、「奈良公園で生きたルリセンチコガネを見たい!」と思うのと同じで、やはり現地の自然の中でフンコロガシを見たいという思いは強くなるばかりです。
IMG_20180923_195928
IMG_20180923_192002
  
 半年ぶりにブログを書いたのは、実は南アフリカにフンコロガシを見に行くツアーが計画されていて、10人集まりそうならホントに実現すると聞いたので。企画したのは、2年前に九州から2度も「奈良公園の糞虫観察ツアー」御一行様を連れてきたハッピートラベルの方なので、現実味はありそうです。お金と時間と体力のある人で、しかも糞虫大好き!な人なんて滅多にいません(そもそも糞虫大好き!な人が少ない(泣))が、日本中を探せば10人くらいならいるかもしれませんね。

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!
『たくましくて美しい糞虫図鑑』(創元社)は全国の書店で好評発売中!

このページのトップヘ