むしむしブログ

タグ:昆虫食

 近年「昆虫食」が注目されるようになり、ネットでの検索や出版物の数が急激に伸びているとのこと。私の肌感覚では、話題にはするけど口にはしない状況かと。食文化に詳しい学習院女子大学の宇都宮由佳教授によると、食べ物に困らない日本だから昆虫を食べないのかというとそうではないらしく、経済発展の目覚ましいタイでは昔も今も昆虫は普通に食されており、食べる理由としては9割近くの人が「おいしいから」を挙げているとのこと。理由の第2位と3位は「おかずとして」が6割、「季節のものとして」が3割(複数回答)。いずれも、積極的な理由で食べている。「他に栄養が取れるものがない」といった回答は1割しかないらしい。
 宇都宮教授から、伝統食文化としての昆虫食についてタイを中心にお話をお伺いすることができたのだが、我々糞虫愛好家の心中を察して糞虫の話をあちこちにちりばめてくださったので、本当に楽しく学ぶことができました。タイの北部でナンバンダイコクの糞玉が食用として市場で売られていることや糞虫(Onitis 属)のフリーズドライのスナックが売られていることは一応知ってはいたものの、食文化の側面から調査結果を交えたお話は説得力があり興味深いものでした。一番良かったのは、現地で食べられている昆虫の標本を持ってきてくださったこと。お話から大体想像できるものの、やはり実物が一番です。宇都宮教授の了解を得て撮影したのがコレ(写真1~3)。基本的には足をもいで食べるそうですが、巨大なゾウムシとかゴホンツノカブトとか、メチャ硬そうです。巨大なクツワムシなんかは、1匹食べたらお腹いっぱいになりそう・・・ あなたはどれが食べたいですか?
20231029_122709
20231029_122701

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!
『たくましくて美しい糞虫図鑑』(創元社)は全国の書店で好評発売中!


 10月29日(日)の10時からコガネムシ研究会主催の公開シンポジウムが開催されます。今回のテーマは「地域食文化としての昆虫食」。何かと話題になることは多いけれど、なかなか市民権が得られない昆虫食ではありますが、糞虫好きの集まるコガネムシ研究会主催だけあって「ラオスの市場で販売されている食用昆虫と糞虫の食用利用」のお話もあります。「伝統的食文化  タイの昆虫食を中心に」ではナンバンダイコクコガネの糞玉のお話があるかも。昆虫食には興味が無くても聞けば楽しいと思いますし、糞虫好きなら聞かないと後悔する内容だと思います。午後からは毎年恒例のコガネムシ研究会の総会と会員による講演です。
img001

 事前申し込みが必要で、チラシかコガネムシ研究会のHPの参加申込みフォームへのQRコードがあります。会場は東京都新宿区の学習院女子大学で、会場に行けない人はオンラインでも参加することができます。会員・非会員とも参加費1000円で、事前に振り込む必要があります(オンライン参加でも必要です)。前日には池袋の中華料理店で懇親会や標本交換会などもおこなわれます(別途参加費用6000円必要)。参加申込み期限が16日(月)なので、急いでくださーい!

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!(今日は紀伊半島研究会シンポジウム「シカとオオセンチコガネのゲノム情報から奈良の森を考える」に参加するので、会えないかも)
『たくましくて美しい糞虫図鑑』(創元社)は全国の書店で好評発売中!

  
 

 以前、新聞か雑誌で昆虫食にハマっている大学生として大きく取り上げられているのを見て、一度お会いしたいなぁと思いつつも、いつものようにぐずぐずして数年が経ってました。先日、友人から彼の昆虫食の講演会のチラシ(写真1枚目)をもらい、行ってきました。
20230223_220754[1]
20230223_152923[1]
 
 講演場所は、なんと!新しく県庁の隣に整備された立派なあの奈良公園バスターミナル。私もこのバスターミナルの広い通路の一角で糞虫トークをしたことはありますが、今回は200人収容のレクチャーホール! 主催は(一財)再エネ共同基金、共催は市民生協ならコープ、そして後援に奈良県、奈良市、斑鳩町、教育委員会、県生協連合会、県環境県民フォーラム、市地球温暖化対策地域協議会、奈良ストップ温暖化の会等々12団体。そうそうたる面々です。
 講演は実質90分程(写真2枚目)でしたが、「地球を救う昆虫食とSDGsの話」のタイトル通り昆虫食がいくつものSDGsの目標達成に役立つことをわかり易く紹介されていました。私的にはやはり前半の昆虫食の普及活動の際のおもしろ体験やシルク食品開発秘話みたいなのがめっちゃ楽しめました。私が糞虫を紹介する時の相手のリアクションと共通するところも多く、ニヤニヤしつつやたら頷きながら聞いてました。世界には糞虫スナック糞玉を食べる人もいますからね。
20230223_170810[1]

 ネットを自在に操り多方面に情報発信をおこない、クラウドファンディングではコオロギコーヒー開発プロジェクトを成功させ(写真3枚目)、現在は大阪・関西万博に目標を定めて活動しているとのこと。素晴らしい!ブラボー!! でも、この若者に声援を送るだけで僕は終わりたくはない。まずは年度内に”糞チューバー”としてデビューする。これは1年ほど前、KBS京都ラジオに出演した時に前京都府知事の山田啓二さんに約束したことでもあるので、やります。次は・・・んー、とりあえず、ひとつずつ着実に実行したいと思いまーす。おっと、その前にブログとHPの更新をやらなくちゃ。

今日はここまで。
週末は糞虫館で会いましょう!
『たくましくて美しい糞虫図鑑』(創元社)、全国の書店で好評発売中!

このページのトップヘ