むしむしブログ

タグ:フンコロガシ

 11月に「まさかのシロアリ」で可能性はお伝えしてましたが、解体作業を進めるにつれて恐ろしい実態が見えてきました。ならまち糞虫館は、オープンする前からシロアリに食い尽くされていたのです!(写真1、,2枚目)
IMG_20180205_134446

IMG_20180205_134324

 足で蹴飛ばすと、床下の柱はボロボロと崩れ粉々になるほどです。ここまで食い尽くすともうこの家には食べる部分が無くて、隣の家に移ったのかもしれません。生きたシロアリは1匹も見つかりませんでした。床上や昭和の改装後の柱は見かけは大丈夫なようですが、実際はシロアリがすでに侵入しているかもしれない、なんて考えると寝られなくなります。。
IMG_20180206_140258

 でもねー、もうこんなになるまで家を破壊してしまっているので、やめられないんですよ(写真3
枚目)。進むしかない。退職金が、老後の資金が、砂漠に水を撒くように消えていく…ってことにならなければいいのですが。


今日はここまで。
再見!

 このブログは糞虫メインですが、私は昆虫はもちろんのこと鳥や植物も大好きで興味を持っています。現在通っているシニア自然大学では、授業の半分以上が野外観察の時間で、植物や野鳥などの専門家の方と一緒に実物を見ながら教えていただけるため、名前さえ知らなかった植物や野鳥もいくつかは見分けられるようになりました。
で、先週大阪の服部緑地公園の池での水鳥観察会で、出会ったのがコレ。
IMG_20180130_112016
IMG_20180130_111941

 最初は、「ビーバーとちゃうか?」「よく温泉に浸かってるやつ。カバビラ?カピパラ?」などと言い合ってたのですが、生き物に詳しい長老がひと言「ヌートリア。巨大なネズミのばけ者や」。リスのように両手で何かをつかんで食べる姿を見て最初「カワイイー!」という声も聞かれましたが、ネズミと聞いて、そしてお尻から太いまさにあの”ネズミのしっぽ”が見えたとたん、「うわー、あんなネズミがうちに出たら怖いわー」「外来種やろ?駆除せなあかん」。リスはよくて、ネズミはダメ。カピパラはよくて、ヌートリアはダメ。カブトムシはよくて、糞虫はダメ?
生き物たちには何の責任もないけれど、そんなこと言うヒトの気持ちもわかる気がする。でも、これってゴキブリを嫌うのとはまた少し違うような・・・。ヒトの感情って、ホントに複雑で難しいですね。


【お知らせ】
 今、シニア自然大学では新入生を募集しています。
 興味のある方はコチラ →  http://www.sizen-daigaku.com/~sizen24hp/


今日はここまで。
再見!

 私は知らない人に会ってお話するのは苦手なんですが、メールでコメントしたりというのは、時々やってます。そんなご縁で今回コガネムシ研究会に入会させていただきました。
 以下、コガネムシ研究会のホームページhttp://www.kogane.jp/からの抜粋です。

「「コガネムシ研究会」は、旧ラメリコルニア研究会を継承し、2000年6月末に発足したコガネムシ上科の愛好者の会です。コガネムシ上科は、クワガタムシ、コガネムシ、カブトムシ、ハナムグリなどの人気甲虫を含むグループで、会誌、連絡誌の発行と会員の情報交換及び親睦を目的とする全国規模の研究会です。会員は400名を越え、年1回の会誌と年2回の連絡誌を発行しております。」
6dc55588af5c3431ef8694e0b1f70671


 糞虫はコガネムシ上科の大きなグループなので、この会でしっかり知識とネタを仕入れて、ブログで紹介したいと思っています。ご期待下さい。
 コガネムシ上科は、糞虫はもちろんのこと、カブトムシやクワガタムシ等、私の大好きな甲虫ばかり。もしも若い時にこんな会に入っていたら、きっと全く違う人生を歩んだに違いありません。まあ、それが良かったかどうかはわかりませんけどね。


今日はここまで。
再見!

IMG_5552-1
IMG_5553-1

 これもカンボジアで採集したもの(写真1、2枚目)ですが、全長18mmと16mm。おそらくOnitis属の一種と思われます。この2頭は、体幅や色合い、前脛節の幅や棘の様子が少し異なっており(写真3枚目)、別種の可能性も否定できませんが、コートジボアールで採集されたOnitis viridulusのペア(写真4枚目)の色合いや前脛節の違いが本種と同様であることから、私が採集したものもオスとメスなのではないかと考えています。
IMG_5549-1
IMG_5568-1

 Onitis属は日本には生息していませんが、世界には多くの種類がいるようで、例のお宝本には30種類が紹介されていました。主にアフリカ全域から地中海沿岸、インド、東南アジア全域に広く生息しているので、カンボジアも含まれています。近縁のChironitis属も13種類紹介されており形や大きさが似ているのですが、こちらはアフリカ南部と地中海沿岸からインドにかけて生息していますがインドより東の東南アジアには生息していないようです。 
 Onitis属の特徴は、私的にはナガスネエンマコガネ(Onthophagus ohbayashii)のようにオスの前脛節が長く発達していることで、トルクメニスタンのOnitis humerosus(写真5枚目)やタイのOnitis falcatus(写真6枚目)を見ると「なるほど! 納得。」でしょう。でも今回、Onitis属でもオスの前脛節がそれほど発達しない種がいることに気付かされました。いやー、私のように知らないことが多いとちょっと調べると新たな発見がすぐに出来ちゃうので、ホント楽しいです。
IMG_5564-1
IMG_5563-1

今日はここまで。
再見!

 ビジコン・ショックがまだ癒えない私でありますが、一転、今日は嬉しい報告です。
 奈良県には、創業者向けの支援制度のひとつに、融資を受ける際の利息と保証料を奈良県が助成してくれる「奈良県創業支援資金(認定枠)」というものがあるのですが、これに「ならまち糞虫館」設立プロジェクトが採択されました!(写真1枚目)  
IMG_5525-1

 昨今は低金利が続いているため、利息の助成は一見大したことがないように感じるかもしれませんが、実際は非常にありがたい制度です。県から優れた事業計画であると認定される必要がありますが、これに認定されると、仮に借入金額を1,000万円、返済期間を7年、金利を2%、保証料率を1%とすると、ざっと計算して総額105万円の金利等の支払いが発生しますが、これが全額免除(!)されるのです。そーとーな金額です。
 先日セミファイナルで敗退したビジコン奈良の優勝賞金は100万円ですから、実はそれ以上のご支援を奈良県からしていただけるわけですね。また、この知事認定枠に認定されるとマスコミ発表がなされ、県のホームページにも事業者名と事業内容が公表されます(写真2枚目)。
IMG_5539-1

 世間からの信頼と知名度を高めたい「ならまち糞虫館」にとっては、願ってもないことです。
 奈良市からは空き家活用モデル事業に採択され、奈良県からは創業支援資金(知事認定枠)の認定を受け、ビジコン奈良では2年続けてのセミファイナル進出。さらに朝日新聞奈良版にはあんなに大きく取り上げていただき、もうオール奈良で「ならまち糞虫館」設立プロジェクトの成功を後押ししてくれているように感じており、ほんとにもう感謝、感謝です。いままで、数えきれないほどの期待を計らずも裏切ってきた私ですが、今回は、今回だけは、成功させねばと思っております。


今日はここまで。
再見!
 

このページのトップヘ