むしむしブログ

タグ:イノシシ

 かつては幻のマグソコガネと言われるほど珍しかったキマダラマグソコガネ。20年ほど前に紀伊半島に広く分布していることが確認されたものの、「珍種」にはあまり縁のない私には遠い存在だったキマダラマグソコガネ。ついに奈良公園で見つかりました!
20230204_150929

 先週の土曜日、糞虫館に来た糞虫好きの方がボソッと「館長に見ていただきたいものが」と言って取り出した小さな桐箱。中にはまだら模様のマグソコガネが3匹。上はオビモンマグソコガネ、下は一回り大きなセマダラマグソコガネであることは顕微鏡を覗くまでもなく分かりました。が、真ん中の1匹はビミョーな感じ。どっちかなーとよく見ていると、その人はボソッと「キマダラマグソだと思います」。聞くと今年の1月に奈良公園のイノシシの糞から採集したとのこと。そう言われてみるとそう見えてきて、新兵器のデジタルズーム付き実体顕微鏡にセットして確認すると、もう『日本産コガネムシ上科図説』で調べるまでもなくキマダラマグソコガネでした。奈良公園で見つかったのは初めてじゃないのかなー?これまでに奈良公園でキマダラマグソコガネを採集したことがある方からのコメントをお待ちしております。
20230204_150951

 採集された方はその日1日でキマダラマグソコガネの他にも冬のマグソ7種(ネグロ、チャグロ、ミゾムネ、オビモン、セマダラ、クロツツ、ヒメツツ)を見つけるほどの方ですが、それでもその日見つけたキマダラマグソコガネはこの1匹だけだったとのこと。やはり誰でも見つけられる虫ではないようです。でも1匹でも見つかるということは間違いなく「いる」ということ。冬の糞虫観察の楽しみが一つ増えました。私も何とか見つけたいと思いますが、このブログを読んでもし首尾よく採集に成功した方がいらっしゃったら、私が自分で見つけるまでの間糞虫館に展示させていただけるとありがたいです。

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!
館長の書いた『たくましくて美しい糞虫図鑑』(創元社)、全国の書店で好評発売中!

 いやー、いるとわかっていても実際に遭遇するとビビります、イノシシ。偶然ですが、ちょうど1年前に柴犬ほどのイノシシに遭遇し、走り去る写真をブログに載せました(2017.01.09「イノシシに遭遇!)が、今度のはデカい。しかも2頭。(写真1,2枚目)
IMG_5376-1
IMG_5371-1
 夕方の4時半頃、上の禰宜道の入り口の西側あたりの児童公園から撮影しました。今日、滝坂の道(旧柳生街道)で大きなイノシシの糞をいくつか見てはいたのですが、この公園ではさっきまで東南アジア系の観光客の家族がブランコで大騒ぎして遊んでいたんですよ。でも、イノシシも大きくなるとふてぶてしくなるのか、落ち葉の下のドングリを探すのに夢中になっていたからか、逃げることなくずっとうろうろしていたようです。
IMG_5374-1
 カメラを向けていると、「テメー、勝手に写してんじゃねえよっ!」と睨まれました(写真3枚目)。その距離直線で約20m、カール・ルイスや桐生なら2秒で走りきる距離です。
IMG_5363-1
 まあ、間にはフェンスがあり、その向こうはちょっとした谷になっているので、襲われることはないんですけど(写真4枚目)。私が愛想笑いを浮かべながら後ずさりすると、相手も踵を返して森に消えていきました。
 それにしても、暗くならないうちから人の声が聞こえるところでこんな大きなイノシシがうろついているので、奈良公園に糞虫を見に行く時はお互い気をつけましょうね。


今日はここまで。
再見!

このページのトップヘ