むしむしブログ

タグ:ネグロマグソコガネ

 この3連休は、初日の土曜日は一時激しい雨が降ったものの、2日目の天皇誕生日も3日目の代休も快晴。風もなく気温も12℃を超えていたようで、奈良公園の梅林は満開でした。冬の糞虫といっても寒いのが好きかというとそんな感じはなくて、冬の暖かい日の方が活発に活動するようなので、いろんな種類に会えるに違いないと、かなり期待して行ってきました。
P2240817-1

 昼前頃に春日大社の大鳥居あたりから参道に沿って観察を開始、バス通りを越えて広い芝生が広がる飛火野の端まで行ってもほとんど糞虫を見つけられず、ちょっと焦りました。まあ、チャグロマグソコガネやミゾムネマグソコガネはしっとりとした森の中が好きなので気になりませんが、マグソコガネやネグロマグソコガネ(写真1枚目)も全然見つけられなかったのですよ。糞虫館に来る方には「冬でも数種類の糞虫がいろんな場所で活動しています」と言っている手前、いませんでした、では済まされませんからね。結局、這いつくばるように地面に顔を近づけてよーく探すと、小さな冬の糞虫達を見つけることができました。本当に小さいです。私の視力が落ちたのかもしれません。この日に確認できたのは、マグソコガネ1、ネグロマグソコガネ7、チャグロマグソコガネ10+、ミゾムネマグソコガネ10+、セマダラマグソコガネ7、オビモンマグソコガネ1、クロツツマグソコガネ1でした。
P2240883

 チャグロ、ミゾムネとも、湿り気のある森の中のしっとりした新しいイノシシの糞にたくさん来ていた(写真2枚目)のを観察できてよかったです。イノシシの糞は、地面が乾燥しているとすぐにカチカチに硬くなりますが、森の中の湿り気が多い場所だと表面が柔らかいままみずみずしさが保たれ、小型で非力な冬の糞虫でも潜り込めるようです。奈良公園でもイノシシの糞を見かけることが多くなっていますが、その多くに糞虫は来ていません。泥が多く含まれていてマズいせいだと思ってましたが、味よりも硬さが問題なのかもしれません。

今日はここまで。
続きは週末に糞虫館で!
 

 先週土曜日、見覚えのある顔がならまち糞虫館にやって来ました。娘さんが糞虫好きで、父親も虫好きという、理想の親子。しかし、奈良公園に3度行っても冬のマグソコガネの仲間が全然採集できないとのこと。プラケースいっぱいのシカ糞を糞虫館まで持ってきて「こんなに見たんですけど、いないんですぅ」。 結構いい感じのシカ糞だったので、一匹ぐらいいるだろうと思ってケースの糞を探ること10分。ホントにいませんでいた。
 P1120788-1
 P1120791-1
 翌日の午前中、この時期にネグロマグソコガネ(写真1,2枚目)やチャグロマグソコガネあたりがいないわけないやろー、なんて言いながら、ちょこっと奈良公園に行って見てきました。いました。普通に。冬に活動するマグソコガネの仲間は小型で、しかも糞にうじゃうじゃ入っているわけではないので、糞虫が糞に入り込んだ穴(写真3枚目)や食べカスを見つけて、そこをしっかり探すことがポイントかな。まだまだ春まではいますから、再度チャレンジしてみてくださいねー。
P1120736-1
 ちなみに、12月の終わり頃に来た九州の学生さんは、ネグロマグソコガネ、チャグロマグソコガネ、ミゾムネマグソコガネ、オビモンマグソコガネ、クロツツマグソコガネ、ヒメツツマグソコガネを見つけてました。真冬に3時間探しただけで6種類の糞虫に会えるなんて、奈良公園って本当に天国のようなところです。

今日はここまで。
また明日!

 一昨日、ネグロマグソコガネの卵とその幼虫を見つけました! 幼虫というよりは赤ん坊といったほうがしっくりくるほど白くて弱々しく見えました。しかし、しっかりと自分の意思で移動できるようで、撮影中ずっと動きまわっていました。
 写真1枚目はネグロマグソコガネのものと思われる卵ですが、糞をピンセットで掘り返した時にばらけてしまいましたが、4つが一ヵ所にあったと思われます。(写真1枚目)
P4030267-1

 孵化して間もないネグロマグソコガネの幼虫。普通は茶~こげ茶色の頭部が透けるように白い。(写真2,3,4枚目)
P4010067-1
P4010232-1
P4010217-1

 孵化して数日でこの状態になると思われます。(写真5,6枚目)
P4010129-1
P4010029-1

奈良公園における冬の糞虫の代表格のネグロマグソコガネはいつ頃蛹になるのでしょうか?春にのみ出現するクロツヤマグソコガネのように2か月程で蛹化・羽化して成虫になり、そのままじっと動かずに春、夏、秋を地中で過ごして、次の冬まで出てこないのでしょうか? ネグロマグソコガネの幼虫はとても小さくて、なんとなく弱々しいのですが、なんとか無事に育ってほしいものです。

今日はここまで。
また明日!

 昨日今日といいお天気が続き、奈良の開花宣言目前の今日、朝からガッツリ奈良公園で観察してまいりました。1週間ほど前のブログに、「なかなかオビモンマグソコガネにお目にかかれない」ようなことを書いたのですが、私の探し方が悪かったようです。すいません。
IMG_5914-1
IMG_5941-1
 まずはオビモンマグソコガネAphodius okadai(写真1枚目)。いるところへ行けば、35年前とあまり変わりなく見つけられました。もちろん、ネグロマグソコガネAphodius pallidiligonisやチャグロマグソコガネAphodius isaburoi(写真2枚目)、ミゾムネマグソコガネAphodius mizoに比べるとかなり少ないことも変わりありません。しっとりとしたアセビの林の中では、この春初のニッコウコエンマコガネCaccobius nikkoensisも確認できました(2頭)。
IMG_5985-1
 次はマグソコガネAphodius rectus(写真3枚目)。いつのころからか奈良公園で普通に見られるようになっており、今年も出会えました。「冬に個体数を増す」のですが、この冬は私の活動が不活発だったので久しぶりでしたが、やはり開けた明るい芝地のシカ糞で観察されました。今回は冬の主役のネグロマグソコガネと一緒に見つかりました。
 道端のイヌ糞からは、セマダラマグソコガネAphodius nigrotessellatus。イヌ糞があまり好きではない私ではありますが、セマダラマグソコガネに会うためにまだ新しい大きなモノを頑張ってひっくり返すと、2頭確認できました。古いやや干乾びたようなイヌ糞からはこの春初のクロマルエンマコガネOnthophagus aterが7頭。うち2頭が交尾中でした。春ですねー。

 桜が咲くころの奈良公園は、冬と春の糞虫達が入り乱れてたくさんの種類を観察することができるので、本当に楽しいです。これからヒメコマグソコガネやクロツヤマグソコガネといった出現期の短い糞虫達も出てくるので、目が離せません。クロツブマグソコガネとの39年ぶりの再会も果たさねば・・・。
 ならまち糞虫館もようやく内装工事が終わり、現在は照明やディスプレイ、レイアウトといったことを専門家と打ち合わせしながら進めています。こっちもあれこれ悩むことが多いのですが、どっちも楽みながらテキトーにやってます。やっぱ、植木等(今なら高田純次か)さんもおっしゃってますが、テキトーが一番ですよね。


もっといろいろなことがあったんですが、今日はここまで。
再見!

 
 
 
 

このページのトップヘ