むしむしブログ

タグ:ネグロマグソコガネ

 実験のスタートが3/11なので、ちょうど10日を経過した3/21時点でどうなっているか、中間結果の発表です。容器は4つで、いずれもスタート時の糞の量は33gです。
①29.2g(通気穴有りの容器に糞と冬のマグソ18匹)(写真1枚目)
➁29.1g(通気穴有りの容器に糞のみ)(写真2枚目)
Ⓐ32.1g(通気穴無しの容器に糞と冬のマグソ18匹)(写真3枚目)
Ⓑ32.0g(通気穴無しの容器に糞のみ)(写真4枚目)
 現時点での結果から言えることは「タニタのデジタル秤は0.1gまでしか計れないので、冬のマグソが食べた量は測定不能」でした!! 通気穴のある①と➁は10日で4g近く軽くなりましたが、ほぼ密閉状態のⒶとⒷは1gほどしか軽くなっていないので、4つの容器のシカ糞の重量が減った理由は水分の蒸発ですね。ⒶとⒷの容器の内側にはいつも水滴がついていたので、その水分が通気穴がある容器では外へ出ていたと考えられます。
20210321_195411
20210321_195434
20210321_195453
20210321_195524


 不思議なのは、①やⒶのシカ糞は糞虫によって2~3割が粉砕されていたので、水分の蒸発が促されて➁やⒷよりも軽くなると思ったのですが、今日までに実施した5回の計測でも全く差が出ませんでした。容器に蓋に開けた小さな穴くらいではだめなのかな?
 マグソコガネの仲間は体重が軽くて、18匹合計でも0.1g未満(計測不能)でした。彼らが減べる量も水分の蒸発による重量変化の前にかすんでしまったようです。では、冬のマグソコガネたちは、奈良公園のシカ糞処理に役に立たないのでしょうか?長くなるので、今日はここまで。

週末、糞虫館で会いましょう!

 冬でも奈良公園にはたくさんのシカがいて、地面にへばりつく草や木の皮まで食べてたくましく暮らしています。春から秋に比べると食べ物が圧倒的に少なく、糞の量も半分以下になっているのではないか(根拠のない想像です)と思うのですが、それでも計算上は毎日約500㎏(120g×7回×1300頭)/2 にもなります。これだけ大量の糞に対し、冬の糞虫たちはどれくらい役に立っているのでしょうか?
 先日、このブログでも紹介しましたが、大阪教育大附属天王寺小学校3年の矢野さんがオオセンチコガネがどれくらいの糞を処理するか、興味深い実験をしていました。ちょっと先を越されてしまいましたが、私も冬のマグソコガネたちを使って、彼らの糞処理能力を測定してみました。私のエライ所は、水分の蒸発量も考慮してこの実験を計画したことですね(自画自賛!)。
 プラ容器4つにシカ糞を入れ23.0gに揃え、びちょびちょにならない程度にまで霧吹きで糞に水を含ませて、総重量を33.0gに揃えました(蓋は除く)。
20210311_221452

 容器①➁(写真1枚目の左側)は蓋に通気用の穴を開け、①はチャグロマグソ12匹+ネグロマグソ6匹を入れ➁は糞のみ。容器ⒶⒷ(写真1枚目の右側)は蓋に通気用の穴を開けず、Ⓐはチャグロマグソ12匹+ネグロマグソ6匹を入れⒷは糞のみ。
 実験に使ったマグソコガネたちは3月9日に採集し、その後2日間絶食させてから容器①Ⓐに移しました。重さの測定には、0.1gまで計れるタニタのデジタル秤を使っています。ちなみに、18匹のマグソコガネの投入後も容器の総重量に変化はありませんでした。
つづく

今日はここまで。
週末に糞虫館で会いましょう!

 この冬はあまり奈良公園に行けなかったし、まだオビモンマグソコガネを見ていなので、冬のマグソコガネが元気にのびのび活動しているうちに、と思って行ってきました。ちょうど梅林の梅の花が満開でお天気もサイコー。木々の芽は固く景色はまだ冬ですね。で、糞虫もまだ冬でした。黄色がきれいなネグロマグソコガネ(写真1枚目)、なかなか動かないミゾムネマグソコガネ、チャグロマグソコガネがいーっぱい見つかりました(写真2枚目)。マグソコガネは1匹だけ。奈良公園のネグロマグソコガネは3.0㎜前後の小型個体も多いので、マグソコガネが巨大に見えて(写真3枚目)、一瞬「なんだコイツは⁉」と喜んでしまいました。
20210309_161418
20210309_163020
20210309_151537

