むしむしブログ

タグ:博物館

 日本中のさまざまな博物館を訪れ、直接館長さんや学芸員さんからお話を聞くのが大好きという丹治俊樹さん。エンジニアの仕事の傍らこれまで1100ヶ所以上の博物館を訪れたという博物館マニア。昨年(2022年)8月に「ユニークな博物館を紹介する本を出すのでお話を聞きたい」との連絡を受けました。実は既にその1年ほど前(2021年)にも来館されたそうで、その時2冊目の本を出すときにはこの糞虫館を掲載しようと決めていたとのこと。丹治さんはブログ「知の冒険」の主宰者でフォロワーが1.6万人(!)、博物館好きの間では超有名人で、2021年に全国のコアで魅力的な55ヶ所の博物館を取り上げた『世にも奇妙な博物館』を出版して大ヒット。で、今回の連絡は、その第2弾『世にも至宝な博物館』の取材だったわけです。取材といっても糞虫に関する思い出話や糞虫館設立時の苦労話などを聞かれるがままにお話するんですが、とても楽しくていつの間にか時間が過ぎてましたね。本を書くためというよりは、丹治さん自身が糞虫や糞虫にハマっている私のこと知りたくていろいろ聞いてくる感じだったからだと思います。
20231103_000856
20231103

 取材を受けて1年が経過し、そんなことも忘れかけていた先月、「みらいパブリッシング社 から出版しました」とのうれしいお知らせと本が届きました。表紙には『世にも至宝な博物館』ー後世に遺したい50のみらい遺産ー (写真1枚目)。なんと日本全国1100以上の博物館の中から博物館マニアの丹治さんが選んだ50ヶ所に糞虫館が入ってたんです!糞虫館は規模は小さいし、私は学者でもないただの糞虫好きだし、すんごいコレクションがあるわけでもないので、この本を見た時にここに載ってていいんだろうか?なーんてことも少し思いましたが、糞虫に対する熱量やずーっと糞虫とかかわってきた人生も含めて「後世に遺したい」と評価して載せてくれたのかなと思っています(写真2枚目)。
 この本に紹介されている博物館は、さすが自らを博物館マニアと名乗る丹治さんが厳選しただけあって、設立した人の思いや後世に伝えるべき深いテーマを持つ所ばかりです。震災遺構 仙台市立荒浜小学校(宮城県)、万世特攻平和祈念館(鹿児島県)、三毛別ヒグマ事件復元地(北海道)・・・ 。丹治さんは前書きに「本を読んで知っていただく以上に足を運んでいただきたい」と書いてますが、文字や写真では伝えきれないものを現地に行けば感じることができる、ということだと思います。なので、ならまち糞虫館にもぜひ足を運んでくださいね!お待ちしています。

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!
『たくましくて美しい糞虫図鑑』(創元社)は、全国の書店で好評発売中!

 ミュージアムパーク茨城県自然博物館の第87回企画展「うんち無しでは生きられない!」のオープニングセレモニー(7/8(土))にご招待いただき、せっかくの機会なので東京での雑用処理を兼ねて行ってきました。一体どんなことをするんだろーと思ってましたが、市長、県議会議員、㈱茨城新聞社長のほか、小学校の校長先生や商工会、消防署、近代美術館等様々な方が出席し壇上でお祝いを述べていました。最後はなんと吹き抜けのロビーでたくさんの人が注目する中でのくす玉割り!(写真1枚目)この自然博物館の活動にはボランティアの方も多く参加されているなど、地域の人と共に存在していることを強く感じました。もちろん、企画展会場の糞虫エリアも大盛況です(写真2枚目の右側)。
20230708_114931
20230708_145054

 さて、企画展の中身ですが「うんちを食べる」「うんちが運ぶ」「うんちに化ける」「うんちから生える」「うんちで育てる」「うんちがつくる」「うんちでコミュニケーション」などなど。これらのフレーズから中身を全て予想できた人は、かなりのうんちマニアです⁉ 糞虫に関する展示もしっかりスペースが確保されていて(写真3枚目)、昨今話題のオオセンチコガネの育児について紹介されていました。世界の糞虫の標本も数多く展示されており(写真4枚目)、この標本を見るだけでも新幹線に乗っていく値打ちがありましたね。日本中の糞虫好きが集まる「コガネムシ研究会」の方もセレモニーに招待されていて、一緒に丸一日うんちの企画展会場で過ごしました。 No UNCHI , No LIFE !
20230708_112926
20230708_114013

 この日はならまち糞虫館開設5周年の記念日。ならまち糞虫館では華やかなセレモニーは何もしませんでしたが、この会場でゴホンダイコクコガネの大きな写真(提供:ならまち糞虫館)に出会えたことが5周年の良い記念になりました。(写真5枚目)
 なお、この企画展「うんち無しでは生きられない!」は、9/18(月・祝)までの開催です。ならまち糞虫館では先着10名様にご招待券を差し上げます。お盆や土日は予約がいるようですから、茨城県自然博物館のHP等で確認してから行ってくださいね。
20230708_112859

 オマケと言うにはスゴすぎるモノですが、これ(写真6枚目)何かわかりますか?カモシカの消化器官、つまり口から肛門までの標本です。腸間膜を切らずに作られているので超リアルです。これもこの企画展のために製作されたそうです。担当者さんたちの気合がビンビン伝わってきますね。
20230708_114248

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!
『たくましくて美しい糞虫図鑑』(創元社)、全国の書店で好評発売中!!

このページのトップヘ