 日差しに誘われたのか、花見の人の多い梅林あたりでクロツヤマグソコガネを1匹見つけました。春を告げるクロツヤマグソコガネが見つかったことで、私ももうそこまで春が来ていることを実感。糞虫の種類で季節を感じるなんて、奈良公園以外ではなかなかできないのではないかな。さらに、終日陽の当たる広い道路脇の古い大きな犬糞からナガスネエンマコガネも3匹見つかりました。コイツは暑さに強い、というイメージしかなかったので、驚きました(←今、家でよく見たら、小型のクロマルエンマコガネ♂1・♀2でした。すいません。)。以前、1月にイヌ糞を食べていると思われるセンチコガネを観察したことがありますが、やはり陽当たりのいい道路脇の南向き緩斜面でした。寒さが緩んだところでいいお天気が続くと、日当たりがいい所で冬眠していた個体がポカポカ陽気に誘われて動き出すのかもしれません。
 実は今週末、新聞社の方と奈良公園に行くので、その時できれば生きたルリセンチコガネを見せてあげたいと思っているのですが、今日の感じではやっぱムリですねー。もちろん「サクラが散る頃なら大丈夫ですけど、まだつぼみも堅い3月中旬では難しい」とはしっかり伝えてあるんですけどね。

今日はここまで。
今週末、糞虫館で会いましょう!

 この3連休は、初日の土曜日は一時激しい雨が降ったものの、2日目の天皇誕生日も3日目の代休も快晴。風もなく気温も12℃を超えていたようで、奈良公園の梅林は満開でした。冬の糞虫といっても寒いのが好きかというとそんな感じはなくて、冬の暖かい日の方が活発に活動するようなので、いろんな種類に会えるに違いないと、かなり期待して行ってきました。
P2240817-1

 昼前頃に春日大社の大鳥居あたりから参道に沿って観察を開始、バス通りを越えて広い芝生が広がる飛火野の端まで行ってもほとんど糞虫を見つけられず、ちょっと焦りました。まあ、チャグロマグソコガネやミゾムネマグソコガネはしっとりとした森の中が好きなので気になりませんが、マグソコガネやネグロマグソコガネ(写真1枚目)も全然見つけられなかったのですよ。糞虫館に来る方には「冬でも数種類の糞虫がいろんな場所で活動しています」と言っている手前、いませんでした、では済まされませんからね。結局、這いつくばるように地面に顔を近づけてよーく探すと、小さな冬の糞虫達を見つけることができました。本当に小さいです。私の視力が落ちたのかもしれません。この日に確認できたのは、マグソコガネ1、ネグロマグソコガネ7、チャグロマグソコガネ10+、ミゾムネマグソコガネ10+、セマダラマグソコガネ7、オビモンマグソコガネ1、クロツツマグソコガネ1でした。
P2240883

 チャグロ、ミゾムネとも、湿り気のある森の中のしっとりした新しいイノシシの糞にたくさん来ていた(写真2枚目)のを観察できてよかったです。イノシシの糞は、地面が乾燥しているとすぐにカチカチに硬くなりますが、森の中の湿り気が多い場所だと表面が柔らかいままみずみずしさが保たれ、小型で非力な冬の糞虫でも潜り込めるようです。奈良公園でもイノシシの糞を見かけることが多くなっていますが、その多くに糞虫は来ていません。泥が多く含まれていてマズいせいだと思ってましたが、味よりも硬さが問題なのかもしれません。

今日はここまで。
続きは週末に糞虫館で!
 

 先週土曜日、見覚えのある顔がならまち糞虫館にやって来ました。娘さんが糞虫好きで、父親も虫好きという、理想の親子。しかし、奈良公園に3度行っても冬のマグソコガネの仲間が全然採集できないとのこと。プラケースいっぱいのシカ糞を糞虫館まで持ってきて「こんなに見たんですけど、いないんですぅ」。 結構いい感じのシカ糞だったので、一匹ぐらいいるだろうと思ってケースの糞を探ること10分。ホントにいませんでいた。
 P1120788-1
 P1120791-1
 翌日の午前中、この時期にネグロマグソコガネ(写真1,2枚目)やチャグロマグソコガネあたりがいないわけないやろー、なんて言いながら、ちょこっと奈良公園に行って見てきました。いました。普通に。冬に活動するマグソコガネの仲間は小型で、しかも糞にうじゃうじゃ入っているわけではないので、糞虫が糞に入り込んだ穴(写真3枚目)や食べカスを見つけて、そこをしっかり探すことがポイントかな。まだまだ春まではいますから、再度チャレンジしてみてくださいねー。
P1120736-1
 ちなみに、12月の終わり頃に来た九州の学生さんは、ネグロマグソコガネ、チャグロマグソコガネ、ミゾムネマグソコガネ、オビモンマグソコガネ、クロツツマグソコガネ、ヒメツツマグソコガネを見つけてました。真冬に3時間探しただけで6種類の糞虫に会えるなんて、奈良公園って本当に天国のようなところです。

今日はここまで。
また明日!

このページのトップヘ